Windowsでハードドライブのパーティションテーブルを修復/修正する方法

manuviraj
執筆者
承認済み
23

repair partition table windows 10PCを起動したときに、「invalid partition table」(無効なパーティションテーブル)や「missing partition table」(パーティションテーブルが不足している)というメッセージに突然遭遇することがあります。パニックになってデータへのアクセスを永久に失ったと考えるのは自然なことですが、そのようなことはありません。PCのHDDまたはSSDのパーティションテーブルを修復する方法はいくつかあります。これらの方法について、以下のセクションで詳しく見ていきます。

パーティションテーブルとは何か

HDDやSSDのパーティションテーブル(またはパーティションマップ)は、ディスクがどのように分割されているかを定義します。これには、どのパーティションがブートパーティションであるかをOSに知らせるために必要な情報が含まれています。Windowsで最も一般的に使用される2つのパーティションテーブルは、マスターブートレコード(MBR)GUIDパーティションテーブル(GPT)です。

MBRは古いパーティション方式で、主に古いコンピューター(2015年以前)で使用されています。この方式では、ディスクの最初のセクターにパーティションデータが格納されます。各パーティションエントリは16バイトで構成され、最大で64バイトのサイズをサポートします。したがって、MBRパーティションテーブルは最大で4つのパーティションをサポートします。各パーティションの最大パーティションサイズは2TBです。

GUID Partition Table (GPT) は、MBR の制限を克服し、Intelの Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) の一部として開発されました – 古い学派の PC BIOS の代わりです。ほとんどの現代のコンピュータは GPT を使用しています。平均的なユーザーにとって、GPT は MBR に対して3つの主な利点を提供します:

  1. 最大128パーティションまでサポートします。
  2. サポートされる最大パーティションサイズは18エクサバイト(EB)です。
  3. GPTにはデータの保護と整合性を高めるためのバックアップパーティションテーブルが含まれています。

無効なパーティションテーブルとは何ですか?

無効なパーティションテーブルエラーが発生した場合、システムがブートデータを含むパーティションを見つけることができないことを意味しています。これにはいくつかの理由がありますが、そのほとんどは簡単に対処できます。以下のテーブルをガイドとして使用してください:

理由

説明

⛓️ 起動順序の不正確さ 起動順序は、システムがOSのブートファイルをチェックするストレージディスクを決定します。不正確に設定されていると、PCはOSを間違ったストレージドライブでチェックし、それによって該当のディスク内でブートパーティションを見つけることができない場合、無効なパーティションテーブルのエラーが返されます。起動順序はBIOS/UEFI設定内で変更することができます。
💿 不良セクタ 不良セクタは、ディスクの読み取り不可能/書き込み不可能な領域です。通常の摩耗や老化をはじめとするさまざまな原因で発生することがあります。ブートセクタに不良セクタが発生すると、PCは無効なパーティションテーブルエラーを返します。
🦠 損傷したパーティションテーブル パーティションテーブルの損傷を引き起こす要因は多岐にわたります。コンピューターウイルス、データの破損、停電や電力サージなどが、データとパーティションテーブルの整合性を損傷し、読み取り不可能にすることがあります。
⚙️ Windows OSの誤った設定 Windowsのブート設定や順序をいじると、無効なパーティションテーブルエラーが発生することがあります
✅ 二つ以上のパーティションがアクティブとしてマークされている コンピューターのアクティブなパーティションは、OSとWindowsブートファイルを含むものです。複数のパーティションがアクティブとマークされている場合、Windowsはブートせず、無効なパーティションテーブルエラーが発生します。
💻 古いBIOS 古いBIOSドライバを搭載したマザーボードでは、ディスクのブートセクタを見つけることができないかもしれません。

無効なパーティションテーブルがあるドライブからデータを回復する方法

パーティションテーブルを修正することは、エラーの原因と修正に採用した方法によっては、時としてデータ損失を引き起こすことがあります。そのため、パーティションテーブルの修復に取り掛かる前に、まずすべてのデータを回復することをお勧めします。DIYデータ復旧を行う唯一の方法は、データ復旧ツールを使用することです。

起動時に無効なパーティションテーブルメッセージが表示されるディスクのデータ復旧を行うためには、動作する別のPCに接続する必要があります。ドライブをそのSATAケーブルを使用して直接接続するか、ディスクエンクロージャーを使用して外付けドライブとしてパーティションの復旧を行うことができます。

