カメラがSDカードを認識しない:修正する3つの方法

執筆者
承認済み
42

カメラがSDカードを読み取れないSDカードは現代のカメラにとって欠かせないアイテムです。しかし、SDカードを長く使用していると、カメラがSDカードを読み取らないという経験をしたことがあるかもしれません。アクセスできないときにSDカードのデータが失われることを心配するかもしれませんが、良いことに、それらのファイルを回復することができます。

このガイドでは、SDカードを修復しファイルを回復するプロセスをご紹介するので、個人的なデータやクライアントデータの紛失を防ぐことができます。ここで説明するプロセスは、SDカードを認識しないデジタル一眼レフカメラやダッシュカムなど、すべてのカメラデバイスで機能します。

なぜカメラはSDカードを読み取らないのか?

検出されないSDカードは、単純な挿入不良、またはもっと深刻なもの―物理的な損傷によって引き起こされることがあります。カメラがSDカードを読み取らない理由を知ることで、適切な対処法を選ぶことができます。

ヒント: 物理的に損傷したSDカードは専門家に任せましょう。無理やり挿入してデータを復旧しようとすると、さらにダメージが発生し、データが失われることが多いです。

  • サポートされていないカードの種類と容量:新しい大容量のSDカードを購入した場合、カメラがその種類のSDカードをサポートしていない可能性があります。4GBから32GBのカメラは古いSDHC規格に従っていますが、32GBを超えるカードはSDXC規格に従っています。SDHCカードを読むデバイスはSDXCカードも読むことができますが、その逆はできないため、新しいSDカードがカメラで読み込まれない原因かもしれません。
  • SDカードが正しく挿入されていない:SDカードが正しく挿入されていない場合、カードの端子がカメラのリーダーと正しく合わないため、カメラがSDカードを読み取らなくなります。
  • サポートされていないファイルシステム:ファイルシステムは、ストレージドライブ内のファイルがどのように整理され、アクセスされるかを決定します。もともと他のカメラでSDカードを使用していた場合、現在のカメラと互換性のないファイルシステムでSDカードがフォーマットされている可能性があります。サポートされていないファイルシステムのSDカードを検出すると、カメラはエラーメッセージを表示したり、SDカードのフォーマットを促したり、またはSDカードをまったく検出しないことがあります。
  • 端子の汚れや物理的な損傷:端子が汚れていると、接続が緩くなるためカメラがメモリーカードを読み取るのが困難になります。端子が物理的に損傷していると、カメラがSDカードを認識しない原因になることもあります。
  • ファイルシステムエラー:SDカードは、通常、FAT32(SDHCカードに使用される)やexFAT(SDXCカードに使用される)などのファイルシステムでフォーマットされています。これらのファイルシステムは(その他のこととともに)ディスク上のデータを整理する構造を提供し、ウイルス感染やデータ書き込み中の突然の取り外し等、様々な理由で破損する可能性があります。
  • ハードウェアの問題:カメラのSDカードポートが物理的に損傷を受けており、カメラがSDカードを読み取らない原因となっている可能性があります。

原因に関わらず、この問題に遭遇したらまず行うべきことは、SDカードの使用を中止することです。データを上書きしたり、カードをさらに損傷させたりすると、データが永久に失われる可能性があります。

カメラがSDカードを読み取れないときの基本チェック

より複雑な修正に進む前に、いくつかの単純なチェックを実施してください。その有効性に驚かされるかもしれません。さらに、これらのチェックは潜在的な犯人としてのマルウェアを除外するのに役立ちます。

こちらは基本的なチェックのいくつかです:

方法 1: SDカードを再挿入してください

カメラをオフにして、SDカードを取り外してください。SDカードを正しい方向で再挿入することを確認してください。挿入するときは、デバイスから突き出ている端を中央に押して、カードが適切に挿入されていることを確認するためにクリック音がするまで押し続けてください。

