Windowsの内蔵ハードドライブからデータを復旧する方法

承認済み
27

内蔵ハードドライブからのデータ復旧内蔵ハードドライブは、コンピュータの不可欠な部分です。もし突然動かなくなると、その上にあるファイルにアクセスし開くこともできなくなります。そのため、復旧が必要なデータがある場合は、迅速に行う必要があります。

データを復旧する方法には多岐にわたります。ハードドライブを修理して自分でデータを移動することから、専用のソフトウェアを使用してデータを回復するまで様々です。内蔵ハードドライブからデータを復旧する方法については、読み進めてください。

内蔵ハードドライブにおける一般的なデータ損失問題

ハードドライブからデータを取得するのは簡単な場合がありますが、エラーが原因でプロセス中にデータが失われないようにするためには、最初にハードドライブが悩まされている問題(もしあれば)を理解しておく必要があります。ここに、内蔵ハードドライブが直面する最も一般的なデータ損失の問題をいくつか紹介します:

問題点 説明
📂 パーティションの形式が不正 ハードドライブのパーティション作成を間違えると、多くのデータが失われ、アクセス不可能になる可能性があります。
❌ バッドセクター バッドセクターはハードドライブの経年劣化で自然と発生しますが、多数出現すると、ハードドライブが故障寸前である可能性が高いです。
😧 誤ってデータを削除 ミスは常に起こり得ます。ゴミ箱は小さなファイルはすばやく復元できますが、大きなファイルはしばしばゴミ箱を通り過ぎてしまいます。
🔌 データコピー中の中断 データ書き込みプロセスの途中での中断、例えば突然の電源喪失や予期せぬシャットダウンは、データを破損した状態に残します。重篤な場合は、ファイルシステム全体が破損することさえあります。
💥 メカニカルな問題 時間の経過による摩耗や過熱などの物理的問題は、ドライブの徐々な劣化を引き起こす可能性があります。

私たちが提示する内蔵ハードドライブからデータを復旧するためのソリューションは、データ損失の状況に幅広く対応しており、あなたに適した方法が見つかることを保証します。

内蔵ハードドライブからデータを回復する方法

回復方法は、ハードドライブの状態によって異なります。以下には、データ損失の各レベルに対する回復方法を記載しており、SSDデータ回復にも使用できます。

まず、失われたり削除されたデータを復旧する方法をご紹介します。次に、正しく起動を拒否する損傷したWindowsシステムファイルを持つコンピュータからの回復について見ていきます。第三に、ハードドライブが深刻な損害を受け、自分で修復できない場合の最良の選択肢について説明します。

シナリオ 1: Windowsが正常に起動しています

オペレーティングシステムに関連していないファイルを紛失した場合は、データ復旧ソフトウェアを使用して、内蔵ハードドライブからスキャンし、それらを回復することができます。この方法では、このような状況でのデータ回復を専門とするデータ復旧ツールであるDisk Drillを使用します。

ここでのポイントは、影響を受けている内部ストレージドライブに何もインストールしたり書き込んだりしないことです。代わりに、Disk Drillを異なる内部ドライブや外部ドライブにインストールしてください。

  1. ダウンロードしてDisk Drillをインストールしてください。
  2. 対象のドライブを選択し、失われたデータを検索をクリックしてください。
  3. スキャンが完了したら、見つかった項目をレビューをクリックしてください。review files from internal hard disk
  4. 復旧したいファイルを選択してください。ファイルをダブルクリックしてプレビューパネルを開いてください。また、復旧の可能性の列を使用して、どのファイルが復旧の可能性が最も高いかを確認することもできます。準備ができたら復旧をクリックしてください。select files for recovery
  5. 希望の出力先を選択してください。それが影響を受けたドライブと同じでないことを確認してください。次へをクリックしてください。recover files from internal hard drive

これらの手順は、ラップトップのハードドライブからデータを復旧する必要があるような他のリカバリー状況でも使用できます。それでも、古いハードドライブからデータを取り出すことはいつも簡単ではありません。Windowsが適切に起動しない場合は、次の解決策を見てください。

シナリオ 2: システムファイルに問題が発生し、Windowsが起動しない

ハードドライブが動作しているが、Windowsシステムファイルの一部が損傷している場合、データを回復してログインする前にそれらを修復する必要があります。これを行うには、Windows回復環境(winRE)に入り、トラブルシューティングを実行する必要があります。

winRE に入るには、Windows が含まれるブータブルな USB または DVD からブートし、コンピュータの修復を選択する必要があります。または、黒い画面または空白の画面から直接ブートする手順に従うこともできます。そこに到着したら、以下のオプションを最初に試して問題を解決しようとすることができます:

