古いハードドライブからデータを取得する方法(Windows)

執筆者
18

古いハードドライブからデータを取り出す古いハードドライブからデータを取り出したい理由はたくさんあります。たとえば、ストレージを漁っていて、懐かしい写真が入っているかもしれない古代のドライブを見つけたかもしれません。または以前使っていたPCが壊れてしまい、ハードディスクから情報を取り出す前に動かなくなってしまったかもしれません。

いずれにしても、このガイドでは、ストレージデバイスの状態に応じて、古いハードドライブからデータを取り出す方法をご紹介します。

古いハードドライブからデータは回復できますか?

古いハードドライブからファイルを取り出すことは、主にデバイスの全体的な状態に依存します。結局のところ、経年によってハードドライブは、腐敗や故障など、さまざまな問題を抱える可能性が高くなります。

古いコンピュータのハードドライブを扱う際に遭遇する最も一般的なケースのいくつかと、それらからデータを回復する最良の方法を見てみましょう。

ケース1: 古いPCは故障しているが、ドライブは動作中

古いコンピュータが予期せぬ故障を遭遇し、その一方でハードドライブが無事であることは珍しくありません。このような場合には、古いハードドライブを新しいコンピュータで使用し、そのファイルにアクセスすることができます。

これを達成するために、次のことを行う必要があります:

  • まず初めに、故障したPCからドライブを取り外さなければなりません。
  • そこから、動作しているコンピュータに接続する必要があります。これは、旧型のハードドライブアダプタまたはエンクロージャを使用して外部から行うことができます。または、必要なケーブルを使用して直接コンピュータに接続することもできます。
  • 旧型のハードドライブを新しいコンピュータに正常に接続すると、旧型ハードドライブ上のファイルにアクセスすることができ、必要なデータをコピーすることができるはくけあるはずです。

ケース2: 古いドライブは動作するが、破損している

もう1つの比較的一般的なシナリオは、ドライブがまだ機能しているが、ドライブが破損したために古いハードドライブ上のファイルにアクセスできない場合です。

前のケースと同様に、デバイスを直接またはアダプターやエンクロージャを通してコンピュータに接続する必要があります。その後、ドライブのバイト単位のバックアップを作成し、優れたデータ復旧プログラムを使用してバックアップからファイルをスキャンして復旧することをお勧めします。そうすることで、これ以上のデータ損失を防ぐことができます。

Disk Drillは、その優れたリカバリー能力、高速スキャン、洗練されたUIから高い評価を受けています。さらに、バイト単位でのバックアップ機能もすでに含まれているので、同じプログラムでバックアップを作成してリカバリーを実行することができます。

外付けドライブで消えたファイルをMacとWindowsマシンで復旧するのが得意です。もちろん、ソフトウェアにすぐに投資する必要もありません。なぜなら、トライアルバージョンではWindowsで最大500MBのファイルを復元できるからです。

古いSATAドライブからバックアップを作成し、データを取り出すには、以下に示す手順に従ってください:

Disk Drillを使用したバイト単位のバックアップの作成

  1. Cleverfilesのウェブサイトへ行き、Disk Drillの最新バージョンをダウンロードして開始してください。
  2. ダウンロードしたセットアップファイルを起動し、画面上の指示に従って、成功するまでインストールします。
    install disk drill
  3. 次に、使用していないハードドライブがPCに正しく接続されていることを確認し、Disk Drillを実行します。そこから、ウィンドウの左下にある「Drive Backup」をクリックし、利用可能なストレージデバイスのリストからハードドライブを選択します。次のステップに進む準備ができたら、右上にある「Byte-to-byte Backup」ボタンをクリックします。
    select storage device backup
  4. クリックすると、バックアップの詳細を設定するポップアップが表示されます。これには、ファイル名、形式、パスなどが含まれます。続行するには「OK」をクリックします。
    backup options
  5. その後、Disk Drillがバックアップの作成を開始します。このプロセスの全体的な所要時間は、主にハードドライブの容量によります。完了すると、完了画面が表示されます。そして、ホームアイコンをクリックして、プログラムのホーム画面に戻ることができます。
    backing up hard drive

ディスクドリルを使用してバックアップからデータを復元する

  1. Disk Drillホームページから、「Storage Devices」セクションが左サイドパネルにあることを確認し、ウィンドウの下部にある「Attach disk image」をクリックしてください。
    attach disk image
  2. 次に、ポップアップファイルエクスプローラが表示され、前のセクションで作成したバイト単位のバックアップを開く必要があります。これが完了すると、バックアップが利用可能なストレージデバイスのリストに表示されます。
    locate hard drive backup
  3. リストからバックアップを選択し、「Search for lost data」をクリックします。
    select backup image
  4. クリックすると、Disk Drillはハードドライブバックアップをスキャンして、回復可能なファイルを探し始めます。スキャンの完了を待つ間、右上隅にある「Review found items」ボタンをクリックして結果スクリーンに切り替えることができます。そうすると、スキャンが進行する間に見つかったファイルを確認することができます。スキャンが終わるのを待ってから、同じボタンをクリックして続行することもできます。
    scanning hard drive backup
  5. 完了したら、結果セクションに表示されているファイルを閲覧し、復元したいファイルを見つけます。左側のカテゴリーフィルターや右上隅の検索バーを使って探しやすくすることができます。検索バーはファイル名とファイル拡張子の両方を受け付けます。ファイルを特定したら、ファイル名の横にあるチェックボックスを選択してください。準備ができたら、「Recover」ボタンをクリックします。
    select files
  6. 次に、取り出したファイルの保存先を設定する小さなウィンドウが表示されます。決めたら、「Next」ボタンをクリックして回復プロセスを開始します。
    choose recovery location
  7. データ復旧プロセスの成功後、完了画面が表示されます。「Show recovered data in Explorer」とラベル付けされたボタンをクリックすると、救出されたファイルが格納されているフォルダーをすぐに開くことができます。
    recovery complete

