Windowsで破損したファイルを回復する方法【最良の方法】

執筆者
44

Windowsで破損したファイルを復元する

コンピュータで作業をしていて、作業内容を保存しようとファイルをセーブしようとします。しかし、使用しているアプリがクラッシュしたり、コンピュータが突然再起動してしまい、ファイルが保存されないままになってしまいます。

それはファイルを破損させる多くのシナリオのうちの1つに過ぎません。良いニュースですか? Windowsで破損したファイルを復元する方法があります。この記事では、破損したファイルとは何か、それがどのように起こるのか、そしてどのようにして破損したファイルを回復できるのかを探ります。

破損したファイルとは何ですか?

要するに、破損したファイルとは損傷を受けたファイルのことです。コンピュータ内のすべてのデータには構造があり、この構造が損傷または中断されると、ファイルが破損する原因になります。

破損したファイルのメッセージ

これにより、ファイルが開かなくなる可能性があり、オペレーティングシステムがファイルの取り扱い方を認識できなくなる可能性があります。開こうとした場合、使用しているプログラムが何をすべきか理解できなくなる欠落データが原因で、アプリがクラッシュすることがあります。

ファイルが破損する原因は?

ファイルが破損する原因は複数あります。以下に最も一般的ないくつかを挙げます:

  • 🔌 コンピュータが突然シャットダウンする停電 – 予期しないシャットダウンを引き起こす停電は、システムプロセスやその他の書き込み操作を中断する可能性があります。これにより、一部のファイルがアクセス不能になったり、その他のメタデータが損傷することがあります。
  • ⚡ 電力サージ – 予期しないシャットダウンと同様に、配線の不良やその他の理由による電力サージもデータを変更する操作を中断する可能性があります。さらに、ハードウェアコンポーネントが損傷し、コンピュータがアクセス不能になることもあります。
  • 🔨 アプリのクラッシュ – ファイルを保存中にアプリがクラッシュすると、ファイルの一部が更新されて残りが残されたり損傷したりすることがあります。このような一貫性のないデータはファイルの破損につながる可能性があります。
  • 🖥️ オペレーティングシステムのクラッシュ – オペレーティングシステムがクラッシュすると、バックグランドプロセスやアクセス中のすべての操作が停止します。これにより、データが異なる損傷を受けたり、ファイルシステムが破損することもあります。
  • 🛑 アップデートエラー – ソフトウェアアップデートが成功しない場合、アップデートに関与するあらゆる重要なシステムコンポーネントが損傷を受け、関連するファイルの破損につながる可能性があります。
  • ➡️ 新しいデータをコンピュータに転送し、互換性のエラー – 互換性のないファイルをコンピュータや別のデバイスに転送すると、そのコピーは役に立たないか読めない状態になることがあります。デバイスがファイル/データを正しく解釈する方法がないためかもしれません。

良いニュースは、アプリやコンピュータがクラッシュすることがあるということを考慮して、Windowsや他のアプリでは、破損したファイルを回復するための複数の方法があるということです。

以下では、破損したファイルを回復し、データを取り戻すための最良の方法をいくつか紹介します。

破損したファイルを復旧する最良の方法

破損したファイルを正常に回復する可能性は、破損の根本的な原因によって異なります。以下に、破損したファイルを回復するための最良の方法を説明し、簡単に実行できる手順を記します。あなたの特定の回復ニーズに合う方法を確認してください。

方法1: 元のソースからファイルをコピーする

壊れたファイルを取り戻す最も簡単な方法は、元のソースから単にコピーすることです。PC上のシステムファイルでないファイル(つまり、インストール時にWindowsが追加するファイル)のほとんどは、外部ソースから取得されたものであり、再取得することができます。

たとえば、使用しようとしている壊れたファイルがインストールしたいツールのセットアップファイルの場合は、そのツールのウェブサイトにアクセスしてセットアップファイルを再度ダウンロードしてください。例えば、映画などのファイルをmp4ファイルとして受け取り、そのファイルが壊れている場合は、友人に再度ファイルを依頼することができます。

ただし、破損したファイルを元のソースから取り戻すことができない場合、破損したファイルのファイルフォーマットを変更することで回復することができるかもしれません。

方法2: ファイル形式を変更する

時には、壊れたファイルを修正するのは、ファイル形式を変更することぐらい簡単なことです。例えば、Word文書が開けない場合は、それをPDFに変換することで解決できるかもしれません。壊れたファイルがPNG形式の画像の場合、JPGに変換することでファイルを回復できる可能性があります。

ファイル形式を変更する方法はいくつかあります。通常、「convert (ファイル形式) to (別のファイル形式)」とオンラインで検索すると、ファイル形式をオンラインで変換できるウェブベースのツールのリストが表示されます。

