外付けハードドライブの巡回冗長エラーを修正する方法

執筆者
36

循環冗長検査エラー循環冗長検査(CRC)は、データ記録デバイスやデジタルネットワークでしばしば起こるデジタルデータエラーを検出するために使用されるプロセスです。その目的は、データアクセスや転送中にデータが保持され、破損しないことを確保することです。

サイクリック冗長性エラー、一般的にCRCエラーと呼ばれるものは通常、外付けハードドライブで発生します。このエラーを解決しないままにしておくと、データを損なう可能性があり、データ喪失につながる可能性があります。

幸いなことに、あなたが高度な技術知識を持っているかどうかにかかわらず、または一般ユーザーであるかどうかにかかわらず、外付けハードドライブのサイクリック冗長性エラーを修正するために使用できるさまざまな方法があります。この記事では、これらの異なる方法を探求し、問題を解決するためのステップバイステップの指示を提供します。

循環冗長検査(CRC)エラーの原因は何ですか?

CRCエラーは、外付けハードドライブでさまざまな要因によって引き起こされる場合があります。エラーの根本原因を理解することは、データの損失をリスクにさらすことなく問題を効果的に解決するために不可欠です。

ここに、循環冗長検査エラーの最も一般的な原因のいくつかを示します:

理由 説明
🔨 物理的損傷 外付けハードドライブに物理的な損傷があるとCRCエラーを引き起こすことがあります。これには、ディスクやドライブに発生したチップや目立つ傷が含まれます。このような損傷は、取り扱いの不注意、ハードドライブの落下、または過熱によって発生することがあります。
💿 バッドセクタ バッドセクタは、物理ドライブ上で読み取り不能になり、データを信頼性をもって保存できなくなった領域です。これは物理的な損傷や摩耗によってよく引き起こされます。その結果、ドライブにデータを読み込んだり書き込んだりする際に、バッドセクタからサイクリック冗長性チェックエラーが生成される場合があります。
⛁ データ/ドライブの破損 データの破損は、ソフトウェアのバグや不具合、停電による不正なシャットダウン、データ転送中の問題、設定ミスのファイルなど、他にもいろんな原因で発生することがあります。
🔗 接続不良やケーブルの緩み 接続端子のゆるみ、接続器の損傷、その他の接続ケーブルの問題もCRCエラーを引き起こす可能性があります。これは外付けハードドライブとコンピュータの間の接続が中断され、ファイルやデバイスが破損する可能性があるためです。
🗂️ ファイルシステムまたはパーティションの問題 フォーマットが不適切であるなどのファイルシステムの問題や破損、その他のエラーもCRCエラーを引き起こす可能性があります。
🦠 ウイルス感染 ウイルス感染はファイルの変更を引き起こし、あなたのパーティションやあるファイルで、破損したファイルシステムやその他のエラーを残すことがあります。次にドライブにアクセスする際、サイクリック冗長性チェックはこれをエラーとして検出します。

CRCエラーがある外付けハードドライブから失われたデータを復旧する方法

データ損失は、外付けハードドライブで循環冗長性チェックのエラーが発生した際の主な懸念事項のひとつです。外付けハードドライブの循環冗長性チェックエラーから失われたデータを安全に回復するためには、信頼できるデータ復旧ソフトウェアが不可欠です。

データ復旧を試みる前に、外付けHDDがUSBポートを介してPCに接続され、コンピュータによって検出されていることを確認してください。その後、Disk Drillを使用して外付けハードドライブのデータ復旧を行ってください。

Disk DrillはWindowsとMacの両方で利用可能なデータ復旧アプリです。このアプリは、ユーザーがSeagateやToshibaなどの人気ブランドの外付けハードドライブから簡単にデーオスキャンし、復旧することを可能にします。この強力なツールは、ドキュメント、写真、ビデオ、オーディオなど、さまざまなファイルタイプの復旧をサポートしており、多くの既存のファイル形式を網羅しています。

Disk Drillの無料バージョンでは、最大500MBのファイルを復旧することができます(Windows上で)。それに加えて、このデータ復旧ツールは以下のようないくつかの便利な機能を提供しています:

  • NTFS、FAT32、ExFATなど、異なるファイルシステムからファイルのスキャン及び回復機能。
  • 内蔵及び外付けハードドライブに対し、バイトレベルのバックアップオプションを提供し、包括的なデータ保護を実現します。
  • Disk Drill では、ファイルの回復可能性をレポートし、スキャンしたファイルをリアルタイムでプレビューすることが可能です。

こちらは、循環冗長性エラーが発生している外付けハードドライブからデータを復旧するためにDisk Drillを使用する方法です:

  1. ダウンロード Disk DrillをCleverfilesの公式ウェブサイトから入手し、インストール手順に従ってアプリを正常にインストールしてください。
    Disk Drill installation
  2. ハードドライブがコンピュータに接続されていることを確認してから、アプリを起動してください。
  3. 循環冗長検査(Cyclic Redundancy Check)のエラーがある外付けHDDがスキャン可能なストレージデバイスとして表示されます。デバイスを選択し、失われたデータを探すをクリックしてファイルのスキャンを開始してください。
    search for lost data
  4. Disk Drillでは、これまでにスキャンしたファイルをチェックすることができます。表示したいファイルカテゴリーをクリックしてください。スキャンを最初から終了させたい場合は、次のステップに進んでください。
  5. スキャンが終了したら、検出された項目を確認をクリックして、Disk Drillが検出した全てのファイルをチェックしてください。
    review found items
  6. ファイルを選択してプレビューを見ることができます。また、ファイルの横にリカバリ可能スコアが表示されます。ハードドライブから取り戻したい全てのファイルを選択してから、回復をクリックしてください。
    recover button
  7. 回復したファイルの保存先フォルダーを選択してください。ファイルの保存先を別のドライブ上に設定することを確認してから、次へをクリックしてください。
    select destination
  8. 回復後、Disk Drillはファイルの回復が成功したかどうかを通知します。エクスプローラーで回復したデータを表示を選択して、ファイルをチェックしてください。
    recovered

巡回冗長検査エラーが発生した外付けハードドライブの修復方法

CRCエラーのある外付けHDDからファイルを無事に回復した後、サイクリック冗長性チェックエラーを修正する簡単な方法を試みることができます。ここに取れる簡単な応急処置ステップをいくつか紹介します:

  • 外付けドライブを再接続してください。循環冗長検査(Cyclic Redundancy Check: CRC) エラーは、外付けHDDとコンピューター間の接続不良が原因で生じることがありますので、デバイスを再接続するだけで問題が解決することがあります。ドライブを一度切断して数秒待ってから再接続して、問題が解決するかどうかを確認してください。
  • PCを再起動してください。一時的な不具合やコンフリクトが外付けドライブでのCRCエラーを引き起こす可能性があります。コンピューターを再起動してシステムコンポーネントをリセットし、エラーが解決されるかどうかを確認してください。
  • 破損したファイルを再ダウンロードしてください。特定のファイルのダウンロード後にCRCチェックエラーが発生した場合、そのファイルはおそらく破損しています。データの破損はダウンロードの中断やその他のエラーによって発生する可能性があります。現在のファイルを削除して新しいコピーをダウンロードしてみて、このCRCエラーの修正が機能したかどうかを確認してください。

これらの迅速な修正が外付けドライブの循環冗長性エラーを解決するかどうかは保証できません。これらの方法がうまくいかない場合は、追加の修正を探ることができます。

方法 1: エラーチェックでディスクをスキャンする

エラーチェックはWindowsに組み込まれたツールで、ドライブのエラーを素早くスキャンすることができます。エラーチェックでディスクをスキャンするには、以下の手順に従ってください:

  1. 外付けHDDを接続し、ファイルエクスプローラーに移動します。
  2. デバイス上で右クリックし、プロパティを選択することで外付けドライブのプロパージをアクセスします。
    properties
  3. プロパティウィンドウでツールタブに移動します。
    tools tab
  4. エラー確認セクションで、チェックをクリックします。
    check button
  5. ポップアップウィンドウでドライブのスキャンを選択します。
    scan drive
  6. スキャン中にエラーが見つかった場合には通知されます。修復するには修復を選択します。エラーがスキャンされなかった場合は、クローズをクリックします。
    no errors windows check tool

方法2: システムファイルチェッカー(SFC)スキャンによるCRCエラーの修正

Windowsコマンドプロンプトには、ハードドライブでCRCチェックエラーの原因となる可能性があるシステムファイルエラーをチェックおよび修復するのに役立つさまざまなコマンドが用意されています。これらのコマンドの1つがシステムファイルチェッカー(SFC)スキャンです。

SFCスキャンを実行するには、以下の手順に従ってください:

  1. Windowsキー + Rを押して「cmd」と入力し、コマンドプロンプトを管理者として実行します。Windowsスタートメニューで「command prompt」と入力して選択することでプログラムにアクセスすることもできます。
    コマンドプロンプト
  2. スキャンを開始するには、sfc /scannowと入力します。
    sfc scannow

