Windows 10/11で上書きされたファイルとフォルダを復元する方法

執筆者
42

上書きされたファイルを復元する方法

ファイルを保存する際、誤って別のファイルの上に保存し、私たちにとって重要な作業や時間をかけて完成させた作業を消去してしまうことがあります。これはイライラすることがあり、期限に間に合わせようとしている際に私たちを遅らせてしまうことがあります。

この記事では、上書きされたファイルを復元する方法を見ていきます。Windowsで上書きされたファイルを復元する方法は複数ありますので、一つがうまくいかない場合は以下の他の方法を確認してください。

上書きされたファイルを回復することは可能ですか?

それは困電かもしれませんが、上書きされたファイルを復元することはまだ可能です。ファイルの復元可能性は、OSの設定、ハードウェア、ファームウェアなど、さまざまな要因に依存します。

たとえば、データの上書きの原則はハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)とで異なります。SSDは、デジタル的に新しいデータを割り当てるためにデータブロックを削除するため、ファイルの回復がより困難になります。

一般的に、ファイルが上書きされたと見なされるシナリオは2つあります:

  • 同じファイル名のファイルまたはフォルダが既存のファイルの上書きを行う: この場合、古いファイルのデータはドライブ上に存在しますが、異なる場所に保存されています。
  • ドライブのデータの上書き: このケースでは、ファイルまたはフォルダがドライブ上の以前のファイルが保存されていた同じ専用スペースに書き込まれ、そのスペースに割り当てられていた旧データが実質的に消去されます。

最初のシナリオでは、データはドライブ上にまだ存在していますが、Windowsからは見えなくなります。これにより、ファイルの復旧が成功する可能性が高まります。

2つ目では、データはドライブ上に存在しなくなっており、成功裏に回復される可能性が低いかもしれません。

上書きされたデータの復元方法

ファイルを誤って上書きしてしまうことは悩ましいものです。ただし、データ損失に関しては、速やかに行動するほど、ファイルを無事に復旧できる可能性が高まります。

これらの簡単な方法に従えば、すぐにデータ復旧プロセスを開始し、さらなるデータ損失を防ぐことができます。

方法 1:上書きされたファイルを復元するためのソフトウェアの使用

上書きされたデータの復旧可能性は、削除されたファイルや隠されたファイルに比べて一般的に低いですが、強力なデータ復旧ツールを使用してファイルを取り戻す試みをすることはできます。

上書きされたファイルに対処する際は、時間が成功する確率を高める重要な役割を果たすため、データ復旧プロセスをただちに開始することが非常に重要です。

Disk Drillは信頼性の高いデータ復旧アプリで、巨大なファイルシステムをスキャンし、スキャンする各ファイルの復旧可能性を予測することもできます。文書、写真、動画、オーディオ、RAWファイル、Adobeファイルなど、ほとんどすべてのファイルタイプの検出と復旧が可能です。

Windowsユーザーも無料版のDisk Drillを利用することができ、これにより最大500MBのデータを無償で復旧することが可能です。

  1. ダウンロードしてお使いのコンピューターにDisk Drillをインストールしてください。disk drill setup
  2. 上書きされたファイルを検索したいデバイス/ディスクを選択し、ウィンドウの右側にある失われたデータの検索ボタンをクリックします。selecting drive to scan in disk drill
  3. スキャンプロセスが完了するまで待ちます。scan complete
  4. 見つかったファイルのレビューをクリックするか、または特定の種類のファイルのみをすぐにフィルタリングするためにファイルタイプをクリックします。
  5. 回復したいファイルをチェックしてから復旧を選択してください。preview found files in disk drill
  6. Disk Drillがファイルを復旧するためのパスを選択してください。choose a path to recover files
  7. その後、復旧が成功したことを知らせる確認メッセージが表示されます。recovery complete message in disk drill

この例ではWordファイルの回復を選択していますが、上記の手順に示されているのと同じ方法で、他の種類のデータを回復することもできます。

方法2:以前のバージョンを使用して上書きされたファイルを復元する

以前のバージョンとは、バックアップや復元ポイントの一環としてWindowsが作成するファイルのコピーのことを指します。Windowsは自動的にこれを行い、これはオペレーティングシステムに直接組み込まれた機能です。

フォルダやファイルを変更した場合、時々それを右クリックして以前のバージョンに戻すことができ、誤ってファイルを上書きした場合に置き換えられたファイルを復元することができます。

  1. 以前のバージョンに復元したいフォルダやファイルを探してください。
  2. ファイルまたはフォルダを右クリックし、以前のバージョンを復元するを選択します。以前のバージョンを復元するをクリック
  3. その後、アプリ内から利用できる全ての以前のバージョンがリストされたウィンドウが表示されます。もし存在すれば、ここに表示されます。上書きされたファイルの正しいバージョンを復元しているか確認するために、開くを選択して事前に確認することができます。以前のバージョンをプレビュー
  4. 次に、これが正しいフォルダまたはファイルであることを確調した後、復元先 オプションを選択します。以前のバージョンを別のフォルダに復元
  5. 最後に、上書きされたフォルダまたはファイルを復元する場所を選択します。別のフォルダへの復元パス