このチュートリアルでは、使いやすさと比類のない機能性のために、Disk Drillを使用します。これは400以上のファイル形式を認識し、異なるオペレーティングシステムにわたるすべての一般的なファイルシステムをサポートしており、破損していてもドライブと連携できます。Disk Drillの無料試用版を利用して、最大500MBのファイルを無料で回復できます。

ここでは、Disk Drillを使用して、破損したマスターファイルを持つドライブからデータを復元する方法を説明します:

  1. Disk Drillをダウンロードして、別のディスクにインストールしてください。
  2. Disk Drillを開き、無効なパーティションテーブルを持っていたディスクを選択し、失われたデータの検索をクリックしてください。Disk Drillで失われたデータを検索。
  3. 検出されたアイテムのレビューをクリックして、Disk Drillが発見した復元可能なデータを見てください。結果をフィルタリングするために、直接関連するファイルタイプ–画像、オーディオ、ビデオ、文書、アーカイブ、およびその他をクリックできます。Disk Drillの検出されたアイテムオプションのレビュー。
  4. 既存セクションを展開して、ドライブ上にすでに存在するファイルを表示するか、削除されたか失われたセクションを展開して以前に削除されたファイルを表示してください。Disk Drillのデータ復旧セクション。
  5. チェックボックスを使用して、必要なファイルを選択してください。Disk Drillは現在選択されているファイルのプレビューを表示します。ファイル名の隣にある目のアイコンをクリックし、Disk Drillによるプレビュー表示を手動で促すこともできます。選択を確認した後、復旧をクリックしてください。Disk Drillの復旧可能なファイルリスト。
  6. ファイルを復旧する場所を選び、次へをクリックしてください。Disk Drillの復旧先のプロンプト。
  7. Disk Drillがファイルを復旧します。

Windowsでパーティションテーブルを修復する方法

お使いのPCが無効なパーティションテーブルで起動しないため、これらの修正を適用するためにはWindowsのインストールメディアを使用してブータブルUSBドライブを作成する必要があります。インストールメディアを作成したら、それを使用してWindows リカバリ環境 (WinRE) に入り、無効なパーティションテーブルのエラーを修正することができます。

一部の修正には、RUFUSのようなツールを使用してWindows to Go USBを作成する必要があります。

それを行ったら、次の方法でコンピュータの無効なパーティショントーブルの問題を修正できます:

方法 1: システムの復元を使用して以前の状態にWindowsを復元する

Windowsのシステム復元機能は、パーティションテーブルを復元したい場合には神送りの機能です。PCを以前の状態、システムが適切に設定されていた状態に戻します。ただし、この機能はWindowsが誤った設定になる前に作成された復元ポイントで有効にされている必要があります。

Windows システム復元を使用して、PCのパーティションテーブルを修復する方法は次のとおりです:

  1. WindowsインストールメディアのUSBをPCに接続してください。
  2. Windowsのインストール画面で、このPCを修復を選択してWindows回復環境(WinRE)に入ります。
  3. 次に、トラブルシューティング > 詳細オプション > システムの復元に進みます。
  4. システムの復元のウェルカム画面で次へをクリックします。システムの復元ウェルカム。
  5. この画面でシステムの復元ポイントを選択し、次へをクリックします。復元ポイント。
  6. 全ての詳細を再確認し、完了をクリックします。システムの復元完了。

方法 2: 他のプライマリパーティションを非アクティブに設定する

Windows の diskpart コマンドライン ユーティリティは、Windows が含まれているパーティション以外のパーティションを非アクティブに設定するのに役立ちます。これは、複数のアクティブなプライマリ パーティションが原因で発生した無効なパーティション テーブル エラーを修正します。

これのやり方はこうです:

  1. Windows リカバリー環境(WinRE)に入る。
  2. トラブルシューティング > オプションの詳細 > コマンドプロンプトに進む。
  3. コンソールにdiskpartと入力する。Diskpart コマンド。
  4. list diskと入力してEnterキーを押す。List disk コマンド。
  5. Windows OSが含まれているディスクを選択する。これはselect disk xコマンドを使用して行うことができる。スペースxに対応するドライブのディスク番号を入れること。例:select disk 0Select disk コマンド。
  6. list partitionと入力してEnterキーを押す。List partition コマンド。
  7. 「Primary」とラベル付けされているパーティションを探し、Windowsが含まれていないものを選ぶ。スペースselect partition xと入力してEnterキーを押す。再度、スペースxをパーティションの番号で置き換える。Select partition コマンド。
  8. 最後に、inactiveと入力してEnterキーを押す。Inactive コマンド。
  9. オペレーティングシステムを含むパーティションを除く、他のすべてのパーティションを非アクティブとしてマークするステップを繰り返す。