方法2: SDカードの物理的損傷をチェックする

物理的に損傷を受けたSDカードは、通常カメラでは検出されません。SDカードの物理的な損傷の兆候には、ロックスイッチの欠落、保護ケースの欠落、ケーシングに見られる明らかな亀裂などがあります。

SDカードの保護ケースの損傷は、しばしば表面的なものです。しかし、腐食した、変色した、またはずれたゴールデンコネクタは、カメラにSDカードが検出されないことを確実に防ぐでしょう。

SDカードの異常な変色は、熱や電気的な損傷を示すことが多いです。

物理的な損傷の正確な徴候に関わらず、物理的に損傷したSDカードは専門家に任せるのが最善です。ちょうど何をしているのか正確に分からない場合、損傷を悪化させるのは容易です。

方法3: SDカードからウイルスを削除する

ウイルスはファイルシステムやファイル自体を破損させる可能性があります。写真やビデオの転送のためにPCにSDカードを接続した際に、感染したかもしれません。一般的にウイルスは強力なアンチウイルスソフトウェアを使用して除去できます。もちろん、最初にSDカードをカードリーダーを使用してコンピュータに接続する必要があります。

ただし、アンチウイルスツールが有害と見なしたファイルとして重要なファイルを削除する可能性もあることに注意してください。アンチウイルスを使用して何か行動を起こす前に、重要なファイルを失わないように、それらの行動とその行動が対象とするファイルを再確認してください。

方法4: 別のSDカードをお試しください

他のSDカードを挿入して、カメラがそれを検出するかどうか確認してください。新しいSDカードが検出されない場合、問題がSDカードではなくカメラにある可能性があります。

さらに、問顺のSDカードがコンピューターに認識されるかどうかを確認してください。高品質のSDカードリーダーを使用して、PCに接続します。PCがそれを検出し、正しいストレージ容量を表示し、写真にアクセスさせる場合は、カメラに問題がある別の兆候かもしれません。

方法5: SDカードを乾燥させてください

SDカードが濡れてしまっ, 数日間そのまま乾かしておくべきです。乾燥を早めるために人工的な熱源を使用しないでください、それによってさらにダメージを与える可能性があります。SDカードを自然に乾くまで、涼しく、暗く、乾燥した環境に置いておいてください。

極めて湿った条件下で頻繁に撮影する場合は、そのような条件に特化したSDカードへの投資が価値があります。

カメラに認識されないSDカードからデータを取得する方法

カメラに認識されないSDカードを取り扱う際には、データの回復を優先する必要があります。これを推奨する理由は、認識されないSDカードを修復する方法の中に、たとえばフォーマットのように、元に戻すのが難しいデータ損失を伴うものがあるからです。SDカードがPCによって検出され、ディスク管理がSDカードの正しいストレージサイズを表示している限り、DIYデータ回復は可能です。

SDカードからファイルを単純にコピーできる場合は、そうしてください。できない場合は、サードパーティ製のデータ復旧ツールを使用してデータを復旧してください。ウェブ上には多くのデータ復旧プログラムがありますが、最適なものだけを選んでください。

SDカードのデータ復旧チュートリアルでは、Disk Drillの使用を決定しました。私たちはDisk Drillをレビューしました、そしてそれが最先端のデータ復旧アルゴリズムを備えているだけでなく、非常に使いやすいことを見つけました。Disk Drillは、すべての主要なファイルシステムや記憶ドライブタイプ(SDカードを含む)との互換性を持っているため、データ復旧プロセスは滞りなく進行します。

ステップ 1. ダウンロードしてDisk Drillをインストールする

Disk DrillをダウンロードしてPCにインストールしてください。無料版では最大500MBのデータ復旧が可能です。

ディスクドリルをインストール

ステップ 2.  SDカードをスキャンする

SDカードを内蔵または外部のカードリーダーを使用してコンピューターに接続します。次に、Disk Drillを起動し、ホーム画面からSDカードを選択して、失われたデータの検索ボタンをクリックします。