一部のファイル形式は、PCにすでにあるツールを使って変換することも可能です。ただし、少なくともそのファイルを開ける必要があります。例えば、Wordドキュメントが破損した場合、一部の内容が表示されない場合がありますが、ファイルはまだ開けます。ファイル > 名前を付けて保存に進み、ファイルをPDFドキュメントとして保存できます。

WordをPDFとして保存

方法3: AutoRecover組み込みアプリソリューションの使用

最近の多くのアプリには、アプリのクラッシュやコンピュータのクラッシュなどに対する組み込みのデータ保護機能があります。Microsoft Officeは、あなたのデータに素晴らしい保護を提供するソフトウェアサービスの一つの主要な例です。

ほとんどの人がMicrosoft Officeを使用しているので、Wordを使用して壊れたファイルを復旧する方法を見てみましょう。Microsoft OneDriveやGoogle Docsなどを使用している場合は、データが常にクラウド経由で保存されているため、この問題を考慮する必要はおそらくありません。

ただし、プライバシーの懸念や取り組んでいる作業の内容によっては、データをクラウドに保存できない場合やその他の理由で保存しないことがあるかもしれません。以下の手順では、Microsoft Wordからファイルを回復する方法について説明しますが、これらの手順はほとんどのMicrosoft Officeアプリに適用され、手順は大きく変わることはありません。

  1. Word またはその他の Office 製品を開始します。手順はほぼ同じです。
  2. ナビゲーションバーに移動し、[ファイル] > [オプション] > [保存] を選択します。
  3. このウィンドウ内で、ファイルが保存されている自動回復の場所を確認できます。どのくらいの頻度で自動回復が作業内容を保存しているかも確認できます。私の場合、10分ごとに保存されており、これがデフォルト設定であることがわかります。autorecover settings word
  4. この画面から、ファイルが保存されている場所を確認できるため、破損したファイルを特定し復元することができます。autorecover saves in folder

方法4: 前のバージョンを利用して破損したファイルを復元する

以前のバージョンは、Windowsがバックアップの一環または復元ポイントとして作成するファイルのコピーです。以前のバージョンは、時々シャドウコピーとも呼ばれ、これらはWindowsオペレーティングシステムによって自動的に作成されるため、事前に設定する必要はありませんでした。

ファイルが破損している場合、ほとんどの場合、そのファイルを右クリックして以前のバージョンやシャドウポイントに復元できます。これにより、ファイルが破損した場合に回復することができます。

以前のバージョンを使用して破損したファイルを復元するのはかなり簡単で、以下のステップでそれを説明します。

  1. 以前のバージョンに戻したいフォルダーやファイルを探します。
  2. ファイルやフォルダーを右クリックして、以前のバージョンを復元を選択します。
  3. 復元したい以前のバージョンを選択して、復元をクリックします。select previous version and restore
  4. 復元をクリックすると、コンピュータはそのファイルの以前のバージョンに戻し、ファイルの破損が修復されるはずです。

場合によっては、復元しようとしているファイルの以前のバージョンが存在しないことがあります。その場合、バックアップが重要な役割を果たします。

方法5: Windows バックアップから破損したファイルを復元する

コンピュータ業界に長年携わってきた経験から言えることですが、コンピュータのバックアップを取ることは、データにとって最も良い行為の一つです。バックアップから破損したファイルを復旧することは、本当に簡単で、数ステップで完了します。

  1. 「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」を開きます。バックアップからの復元
  2. バックアップが設定されていれば、ここに表示されます。バックアップを選択して、以前の時点に復元されるのを待つことで、破損したファイルを取り戻すことができます。バックアップからファイルを復元

上記のステップを実行した後でもバックアップが表示されない場合は、バックアップが存在しない可能性が高いので、コンピュータのデータを保護するためにバックアップを開始することをお勧めします。

以下で見ていく他の方法でも、破損したファイルを復旧することができます。

方法6: ファイル修復ソフトウェアの使用

より手間をかけずに解決したい場合は、Stellar Microsoft Office Repair Toolkit や Repair Toolbox のようなファイル修復ツールを使用することができます。各ソフトウェアの成功率は、通常、その賢さに依存します。

ファイルは、ウイルスやバグを含むソフトウェアが正しくファイルを書き込まなかったり、ファイルのデータが乱れる何らかのイベントが原因で破損することがあります。したがって、修復ツールを使用した成功の可能性も、ファイルがどれだけ損傷または破損しているかに依存します。

ファイル修復ツールを使用する際に重要な点は、どのツールを使用しても、小さな破損問題しか修復できないということです。ファイルデータの大部分が欠落している場合には、たとえ高価な修復ツールであっても、ファイルを回復することはできません。