方法 3: ブート順序の変更

PCに複数のディスクが接続されている場合、Windowsが含まれているものがブート順序の最上位にあるびたいです。PCのBIOSまたはUEFI設定でブート順序を変更できます。

メーカーによって手順は異なりますが、以下のような感じになるはずです:

  1. PCを起動し、該当するファンクションキーまたは組み合わせを押してBIOSメニューに入ります。マザーボードのユーザーマニュアルを参照するか、Google検索を実行して必要なキーを確認してください。
  2. BIOSのブートメニューに移動し、ブート順序の設定を探します。
  3. ブート順を調整して、Windowsが含まれているディスクが最初にリストされるようにします。
  4. 設定を保存して終了します。
  5. PCを再起動します。
  6. 方法 4: CMDを使ってパーティションテーブルを修復する

    Windowsには、破損を検出してパーティションテーブルの修復を行ういくつかのコマンドがあります。これらのコマンドを実行するにはコマンドプロンプト内で実行する必要があります。また、CHKDSKコマンドを実行してドライブの不良セクターを検出し、修正することもできます。

    CHKDSKを使用して不良セクタをスキャンおよび修復する

    1. Windows 回復環境 (WinRE) でコマンドプロンプトを開きます。
    2. chkdsk C: /f /r と入力して Enter キーを押します。use chkdsk from recovery mode
    3. CHKDSK スキャンが開始されます。

    Bootrecを使用してパーチションテーブルを修復する

    1. Windows 回復環境(WinRE)内でコマンド プロンプトを開きます。これは トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンド プロンプト を使用して行うことができます。
    2. MBR パーティション スキーマを使用している場合は bootrec /fixmbr と入力して Enter キーを押します。GPT ベースのディスクには bootrec /fixboot と入力して Enter キーを押します。use bootrec /fixmbr

    方法 5: Windows ディスク管理でパーティションテーブルを修復する

    この方法は、システムのプライマリOSが含まれていないドライブに使用するか、またはドライブを別のコンピュータに接続した場合に使用します。この方法には、問題のあるボリュームを削除し、その後新しいボリュームを作成することが含まれます。

    データが失われるため、事前に回復しておくことを確認してください。

    これが実行する方法です:

    1. Windows検索(Windowsキー + S)で「disk management」と入力します。「ディスクの管理とフォーマットの作成」を検索結果からクリックします。
    2. 無効なパーティションテーブルのメッセージが表示されているドライブを右クリックし、「ボリュームの削除」をクリックします。確認プロンプトが出たらYesをクリックしてください。Delete volume Disk Management.
    3. そのボリュームが占めていたスペースは未割り当てとして表示されます。未割り当てスペースを右クリックし、新しい単純ボリュームを選択します。New simple volume Disk Management.
    4. 新しい単純ボリュームウィザードのステップに従って、新しいパーティションテーブルを持つ真新しいボリュームを作成します。

    Windowsのインストール中/後に無効なパーティションテーブルエラーを修正する方法

    非ブートGPTディスクはレガシーBIOSによって認譽される可能性がありますが、ブートGPTディスクを使用する際はUEFIの使用が必要です。レガシーBIOSでブートGPTディスクを使用しようとすると、無効なパーティションテーブルエラーが発生しますし、UEFIでMBRディスクを使用しようとしても同様です。ほとんどのマザーボードでは、MBRおよびGPTディスクの両方との幅広い互換性を容易にするため、レガシーBIOSとUEFIモードを切り替えることができます。

    古いBIOSドライバーも無効なパーティションテーブルエラーの原因となることがあります。以下のセクションで、レガシーBIOSモードとUEFIモードの切り替え方と、BIOSドライバーの更新方法をご紹介します。

    レガシーBIOSモードとUEFIモードを切り替える

    マザーボードのメーカーによって、レガシーBIOSとUEFIモード間で切り替える正確なプロセスは異なります。しかし、こんな感じの手順になるはずです。

    1. メーカーロゴが表示されたら、関連するキーを押して、マザーボードのBIOS/UEFIメニューに入ります。通常、ファンクションキーのいずれかです。
    2. ブートメニューに入ります。
    3. 画面に表示されているキーを使用して、ブートモードフィールドでBIOSとUEFIを切り替えます。MBRディスクを使用する場合はBIOSに、GPTパーティション方式を使用する場合はUEFIに切り替えます。
    4. 設定を保存して終了します。