それでおしまいです!前のバージョンに復元する機能があると便利ですね。あらかじめ何かを設定する必要がありません。Windowsが自動的に、あなたがマシンを使っている間にこれを行ってくれています。

方法 3:バックアップから上書きされたファイルを復元する

Windowsマシンを外付けハードドライブにバックアップすると、そこから上書きされたファイルを復元することができます。これは、マシンに接続するドライブ、またはコンピュータがアクセスできるワイヤレスハードドライブのいずれかです。

ハードディスクから上書きされたファイルを復旧する方法は、Windowsコンピュータ上にあるすべてのファイルを対象にするため、はるかに信頼性が高いです。これはアプリごとの限定ではありません。

  1. 設定 > 更新とセキュリティ > バックアップを起動します。
  2. バックアップが設定されている場合は、ここに表示されます。その後、ファイルをマシンに戻すことができます。

上記の手順に従ってもバックアップが表示されない場合は、定期的にコンピュータのバックアップを設定して実行することを強くお勧めします。データ損失は自分には起こらないと思っている人が多いですが、準備をしておくのが最善です。

方法 4: ソフトウェアの内蔵バックアップ機能を使用する

多くのアプリには、Adobe、AutoDesk、Microsoft Office製品など独自のバックアップソリューションが含まれています。この機能により、バックアップファイルを作成し、定期的に作業を自動保存することができます。

オートリカバリ機能は、通常デフォルトで有効になっていますが、各アプリケーションの設定で自動的または手動で設定することができます。

ただし、この復旧方法に依存しても、作業の最新バージョンの回復が保証されるわけではないことに注意することが重要です。自動保存は一定の間隔で行われるため、データ漏洩直前に最も最近の変更がすぐに保存されなかった可能性があります。

この例では、Microsoft OfficeのAutoRecoverを使用してドキュメントの以前のバージョンを取り出す方法を実演します。

Microsoft Officeには、あなたがクラウドに情報を保存することに問類がなければ、変更を行うたびに自動的に作業を保存するクラウド機能も備わっています。

  1. WordまたはExcelを起動します。
  2. ナビバーに移動し、ファイル > オプション > 保存を選択してください。
  3. このウィンドウ内で、ファイルが保存されている自動回復の場所を見つけることができます。また、自動回復がどれくらいの頻度で作業を保存しているかも確認できます。私のものでは、10分ごとに保存されていること、そしてこれがデフォルト設定であることがわかります。autorecover settings in word
  4. 回復可能なファイルを探すために、[参照]オプションをクリックします。”参照”をクリックすると、自動回復フォルダの選択用のダイアログボックスが初めに表示されますが、そこからドキュメントを開くわけではありません。このパスに従ってフォルダを探して、ファイルを見つけます。回復したいファイルを見つけて、OKをクリックして上書きされたファイルを取り出します。go to autorecover folder word

結論

上書きされたファイルやフォルダをWindowsで復旧するのは難しいことかもしれませんが、不可能ではありません。特にWindowsのバックアップ機能を有効にしていたり、ファイル履歴がオンになっている場合は、このことが当てはまります。

バックアップがない場合は、使用していたアプリケーションに自動回復機能が利用可能かどうかを確認できます。ただし、Disk Drillのような信頼できるサードパーティ製データリカバリーアプリを迅速に使用することを強くお勧めします。これにより、ファイルの成功した回復の可能性を最大限に高めることができます。

よくある質問:

ファイルを上書きすると、それに関連するデータはコンピュータが新しいデータを保存するために空きとしてマークされます。これが、上記の手順でデータを復旧することが可能になる理由です。上書きされたファイルの回復を試みるのを長く待つほど、回復できる可能性は低くなります。
Disk Drillは、外付けハードドライブやUSBフラッシュドライブなどの外部デバイスからファイルを回復することができます。上記のDisk Drillによるデータ回復に関する手順に従って、USBフラッシュドライブをスキャンしてください。Disk Drillが回復できたデータを確認し、Windowsマシンに復元したいものを選択することができます。
WordやExcelのようなプログラムには、以前に行われた操作を元に戻すことができる内蔵の元に戻す機能があります。もし偶然にあなたのテキストや数字を全部削除してしまった場合、引用符なしで「Ctrl + Z」というキーボードショートカットを使用して、最新の操作を元に戻すことができます。もし既にファイルを保存していた場合、次に示す回復操作のいずれかを行う必要があるでしょう。
Windowsユーザーの場合、ファイル履歴がオンになっているか確認してみてください。有効ならば、ファイルを右クリックして「以前のバージョンを復元する」を選択します。 また、以前に作成したバックアップを検索したり、データ復旧ソフトウェアを使用してファイルをスキャンし復旧することもできます。
Windowsコンピューターでファイル履歴機能が有効になっているか確認してください。この機能が無効になっている場合や、データの損失が発生した後に初めて有効にした場合は、以前のバージョンが記録されていません。
ファイルを上書きするというのは、新しいデータで置き換えることを意味します。ファイルを削除すると、あなたのデバイスからアクセスできなくなり、新しいデータが入るための利用可能なスペースとしてマークされます。
ファイルが上書きされると、ドライブ上で以前に割り当てられていたデータ領域が新しいデータセットに割り当てられます。これにより、以前のファイルやファイルバージョンの復元が困難になります。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required