ディスクドリルでのスキャンの開始

ステップ 3。  復元するファイルを選択

スキャンが完了すると、回復可能なファイルが表示されます。以前にそのSDカードを他の種類のファイルの保存にも使用していた場合、Disk Drillはファイルの種類と拡張子によって検索結果をフィルタリングするのに役立ちます。

ファイルを回復する前にプレビューすることもできますので、正しいファイルを回復していることを確認できます。ファイルをプレビューするには、ファイルの上にカーソルを置いて小さい目のアイコンをクリックしてください。

次に、復元したいファイルすべてを、その左側のボックスにチェックを入れて選択します。

ディスクドリルでファイルを選択

ステップ 4.  ファイルを復元する

回復するファイルを選択したら、下にある回復ボタンをクリックしてください。ファイルを回復したい場所を選択し、次へをクリックしてください。

ディスクドリルを使ってファイルを回復する方法

注意:データの上書きを避けるため、常に元の場所(この場合はSDカード)とは異なる場所にファイルを復旧するべきです。

ファイルの回復が完了したら、SDカードの修復に集中できます。

カメラがSDカードを読み取れない問題の修正方法

問題を引き起こした原因に応じて、SDカードを修復するための正確な方法が異なります。ここでは、カメラがSDカードを読み取らないことがある最も一般的な原因に対する解決策をいくつか紹介します。

方法 1: CHKDSKユーティリティを使用する

CHKDSKはWindowsに組み込まれたユーティリティで、ストレージデバイスのファイルシステムとファイルシステムメタデータを論理的、物理的エラーのチェックを行います。カメラがSDカードを認識できないトラブルがある場合、それが破損していたり不良セクタがあるためかもしれませんが、CHKDSKユーティリティがそれを修正するお手伝いをしてくれます。ただし、PCがSDカードを認識している必要があります。

CHKDSKを実行するには:

  1. カードリーダーを使用してSDカードとPCを接続します。
  2. スタートメニューでcmdを検索し、コマンドプロンプトの上にカーソルを置き、管理者として実行を選択します。elevated command prompt を起動
  3. コマンドプロンプトでchkdsk F: /xと入力し、Enterを押します(FをSDカードに割り当てられたドライブレターに置き換えてください)chkdskコマンドを実行

CHKDSKはドライブのエラーをスキャンし、見つかった場合にはそれらを修正します。

方法2: カメラソフトウェアを更新する

カメラソフトウェアの更新により、SDカードが認識されない原因がファームウェアのバグである場合に問題を解決する手助けができるかもしれません。カメラソフトウェアの更新方法は、使用しているカメラのブランドやモデルによって異なります。Sony Cybershotを使用している場合は、Nikon Coolpixを使用している人とは異なる方法を必要とします。

ただし、アップデートプロセス及びファームウェアのアップグレードファイルは、一般的にメーカーのウェブサイトで入手可能です。始めるためのいくつかの一般的なガイドラインは次のとおりです:

  1. ファームウェアをダウンロードするには、カメラメーカーのウェブサイトにアクセスします。ウェブサイトごとに手順は異なる場合がありますが、こちらが人気のあるカメラブランドのサポートページリンクです。スタートに役立つでしょう:
  2. カメラモデルを探します。ほとんどの場合、サポートページの検索バーにモデル名を入力して検索できます。
  3. ここからは、ウェブサイトを少し探索する必要があります。次のページで最新のカメラソフトウェアまたはファームウェアを探します。ダウンロードするファームウェアは、お使いの特定のモデル用であることに注意してください。ファームウェアは通常、複数のカメラと互換性はありません。

そのプロセスの残りの部分はファームウェアのダウンロードページに表示されるはずです。しかし、プロセスに完全に自信がない場合は、技術者に助けを求めるのが最善です。何かを間違えてしまったら、結局カメラを修理する必要が出てくるかもしれません。