    ブータブルUSBドライブからBIOSをダウンロードしてインストールする

    パーティションテーブルを見つけることができないシステムや、無効なパーティションテーブルエラーが表示されるシステムでBIOSをアップデートするには、ブータブルUSBドライブを使用してBIOSアップデートをフラッシュする必要があります。これは以下のようになります:

    1. 動作するコンピューターにUSBドライブを接続します。
    2. 無効なパーティションテーブルエラーが表示されているPCのマザーボードに対して、最新のBIOSアップデートをダウンロードします。
    3. BIOSアップデートファイルをUSBドライブにコピーします。USBドライブに他のファイルを保存しないことをおすすめします。BIOSアップデートファイルの正確なファイル名と拡張子をメモしてください。
    4. USBドライブを無効なパーティションテーブルを持つPCに接続し、BIOSメニューに入ります。
    5. Bootオプションに進み、USBドライブを選択します。
    6. ほとんどのマザーボードはアップデートを自動的に検出します。他の場合は、コマンドプロンプトウィンドウが表示されます。この場合は、BIOSアップデートファイルの正確なファイル名と拡張子を入力してEnterを押します。
    7. お使いのマザーボードの関連する手順に従って、BIOSアップデートをフラッシュします。

    MBRからGPTへのパーティションテーブルの再構築

    diskpart ユーティリティを使用すると、MBRディスクをGPTに変換できますが、そのプロセスでデータが消去されます。これは、UEFIを使用し、GPTパーティションテーブルのメリットを活用したい場合に便利です。先にデータを回復することを忘れないでください。

    次の方法でパーティションテーブルを復元し、diskpart を使用してそれを GPT に変換できます:

    1. Windows リカバリ環境 (WinRE) に入り、コマンドプロンプトを開きます (トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンドプロンプト)。
    2. diskpart と入力して Enter を押します。Diskpart command.
    3. list disk と入力して Enter を押します。List disk command.
    4. select disk x と入力して Enter を押します。 x には、GPT に変換したいドライブのディスク番号を入れてください。Select disk command.
    5. clean と入力して Enter を押します。Clean command.
    6. 最後に、convert GPT と入力して Enter を押し、ディスクを GPT に変揘します。Convert GPT command.

    データを失うことなくパーティションテーブルを再構築する

    Windows 10 および 11 では、データを失うことなく MBR ディスクを GPT に変換することができます。ただし、この解決策を使用するには、ディスクがこれらの前提条件を満たしている必要があります。

    ディスクが条件を満たしている場ー合、以下の手順でGPTに変換する方法です:

    1. コンピュータをWindows回復環境(WinRE)で起動して、コマンドプロンプトを開きます(トラブルシューティング > 詳細オプション > コマンドプロンプト)。
    2. タイプ MBR2GPT /validate そしてエンターキーを押します。
    3. 変換を行うために、MBR2GPT /convert /disk x とタイプします。x はGPTに変描したいドライブのディスク番号に置き換えてください。PCにディスクが1つしか接続されていない場合、これは 0 になります。

    結論

    上記の方法は、データを失うことなくハードドライブのパーティションテーブルを修復する方法を説明します。このようなエラーは通常予告なしに発生し、自己を保護する最善の方法は定期的なバックアップスケジュールを持つことです。これにより、データを回復するためにサードパーティのプログラムをダウンロードする必要がなくなり、データ損失という追加のストレスなしに問題に対処できます。

    よくある質問:

    パーティションテーブルを損傷した原因によって、以下の方法のいずれかを使用して修復する必要があります:
    • Windowsシステムの復元を使用します。
    • Bootrecユーティリティを使ってパーティションテーブルを修復します。
    • ディスクの管理を使用してパーティションテーブルを修復します。
    • diskpartやMBR2GPTユーティリティを使用してパーティションテーブルを再構築し、GPTに変換します。
    データを失わずにパーティションテーブルを再構節するには2つの方法があります:
    1. Bootrecユーティリティを使用してパーティションテーブルを修復します。
    2. Windows 10と11でパーティションテーブルをGPTに回復および変換するためにMBR2GPTユーティリティを使用します。
    あるいは、データ復旧プログラムを使って最初にデータを回復した後、選択した方法でパーティションテーブルを再構築することもできます。
    パーティションテーブルの破損の一般的な原因には以下があります:
    • マルウェア。
    • 突然の電源切断や電圧の急激な変化。
    • 誤設定されたWindows OS。
    • ドライブの不良セクタ。
manuviraj
Manuviraj Godaraは、4年以上の経験を持つプロのコンテンツライターです。彼の絶えず成長する技術への魅力と経験が、彼にデータ復旧と消費者技術に関連するコンテンツの制作を促します。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required