削除されたスクリーンショットを見つけて復元する方法:簡単なガイド

執筆者
111

Windowsで削除されたスクリーンショットの回復スクリーンショットを使うと、情報を効率的にキャプチャして、保存したり共有したりすることができます。しかし、使用するスニッピングツールを含むさまざまな理由で、Windows上で簡単に失われる可能性があります。また、誤って削除した可能性や、ストレージが破損している可能性もあります。

次のセクションでは、スクリーンショットがデフォルトでどこに保存されているか、そしてそれらが見つからなくなった場合に永久に削除されたスクリーンショットをどのように回復するかについて説明します。

スクリーンショットはどこに保存されていますか?

Windowsでスクリーンショットを見つける場所を理解するためには、PC上で内蔵の切り取り機能がどのように動作するかを学ぶことが重要です。スクリーンショットを撮る方法は複数あります。そのいくつかをこちらで紹介します:

  • キーボードの「PrtScn」キーを押してください。これにより、画面全体のキャプチャが行われ、スクリーンショットはクリップボードに保存されます。この写真はグラフィックスを扱うあらゆるプラットフォームに貼り付けることができます。クリップボードの履歴にアクセスするには、単にキーボードでWindowsキー + Vを押してください。
  • 「Windowsキー + Shift + S」のショートカットを使用します。スクリーンショットを取った後、それはクリップボードに保存され、ファイルエクスプローラーで見つけることができる「%UserProfile%\Pictures\Screenshots」フォルダにも保存されます。
  • Windowsのスニッピングツールアプリを開きます。アプリの指示に従ってスクリーンショットを撮り、写真を編集してください。スクリーンショットを保存するときには、好みのファイルの場所を選択するように求められます。保存していないスニッピングツールの画像を回復するには、ファイルエクスプローラーで「%UserProfile%\Pictures\Screenshots」を探してください。
  • 「Windowsキー + PrtScn」を押します。これにより、画面全体のスナップショットが撮られ、自動的に「%UserProfile%\Pictures\Screenshots」フォルダに保存されます。

他のスクリーンショットを取るために使うアプリは通常、独自のデフォルトフォルダを持っています。例えば、Xbox Game Barを使用している場合、スクリーンショットはデフォルトで「C:\Users\user\Videos\Captures」フォルダに保存されることがあります(これは変更可能です)。

削除されたり失われたスクリーンショットを取り戻す方法

上記の場所でスクリーンショットが見つからなかった場合、すでに削除されたか、あなたのWindows PCで失われている可能性があります。しかし、それでも取り戻すことができるかもしれません!ここでは、Windows 10 および 11 で削除されたスクリーンショットを復元する6つの方法を紹介します。

方法 1: 組み込みの検索機能を使用する

スクリーンショットが見つからなくなるのは、ファイル命名規則を適用していなかったり、専用のフォルダを用意していなかったりする場合が多いです。Windowsマシンでは、組み込みの検索機能を使って迅速かつ効率的に見つけることができます。これには少なくとも3つのアプローチがあります。それらはこちらです:

  • スタートメニューにスクリーンショットのファイル名を入力
  • Windowsタスクバーの検索ボックスを使用
  • ファイルエクスプローラーの検索フィールドを使用

これらの方法はかなり自己説明的であるべきです。しかし、ファイルエクスプローラーでファイルを検索するときに、スニッピングツールの画像を回復するための以下のステップを考慮してください:

  1. ファイルエクスプローラーで、スクリーンショットが保存されていると思われるフォルダへ移動します。もし全てのコンピューターを検索したい場合は、「このPC」へ移動してください。
    このPC
  2. 次に、検索ボックスに「スクリーンショット」と入力します。これにより、スナップされていない(個人的なものやダウンロードしたものなど)その他の画像を除外した検索ができます。
    検索バーエクスプローラー
  3. その後、「検索オプション」のドロップダウンをクリックし、「種類」 > 「画像」を選択します。フィルターのオプションは組み合わせて使用することができます。例えば、「変更日」 > 「今週」を選択して、過去7日間のスクリーンショットを見つけることもできます。
    検索オプション

