Windowsの故障したハードドライブからデータを回復する方法

執筆者
承認済み
34

ハードドライブ故障のリカバリーハードドライブは人間ほど長生きしません。すべての電子機器と同様に、いずれ壊れます。ハードドライブの寿命は避けられないものですが、予期せずに故障が起きた場合、大切なファイルも一緒に失われる可能性があります。

ハードドライブの故障からの復旧方法を試みる前に、データが上書きされることがないように回従することを望むでしょう。また、ハードディスクがさらなる損傷を受け、データが回復不能になる可能性も常にあります。

このガイドでは、ハードディスクの故障原因の究明、データの復旧、そしてハードディスクの故障復旧といった全プロセスをお手伝いします。

ハードドライブが故障する原因

故障の原因を理解することが、ハードドライブを修復するための最初のステップです。また、制御不能な外部要因が故障を引き起こす可能性もあることに注意することが重要です。たとえば、一部のSeagateハードドライブの年間故障率(AFR)は、他の人気メーカーのハードドライブよりも著しく高いことがあります。また、寿命も重要な要素です — 平均的なハードドライブは1,051日(2年と10ヶ月)で故障するまで持ちます。

そのことを念頭に置いて、以下にハードドライブの故障の一般的な原因をいくつか挙げます:

  • 物理的損傷: 急激な電力サージ、ハードドライブの落下、そして定期的な使用による部品の摩耗など、様々な要因により機械的または物理的な損傷が発生します。
  • 論理的損傷: 不適切なシャットダウンや起動手順、突然の停電、ウイルスやマルウェアなど、各種の要因がファイルシステムの腐敗のような論理エラーを引き起こすことがあります。

ハードドライブがまだ読み取り可能であれば、データを復旧することができます。ハードドライブが完全に使用不能な場合は、データを復旧することはできません。

故障したハードドライブからデータを回復する方法

ハードドライブの故障からの復旧方法には2つあります:データ復旧ソフトウェアとデータ復旧サービスです。

方法1:データ復旧ソフトウェア

Disk Drillのようなスマートデータリカバリーソリューションを使用して、外付けまたは内蔵ハードドライブが故障したときにデータを復旧できます。

ステップ 1. Disk Drillをダウンロードしてインストールする

まずDisk DrillをダウンロードしてPCにインストールしてください。無料版では最大500MBのデータを復旧することができます。

ディスクドリルのインストール

ステップ 2. ハードドライブのイメージを作成する

インストール後にDisk Drillを起動し、左サイドバーからデータバックアップタブへ移動します。ハードドライブを選択し、バイト単位バックアップをクリックします。バックアップファイルに名前を付け、保存するパスを選択してください。完了したら、OKをクリックします。

バイト単位のバックアップを作成する

ステップ 3. 画像をスキャン

画像を作成したら、左側のサイドバーからデータ復旧タブに戻ります。 ディスクイメージを添付をクリックし、エクスプローラーを使用してイメージファイルを選択してください。これで、ディスクとしてイメージがリストに表示されるはずです。それを選択して、失われたデータを探すボタンをクリックしてスキャンを開始します。

ドライブ画像をスキャン

ステップ 4. ファイルを復元する

スキャンが完了すると、Disk Drillがスキャン中に見つけたファイルのリストが表示されます。復元したいファイルを選択し、下部にある復元ボタンをクリックしてください。復元するファイルを保存する場所を選択し、次へをクリックしてください。既存のデータを上書きしないように、ファイルをソースドライブに復元しないことに注意してください。

ファイルを回復

注意:スキャニングは負荷の高い活動です。ハードドライブの状態が既に悪い場合、スキャニングによって完全に故障させてしまう可能性があります。これを避けるためには、ドライブのイメージを作成できます。イメージングは負荷が低いため、ドライブにさらなる損傷を与えることはありません。Disk Drillでは、イメージを作成してスキャンするための組み込みオプション(バイト単位のバックアップ)を提供しています。

方法2:データ復旧サービス

一部の場合、データ復旧ツールを使用しても失敗したハードドライブからのデータ復旧ができないことがあります。あなたの場合もそうであれば、信頼できるデータ復旧サービスを利用することができます。あなたのハードドライブはラボに持ち込まれ、技術者がハードドライブからデータを取り出し、そのデータとハードドライブをあなたに返送します。

ハードドライブの故障を修復する方法

ハードディスクの故障回復は、深刻な損傷がない場合に可能です。解決策は損傷の原因によって異なりますが、修正は主に論理的な損傷に対してです。バッドセクターを除く物理的損傷の修理には技術者の助けが必要です。

方法1: チェックディスクを使用する

CheckDisk(ChkDsk)は、Windowsに組み込まれたユーティリティで、ディスクのエラーや不良セクタをチェックします。ChkDskがエラーや不良セクタを見つけた場合、自動的に修復しようとします。

ChkDskを使用するには:

  1. Winキー + Rを押し、cmdを入力して、Ctrl + Shift + Enterを押します。
  2. 次のコマンドを入力してキーを押します:
    chkdsk F: /r /x

    using check disk

  3. ユーティリティがハードドライブのスキャンを行います。完了したら、コマンドプロンプトを終了します。

この時点で、チェックディスクはエラーや不良セクターがあった場合には、それらを修正(または少なくとも修正を試みる)はずです。もし修正できたなら、ハードドライブを通常通りに再び使用できるはずです。