SFCスキャンはファイルの破損を見つけ、可能な場合にはすぐに修復します。しかし、プロセスが完了するまでコマンドプロンプトを閉じないようにすることが重要です。

方法 3: CHKDSK コマンドでエラーを修正する

CHKDSKは、外付けHDDなどのストレージデバイスでエラーをスキャンし修復する別のコマンドラインツールです。バッドセクターの問題、破損したファイル、その他のファイルシステムエラーを修復することができます。

CHKDSKを実行するには、次の手順を実行してください:

  1. Windowsキー + Rを押して「cmd」と入力し、管理者としてコマンドプロンプトを実行します。または、Windowsスタートメニューで「コマンドプロンプト」と入力して選択することでプログラムにアクセスすることもできます。
    command prompt
  2. コマンドラインにchkdsk G: /r /x を入力します。ここでGはディスクのドライブ文字です。
    chkdsk

CHKDSKはこれからあなたのドライブをスキャンし、エラーが見つかり修正された場合には通知します。ツールを実行した後、ドライブにアクセスして循環冗長検査のエラーがまだ存在するかどうかを確認できます。もしまだエラーが出る場合は、次の方法を試してみてください。

方法 4: 外付けハードドライブのフォーマット

以前に挙げた方法が外付けハードドライブのサイクリック冗長検査(Cyclic Redundancy Check)エラーを解決しなかった場合、ドライブをフォーマットすることを検討することが可能な解決策です。しかし、ドライブをフォーマットすると、それに保存されているすべてのファイルが消去されるため、データ損失を防ぐために、事前にバイト単位でのバックアップを作成することが重要です。

Disk Drillのような強力なデータ復旧ソフトウェアは、内部および外部ドライブのバイト単位のバックアップを作成することができます。Disk Drillを使用してドライブをバックアップするには、以下の手順を実行します:

  1. Disk Drillを開いて、Extra toolsタブの下にあるDrive Backupへ進みます。
  2. 外付けHDDを選択し、ウィンドウの右上にあるByte-to-byte Backupをクリックします。
  3. バックアップの名前と保存先のパスを編集します。完了したら、OKをクリックします。

ドライブのバックアップに成功した後、これらのステップでフォーマットを行うことができます:

  1. エクスプローラーに移動します。左メニューを下にスクロールして、ハードドライブが表示されるまで探します。ハードドライブを右クリックして、「フォーマット」を選択します。
    フォーマットドライブ
  2. フォーマットする前に、ボリュームのラベルを編集してドライブ名を変更してください。また、ファイルシステムがNTFSに設定されていることを確認してください。適切な設定を選択した後、「スタート」をクリックします。
    フォーマット開始

方法 5: Diskpartを使ってCRCエラーを修正する

“diskpart” コマンドラインツールは、内蔵および外部ストレージデバイスを含む、コンピュータのドライブを管理するのに便利です。diskpart で使用可能なコマンドの一つに “clean” コマンドがあり、これはドライブの設定をリセットし、循環冗長性エラーを解決する可能性があります。

ただし、「clean」コマンドを使用するとデータがアクセスできなくなる可能性がありますが、専門のソフトウェアを使ってデータを抽出することは可能です。

外付けHDDの準備ができたら、以下の手順でDiskpartを使用してディスクをクリーンにしてください:

  1. Windows キー + R を押しながら「cmd」と入力してコマンドプロンプトを管理者として実行します。Windows スタートメニューで「コマンドプロンプト」と入力して選択することでプログラムにアクセスすることもできます。
    command prompt
  2. コマンドラインで diskpart と入力します。これにより新しいウィンドウが開きます。
    enter diskpart
  3. コマンドラインで rescan と入力し、新しく追加されたディスクをチェックします。
    diskpart rescan
  4. 利用可能なディスクを表示するために list disk と入力します。
    diskpart list disk
  5. select disk x と入力します。ここで x は外付け HDD のディスク番号です。
    diskpart select disk
  6. コマンド clean を入力して Enter キーを押します。これによりドライブのパーティションとデータ/ファイルが消去されます。
    diskpart clean

処理の後、「Diskpart はディスクのクリーンに成功しました」と表示されるはずです。これでドライブのフォーマットと再初期化を進めることができます。その後、CRCエラーがまだ発生していないかどうかを確認してください。

結論

サイクリック冗長性チェック(CRC)エラーは、物理的または論理的なダメージが原因で、ストレージデバイスで様々な理由により発生する予期しないエラーで、データの破損につながります。この記事で説明する方法に従って、データ復旧を試み、外付けハードドライブのトラブルシューティングを行うことができます。

CRCエラーが発生した場合のデータ損失を防ぐために、定期的にファイルをバックアップすることを強く推奨します。

エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required