方法 2: ゴミ箱を確認してください

削除したスクリーンショットの復元を行うには、ごみ箱フォルダを使用できます。永久に削除するオプションを選択していない限り、最近削除されたファイルを見つけることができるはずです。通常、デスクトップの左上隅から、またはWindows検索を使ってアクセスできます。

ごみ箱で、復元したいスクリーンショットを探して選択します。その後、上部にある「選択した項目を復元する」をクリックします。

アイテムを復元

方法3: スクリーンショットが隠れていないことを確認してください

ファイルエクスプローラーでの「表示」設定を使ってスクリーンショットやその他のファイルを隠したり表示したりすることができます。隠したスクリーンショットがあるかどうかを確認するには、それらがあると思われるフォルダに移動してください。単に「表示」をクリックし、ドロップダウンメニューから「表示」>「隠しファイル」を選択します。

隠しアイテムを表示

方法4: バックアップから回復

ファイル履歴機能を使用して、他のドライブにファイルをバックアップできます。以前に設定していた場合、特定のファイルやフォルダの以前のバージョンからスクリーンショットを復元できるかもしれません。ファイル履歴機能を使用するには、以下の手順に従ってください:

  1. 始めるには、ファイルエクスプローラーを開き、復元したいファイルまたはフォルダに移動します。
  2. 次に、ファイルを右クリックし、「以前のバージョンを復元」を選択します。
    restore previous versions
  3. クリックすると、そのファイルのプロパティウィンドウが開き、「以前のバージョン」タブが表示されます。
  4. 好みのファイルバージョンを選択し、「復元」ボタンをクリックします。または、別の場所にファイルを保存したい場合は、ドロップダウンメニューを開き、「~に復元する」を選択することもできます。
    restore button previous version

外付けドライブまたはディスクパーティションをFile Historyの場所として使用できます。他の多くのドライブと同様、時間が経つにつれて破損する可能性があります。そのようなことが起こった場合は、ハードドライブデータ復旧を実行してファイルを復元することを検討してください。

Windowsでは、ローカルファイルをクラウドに保存するためにOneDrive同期およびバックアップを有効にすることもできます。これを確認するには、設定に移動して「アカウント」 > 「Windowsバックアップ」を選択します。同期がオンになっている場合、クラウドアカウントを確認して、失われたスクリーンショットがバックアップされていたかどうかを確かめることができます。

windows バックアップ

方法 5: データ復旧ソフトウェアを使用する

上記の方法でWindowsでスクリーンショットを復元できない場合は、Disk Drillのようなデータ復旧ソフトウェアの使用を検討してください。

Disk Drillは失われたスクリーンショットだけでなく、永久に削除したものも見つけて復元することができます。Windowsユーザーであれば、最大500 MB分のファイルを復元できる無料体験版を利用することができます。

Windowsで削除されたスクリーンショットを回復するためにDisk Drillを使用する方法についての迅速で簡単なステップバイステップガイドは以下の通りです:

  1. はじめに、Disk Drill for Windowsをダウンロードします。コンピュータのストレージメディアへの摩耗を避けるために外付けドライブにインストールすることをお勧めします。それによって、データが誤って上書きされるのを防ぎます。
  2. インストールが完了したら、スクリーンショットを復元したいディスクまたはデバイスに移行し、右側のパネルにある「失われたデータを探す」ボタンをクリックします。
    disk drill search
  3. クリックすると、Disk Drillがディスクをスキャンして、復元可能なすべてのファイルを探し始めます。結果を確認したい場合は、Disk Drillの右上にある「見つかったアイテムを確認」をクリックします。
    review found items
  4. 次に、結果セクションに移動し、復元したいスクリーンショットを探します。見つかったファイルのリストを絞り込むには、ウィンドウの左側にあるカテゴリの中から1つを選択します。この場合は、「画像」を選択します。または、右上の検索バーをクリックして、スクリーンショットの名前やファイルタイプ(例:「screenshot」や「PNG」)を入力することもできます。
    disk drill scan results
  5. 復元したいスクリーンショットが見つかったら、そのファイル名の隣にあるチェックボックスを選択し、「復元」をクリックします。
    recover button
  6. クリックすると、小さなポップアップが表示されます。復元したデータの適切なファイルロケーションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。スキャンされた同じディスクやフォルダを使用しないように強くお勧めします。そうすることで復元可能なデータを上書きするのを防げます。
    select destination folder
  7. 最後に、Disk Drillが選択されたファイルの復元を試みます。完了したら、「エクスプローラーで復元したデータを表示」をクリックして、復元したスクリーンショットを表示します。
    show recovered

方法 6: 一時ファイルフォルダを確認する

キーボードの「PrtScn」キーを使ってスクリーンショットを撮った場合、ファイルとして保存できなかった可能性があります。それがクリップボードの履歴にのみ保存され、サポートされているプログラムにのみ貼り付けられることを思い出してください。

以下の操作が可能です:

  1. 一時ファイルのフォルダをチェックするには、このパスをファイルエクスプローラーに貼り付けてください: “C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Temp
    temp folder
  2. あるいは、Windowsキー + R を押して、%temp%を実行します。
    run temp
  3. その後、検索バーを使用して、スクリーンショットの可能性のあるファイル名を探します。例えば、「screenshot」、「.png」、または「.jpg」です。
    search temp files

結論

スクリーンショットがPCで紛失することは、誤って削除したり、ファイルが破損したり、ファイル名が不適切だったりと、さまざまな理由があります。しかし、ごみ箱、Windows検索、ファイル履歴、一時ファイルフォルダを使用して、完全に削除されたスクリーンショットを復元するチャンスはまだあります。それらがうまくいかない場合は、Disk Drillのようなデータ復旧アプリを使用してスクリーンショットを復元してください。

よくある質問

Windowsでスクリーンショットを削除すると、それらはゴミ箱フォルダに移動します。後で復元したい場合は、ゴミ箱に移動し、スクリーンショットを右クリックして「復元」をクリックしてください。ゴミ箱からこれらのファイルを削除すると、コンピューターから永久に削除されます。その後、PCの記憶媒体上の場所は上書きされるでしょう。 気が変わってこれらの永久に削除されたファイルを復元しようとする場合は、できるだけ早くデータ復旧ソフトウェアを使用してください。さもないと、新しいデータで上書きされてしまう可能性があります。
Windowsで完全に失われたり削除されたスクリーンショットを復元するには、Disk Drillを使用してください。バックアップを作成する前であっても、スクリーンショットを復元することができます。さらに、クラッシュしたハードディスク、フォーマットされた外付けドライブ、破損したファイル、空になったごみ箱から写真を復元することもできます。
最近ファイルエクスプローラーでスクリーンショットのフォルダを削除した場合は、キーボードで「Ctrl + Z」を押して変更を元に戻してください。これが機能しない場合は、次の方法でフォルダを回復できます:
  • ごみ箱から復元する
  • データ復旧ソフトウェアを使用する
  • バックアップストレージからフォルダを回復する
PrtScnキーを使用した場合は、キーボードで「Windowsキー + V」を押してクリップボードの履歴を確認してください。未保存のスクリーンショットはWindows 10の一時ファイルフォルダにも見つかる場合があります。ファイルエクスプローラーでこのパスに移動してください:「%LOCALAPPDATA%\\Packages\\Microsoft.ScreenSketch_8wekyb3d8bbwe\\TempState」 Windows 11で未保存のスクリーンショットを回復するには、同じ手順を使用できます。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required