方法 7: データ復旧ソフトウェアを使用して破損したファイルを復元する

上記の手順で解決しなかった場合、サードパーティのデータ復旧ソフトウェアを使用して開くことができ、機能する以前のバージョンを復元できる可能性があります。

Disk Drillは、ファイルやその他様々な種類のデータを復元することができます。これは、コンピュータをスキャンして、あなたには見えないかもしれないが存在しているファイルを見つけることによって行います。破損したファイルの状況では、Disk Drillは以前に正常に動作していたファイルのバージョンを復元して、Windowsマシンで開いて機能するようにすることができるかもしれません。データ復旧ソフトウェアは破損したファイルを修復することはできませんが、別の動作するバージョンのファイルがあれば、それが復元可能かもしれません。

ファイルが回復可能かどうかを知る最良の方法は、スキャンプロセスが完了した後にDisk Drillが見つけたファイルを見ているときに、プレビュー機能が動作しているかどうかです。これについては、以下の手順で指摘します。

ファイルが破損していてマシンで開けないことに気付いたら、新しいデータを保存するとDisk Drillでのデータ復旧が難しくなるため、コンピューターの使用を中止するのが最善です。Disk Drillを外付けハードドライブやサムドライブにロードできる場合、データ復旧の可能性が高まります。

  1. ダウンロードして、お使いのコンピューターにDisk Drillをインストールしてください。disk drill setup
  2. スキャンしたいデバイス/ディスクを選択してから、右下の検索するデータの喪失ボタンをクリックして、破損したファイルの回復を開始してください。selecting drive to scan in disk drill
  3. スキャニングプロセスが完了するのを待ちます。その後、検出されたアイテムを確認進めてください
  4. Disk Drillが回復することができたファイル全てが表示されます。ファイルのプレビューが可能な場合、ほとんどの場合Disk Drillによって回復できます。これは、破損したファイルの以前の動作していたバージョンを回復できるという良い兆候です。previewing files in disk drill
  5. 回復したいファイルをチェックして、回復を選択します。recovering files in disk drill
  6. Disk Drillが破損したファイルを回復するパスを選択してください。choosing a recovery location in disk drill
  7. その後、回復が成功したことを伝える確認メッセージが表示されます。recovery successful message

方法 8: システムファイルチェック(SFC)ユーティリティを使用する

システムファイルチェック(SFC)は、破搞されたシステムファイルをスキャンして修復する組み込みのユーティリティです。Windowsは、すべてのシステムファイルのキャッシュされたコピーをSystem32/dllcacheフォルダに保存しています。SFCユーティリティを実行すると、保護されたすべてのシステムファイルをスキャンして、破損していないかどうかを確認します。破損したファイルを検出した場合、キャッシュされたファイルのコピーで置き換えます。復旧しようとしている破損したファイルがシステムファイルの場合、SFCを使用して修復する方法は次のとおりです:

  1. スタートメニューでcmdを検索します。左ペインからコマンドプロンプトを選択し、右ペインから管理者として実行をクリックして、管理者としてコマンドプロンプトを起動します。open cmd
  2. 以下のコマンドを実行します:
    sfc /scannow

    sfc scannow

  3. スキャンが完了するまで待ちます。完了すると、スキャンが破損ファイルを見つけたか、それらを修復したかについてのメッセージが表示されます。メッセージで破損ファイルが正常に修復されたと表示されていれば、破損したシステムファイルを修復したことになります。scan completed

まとめ

コンピュータは大抵の場合に信頼性を持って動作しますが、ファイルが破損する原因となる何かが起こる可能性があります。良いニュースは、このデータを回復し、マシンに戻すための複数の方法があるということです。

バックアップと内蔵ソフトウェアソリューションにより、データを安全に保つことができ、それらが機能しない場合でも、以前に動作していた破損したファイルのバージョンを復元できるサードパーティ製のデータ復旧ソフトウェアが常に利用可能です。

よくある質問

コマンドプロンプトを使用して、破損したファイルを回復しようとすることができます。chkdsk X: /fと入力し、ATTRIB -H -R -S /S /D X:*.*と入力してください(Xはドライブの文字に置き換えてください)。これらのコマンドはファイルシステムのエラーをチェックし、隠しファイルを表示します。また、問題が解決するかどうかを確かめるため、コマンドプロンプトでsfc /scannowと入力して、保護されているシステムファイルのスキャンと修復を試みることもできます。
いいえ、CHKDSKはファイルシステムの破損や不良セクターをスキャンし修復するように設計されていますが、破損したファイル自体を修正したり回復したりするものではありません。
インターネット上には、Office Recoveryなど、破損したファイルをアップロードしてウェブサイトが修復を試みるツールがあります。ただし、これらは特定のファイル形式に限られています。
破損したDOCXファイルを修復するには、Microsoft Word の組み込み修復機能を使用することができます。これを行うには、Microsoft Wordを起動し、ファイル > 開く > 破損したDOCXファイルを選択 > [開いて修復] を選択します。また、オンラインで利用できるサードパーティ製のDOCXファイル修復ツールを試してみることもできます。ただし、Microsoft Wordとサードパーティツールのどちらも、100%成功する復旧を保証するものではありません。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required