バイト単位のバックアップを作成し、必要なデータを復旧した後、さまざまな方法で旧ハードドライブの修復を試みることができます。CHKDSKはWindowsに組み込まれたツールで、ドライブの全体的な整合性を徹底的にスキャンし、遭遇したシステムエラーの修復を試みます。

そして、すでにバックアップを取っているのであれば、ハードドライブをフォーマットしてみて、それが正常に機能するようになるかどうか確認することができます。

ケース3: 古いハードドライブは故障している

残念ながら旧ハードドライブ自体が機能しなくなった場合、データ復旧プログラムは何の役にも立ちません。

これらの場合、古いハードドライブからデータを復旧する最良の方法は、あなたの地域に対応するトップレートのデータ復旧サービスを調査することです。これらのサービスは、厳しい状況にあるストレージデバイスからデータを復元することに特化したプロフェッショナルを雇用しています。

もう1つ比較的物議を醸す方法として、古いハードドライブを一晩中冷凍庫に入れてみるというテクニックがあります。ええ、聞き間違いではありません。この方法は特定のケースでドライブを復活させるのに実際に役立ち、データを回復するための時間を稼ぐことができるかもしれません。ただし、これはあくまで一時的な解決策であることに注意してください。

  1. 📏 ボードの膨張:ハードドライブは熱を発生させ、極端な場合、デバイスの基盤内の特定の材料が膨張する原因となる場合があります。これにより、ハードドライブが停止する可能性があります。デバイスを凍らせることで、これらの材料を許容サイズにまで縮小させる可能性があり、再び正常に機能することができます。ただし、温まって再び膨張するまでは。
  2. 🛢️ 潤滑不良:古いハードドライブは、潤滑油が徐々に消耗し、デバイスのモーターの動く部分が固着するという潤滑問題に直面することがあります。ハードドライブを凍らせることで、これらの部分間の距離が広がり、プラッタが再び適切に回転するための余裕が生まれることがあります。
  3. 💿 スティクション(「静的摩擦」の略語):スティクションは、ハードドライブがオフになったとき、そのヘッドがデバイスのランディングゾーンと呡れる部分に着地(そして固着)してしまうことが発生することがあります。これは、ドライブが過度に加熱された後、すぐにシャットダウンする場合によく起こります。気測度の大幅な低下が、ヘッドが固着し、ハードドライブが再度オンになったときに適切に機能しない原因となる可能性があります。デバイスを凍らせることにより、再び固着する前にデータをコピーするための十分な時間を得ることができるかもしれません。

結論

古いハードドライブからデータを回復する方法はかなりあります、たとえそれらが破損していたりもう機能していなかったりしてもです。デバイスがまだ動作している場合は、ハードドライブデータ復旧を自分で試みることができます。ただし、動作するコンピュータと、それに接続するための古いハードドライブアダプタまたはエンクロージャが必要になることを覚えておいてください。

ドライブを直接PCに接続することも可能です。一方で、ドライブが故障している場合は、データ復旧サービスに連絡して助けを求める必要があります。場合によっては、死んだハードドライブを冷凍庫に入れることで、リスクを冒す覚悟があるなら役立つことがあります。

よくある質問:

コンピューターを開ける手間をかけたくない場合は、古いハードドライブリーダーやエンクロージャを使用してデバイスを外部からPCに接続することができます。それ以外の場合は、適切なケーブルを使用して直接コンピューターに旧ハードドライブを接続することでアクセスできます。
古いハードドライブが動作しなくなる理由はいくつかあります。これには以下が含まれます:
  • デバイスの破損
  • 重大な物理的損傷
  • 新しいコンピュータがサポートしていないファイルシステム
  • 初期化されていないディスク
  • コネクタ/ポートのトラブル
  • ドライバーの問題
古いハードドライブは、ATA/IDEデータケーブルを使用してコンピュータに接続します。また、電力を供給するためにATA/IDE電源ケーブルが必要です。
コンピュータのディスク管理ツールが古いハードドライブを読み取れない場合は、次のことを確認してください:
  • コネクタが正常に機能していることを確認します。内蔵されたハードドライブを接続する場合も外付けする場合も、適切な接続は不可欠です。
  • PCのBIOSにはドライブが表示されているが、ディスク管理やデバイスマネージャーには表示されていない場合、ケーブルが悪い可能性が高いです。
  • ATAドライバをすべてアンインストールし、Windowsに自動的に再インストールして設定しなおすよう強制します。この方法は多くのユーザーにとってかなり成功しています。
  • マザーボードメーカーの公式ウェブサイトからATAドライバを見つけてください。
  • ディスク管理の「外部ディスクのインポート」オプションを使用します。ダイナミックディスクが別のコンピュータに移動されたときに、「外部」ディスクとしてマークされる場合があります。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required