方法3: SDカードをフォーマットする

SDカードのフォーマットは最終手段であるべきです。なぜなら、SDカード上のすべてのデータが消去されてしまうからです。しかし、フォーマットはSDカードのほぼ全ての論理エラーを解決するのに役立ちます。

PCを使用してSDカードをフォーマットするには:

  1. カードリーダーを使用してPCに接続してください。
  2. Ctrl+を押してファイルエクスプローラーを起動し、左サイドバーからコンピューター(Windows 10の場合はこのPC)を選択してください。
  3. SDカードを右クリックして、フォーマットを選択します。フォーマットオプションを選択
  4. ファイルシステムを選択します。理想的には、32GB以上の容量のカードや4GB以上のファイルを保存したいカードにはexFATが適しています。4GBを超えるファイルを保存する予定がない場合は、FAT32も選択肢の一つです。
  5. ボリュームラベルを選択します。
  6. クイックフォーマットの隣にあるチェックボックスをオンにします。
  7. 開始をクリックします。クイックフォーマットにチェックを入れ、フォーマットを開始
  8. 指示にしたがって、確認のためにOKを押します。

処理が完了するのを待ってから、カードを再度カメラに挿入してください。

結論

カメラがSDカードを検出しないいくつかの理由が考えられます。これらの理由は、適切に挿入されていないSDカードという単純なケースから、物理的かつ論理的な破損が完全に起きているまで様々です。検出されないSDカードが物理的に問題ない場合、修正する前にまずデータを復旧することが最適です。ファイルをコピーするか、Disk Drillのようなツールを使用して行うかのどちらかです。

物理的な損傷の場合、SDカードの使用を停止し、DIYデータ復旧を避け、できるだけ早くデータ復旧の専門家に連絡してください。また、PCがSDカードを認識しない場合や、Windowsディスク管理でストレージサイズが誤って表示されている場合も同様です。これらは、SDカードに重大な論理的または物理的損傷があることをしばしば示しています。

ファイルを回復したら、CHKDSKスキャンを実行する、カメラソフトウェアを更新する、またはSDカードをフォーマットするなどの方法で問題を解決することができます。

よくある質問

SDカードに保存されている写真がカメラに表示されないいくつかの理由:
  • SDカードが正しく挿入されていません。
  • 論理的または物理的に損傷したSDカード。
  • SDカードのファイルシステムがカメラと互換性がありません。
  • カメラがSDカードのタイプを認識していません。
  • カメラのSDカードスロットが損傷しています。
新しいSDカードがキヤノンカメラで動作しない一般的な理由は以下のとおりです:
  • キヤノンカメラがSDカードの種顠とその保存容量をサポートしていない。全てのキヤノンモデルが同じ種類のSDカードをサポートしているわけではありません。
  • SDカードが正しく挿入されていません。
  • SDカードのロックスイッチがONの位置にあり、キヤノンカメラが書き込みやフォーマットを防止しています。
  • 不具合が発生しているキヤノンカメラ、または損傷した挿入スロット。
  • SDカードコネクタの損傷。
  • SDカードが不良です。
はい。ほとんどのカメラメーカーは、SDカード上の写真を保存して整理するために独自のファイルシステムを使用しています。新品のSDカードであっても、それを使用する予定のカメラに挿入し、カメラの内蔵フォーマット機能を使ってフォーマットする必要があります。SDカードをPCに接続してフォーマットし、それがカメラと完璧に動作すると思い込まないでください。
アルジュンはテック忍者で、HTMLとCSSをコーディングし、親戚集まりの際には家族から頼りにされるテックサポートとして名誉の言及を受けています。彼は約6年間ガイドを執筆しており、現在は主要なテックウェブサイトで寄稿者として活動しています。
承認済み
シニアデータリカバリーエンジニア。物理学の修士号、科学実験のための情報技術。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required