  • スタートアップ修復 – コンピュータをスキャンし、最も一般的な問題を自動的に修正しようとする基本的な診断ツールです。
  • スタートアップ設定 – セーフモードで起動できる場所です。セーフモードでは、問題の原因と思われる怪しいソフトウェアやファイルを削除できます。
  • システムの復元 – システムの復元ポイントがある場合、以前に正しく動作していた時点にコンピュータを復元しようと試みることができます。
  • 更新プログラムのアンインストール – 新しい更新が時にはより多くの問題を引き起こすことがあります。エラーが更新後に発生し始めたことが分かっている場合は、このオプションを使用してそれらをアンインストールしてみてください。

上記のオプションで解決できなかった場合、試してみることができるもう2つの方法をお見せします。

コマンドプロンプトを使用してシステムファイルを修復する

コマンドプロンプトを使用すると、Windowsに入ることなく、さらにトラブルシューティングツールを実行できます。使用するツールは、SFC および DISMです。SFC(システムファイルチェッカー)は、Windowsインストールをスキャンして、欠落または損傷したファイルを復元します。DISM(展開イメージのサービスと管理)は、破損したり損傷したりしたファイルを修復するために必要なファイルを取得するために使用されます。インターネット接続が必要であることに注意してください。なぜなら、これらのファイルはWindows Updateから取得されるからです。

  1. コマンドプロンプトをクリックするか、セーフモードでコマンドプロンプトから起動します。コマンドプロンプトで起動する。
  2. sfc /scannowと入力します。エンターを押します。SFCコマンドを実行する。
  3. DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealthと入力します。エンターを押します。DISMコマンドを実行する。

バックアップ・ハードドライブとWindowsの再インストール

時には、元通りに機能させるためには、Windowsを新規にインストールしなければならないこともあります。それが厳しい作業であったとしても、場合によってはそれが唯一の実行可能な選択肢であるかもしれません。

  1. コンピュータから内蔵ハードドライブを取り外してください。
  2. 別のコンピュータに接続し、ドライブの完全バックアップを行ってください。これはDisk Drillのバイト単位のバックアップ機能で実行できます。
  3. それをコンピュータに戻し、Windowsを再インストールしてください。

シナリオ 3: ディスクが損傷または破損している

データ復旧ソフトウェアとトラブルシューティングの取り組みでは、クラッシュした内蔵ハードディスクからのデータを回復することには限界があります。内部ドライブが過熱による長時間の使用や一般的な摩耗で物理的に損傷を受けた場合、あなたの最も安全な選択肢は、データ復旧サービスを利用することです。

データ復旧サービスは通常、より高価な選択肢ですが、理由があります。最も安全にデータを復元する可能性が高いためです。データ復旧の専門家は、業界標準のハードウェアと技術を使用して、ラップトップやデスクトップコンピュータのハードディスクからデータを復旧し、健全で動作するストレージデバイスに返却します。

内蔵ハードドライブからのデータ損失を防ぐ方法

フリーズするハードドライブのようなインジケーターは、より心配な何かの初期兆候となることがあります。データ復旧やトラブルシューティングに何時間もかけることから自分を守るために、データ喪失が発生するのを防ぐためのこれらのヒントを見てみましょう:

  • 💽 データをバックアップする – 間違いなく、データをバックアップすることはそれを保護する最良の方法です。作業コピーを持っていることで、失われたり破損したファイルを簡単に復元し、時には厳しいデータ復旧プロセスを避けることができます。
  • 🩺 S.M.A.R.T. データを監視する – ハードドライブは、S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis, and Reporting Technology)データの形で自己の健康状態を報告することが可能です。このデータを監視することで、劣化の初期兆候に対処することができます。Disk Drill に付属する無料の S.M.A.R.T. 監視ツールの使用を検討してください。
  • 安全にシャットダウンする – 特にディスクにデータを書き込む作業を行っている最中のハードドライブの操作を中断すると、ファイルやファイルシステムが破損することがあります。常に適切にコンピュータをシャットダウンする時間を取ってください。

上記のことを時間をかけて行うことで、ハードドライブの寿命を延ばし、データ損失のリスクを積極的に減らすことができます。

結論

内蔵ハードドライブはいつ問顦に遭遇するかわかりません。そのような事態になった場合、まず行うべきことは可能な限りデータを回復することです。Windowsに起動できる場合は、データ復旧プログラムを使用して安全なストレージデバイスにデータを回復してください。Windowsに起動できない場合は、Windows回復環境で利用可能なトラブルシューティングツールのスイートを使用して損傷を修理し、データを安全にバックアップしてください。

損傷を修理したり、データを自分で回復することができない場合は、プロのチームに任せてデータリカバリーサービスに連絡してください。データが戻ったら、このようなことが再び起こった場合に簡単にデータを復元できるようにバックアップを取っておいてください。

Avatar photo
Jordan Jamieson-Maneは、ハードウェア、データ復旧、および消費者向け電子機器に関連するコンテンツをよく制作する、技術に対する情熱的な関心を持つコンテンツライターです。彼が執筆していないときは、音楽を発見し、自身のウェブサイトの改善に取り組んでいます。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required