方法2: アンチウイルスのスキャンを実行する

マルウェアがハードドライブの故障を引き起こしている場合は、アンチウイルスプログラムを使用してマルウェアを削除する必要があります。スキャンのプロセスは使用するアンチウイルスプログラムによって異なります。しかし、どのアンチウイルスを使用していても、比較的簡単であるはずです。

手順を説明するたいめ、Microsoft Defenderを使用します。

  1. スタートメニューでウイルス & 脅威の防止を検索し、最適な結果を選択します。
  2. スキャン オプションを選択します。selecting a scan option in windows defender
  3. ご希望に応じたスキャンを実行してください。特定のハードドライブをスキャンする場合は、カスタム スキャンオプションを使用できます。選択後、今すぐスキャンを選択します。starting a scan in windows defender

スキャンが完了すると、Defenderはウイルスやマルウェアを検出したかどうか、および対処したアクションを表示します。Defenderがハードドライブをクリーンにしたことを確認したら、通常通りに使用を開始できます。

方法3: フォーマッティング

ハードドライブのフォーマットはドライブをクリーンな状態にします。フォーマットはハードドライブのほとんどの論理エラーを解決し、新たなスタートを切ることができます。

Disk Drillで重要なファイルを回復したら、データを失う心配なくハードディスクをフォーマットできます。ハードドライブをフォーマットする方法は以下のとおりです:

  1. スタートメニューで「ディスクのパーティションを作成してフォーマットする」を検索します。最適な結果を選択するとディスク管理コンソールが起動します。
  2. フォーマットしたいドライブを探し、右クリックして「フォーマット」を選択します。using disk management to format
  3. ファイルシステムを選択します(Windowsデバイスのみで使用する場合はNTFSのままにしておいてもいいです)、「クイックフォーマットを実行する」のボックスをチェックして、「OK」を選択します。formatting the drive

プロセスが完了すると、空のハードドライブができます。うまくいけば、今までにハードドライブを回復できているでしょう。

方法 4: TestDiskを使用して破損したパーティションを再構篇する

TestDiskは、ストレージメディアに関連するさまざまなエラーを修正するのに役立つ無料のコマンドプロンプトユーティリティです。破損したパーティションのために動作していないハードドライブを修復するのにも役立ちます。TestDiskの使用方法は以下のとおりです:

  1. Test Diskをダウンロードしてtestdisk_win.exeを実行します。
  2. [Create]を選択して新しいログファイルを作成します。create a new log file
  3. 破損したパーティションがあるディスクを選択し、次の画面でパーティションテーブルタイプを選択します。Select the partition table type
  4. 次の画面で[Analyse]を選択します。これによりTestDiskが現在のパーティション構造を分析し、失われたパーティションを探すようになります。selecting the analyze option
  5. 次の画面で[Quick Search]を選択します。begin the quick search
  6. クイック検索が終了すると、ディスク上のパーティションのリストが表示されます。特定のパーティションのより徹底的なスキャンを行うには、[Deeper Search]オプションを使用することもできます。Write the partition
  7. リスト上の各パーティションには接頭語がつきます。”P”(Primaryの意味)を接頭語とするパーティションを探し、破損したパーティションを選択して[Write]を選択します。

プロセスが完了したら、PCを再起動してください。

ハードドライブの故障の兆候

時々、ハードドライブが動作しているにも関わらす、故障に向かっている兆候が見られることがあります。これらの兆候を早期に認識することで、ハードドライブが故障した場合に多くの苦労を避けることができます。

以下は、ハードディスク故障のサインに注意するためのものです:

  • パフォーマンスの低下:コンピュータの動作が通常より遅い場合、ハードディスクの故障の兆候かもしれません。
  • ブルースクリーン(BSOD):Windowsで頻発するBSOD(一度きりではない)が発生している場合、ハードディスクが故障しつつある可能性があります。
  • 過熱:ハードドライブが過熱しているように見える場合、故障へ向かっている可能性があります。
  • 奇妙な音:ハードドライブが異常な音を発する場合、物理的な部品の1つ以上が正常に機能していない可能性があります。ハードドライブの故障が迫っている強い兆候であるかもしれません。

ハードドライブの故障の兆候は他にも数多くありますが、これらが最も一般的な症状です。これらに気付いたら、データを失うことがないように、すぐにデータのバックアップを取ってください。

故障したドライブの修理には、安全最優先の方針を使用する

結論:故障したドライブを取り扱う際、安全第一の方針は賢明な選択です。一つのミスで、全てのデータを失う可能性があります。常にデータ復旧から始めて、その後ドライブの修理に移ることをお勧めします。

データを復元し、故障しそうなハードドライブを修理するために取ることができる正確な手順を説明しました。このガイドが、不調なハードドライブについてのあなたの疑問に答えたことを願います。

アルジュンはテック忍者で、HTMLとCSSをコーディングし、親戚集まりの際には家族から頼りにされるテックサポートとして名誉の言及を受けています。彼は約6年間ガイドを執筆しており、現在は主要なテックウェブサイトで寄稿者として活動しています。
承認済み
シニアデータリカバリーエンジニア。物理学の修士号、科学実験のための情報技術。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required