Micro SDカードの書き込み保護を解除する方法

執筆者
144

SDカードにファイルやメディアをコピーしようとすると、SDカードは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが表示されますか?

心配しないでください!Windows PCまたはMacbookを使用して、Micro SDカードの書き込み保護を解除する方法をお手伝いします。

Micro SDカードの書き込み保護とは何ですか?

Micro SDカードの書き込み保護機能により、ファイルが置き換えられたり削除されたりするのを防ぐことができます。Micro SDカードが書き込み保護されている場合、データを表示できますが、データをSDカードからコンピュータにコピーまたは移動することはできません。

write protected sd card

つまり、簡単に言えば、Micro SDカードが書き込み保護されている場合、SDカードデータは読めますが、書き込み操作は中断されます。では、Micro SDカードの書き込み保護をどのように解除し、そもそもそれがなぜ起こったのか?

まず、Micro SDカードの書き込み保護を解除する前に、ファイルを回復する必要があります。

書き込み保護されたSDカードからデータを回復する方法

Micro SDカードが書き込み保護を有効にした理由はさまざまです。ウイルスの攻撃、PCがSDカードを認識しない、SDカードが損傷しているなど、SDカードが書き込み保護機能を自動的に有効にしてファイルの永久紛失を防ぐさまざまな理由があります。そのため、Micro SDカードから書き込み保護を解除する前に、データを回復してコピーを作成することをお勧めします。

このチュートリアルはWindowsとMac OSの両方に適用されますが、両プラットフォーム間にはいくつかの機能の違いがあります。Windows版では無料トライアルで最大500MBのデータを回復できます。一方、Mac OSのDisk Drillバージョンは携帯電話のメモリーカードを直接スキャンできます。

Disk Drill SDカードリカバリーツールを使用すると、データの回復は非常に簡単でシンプルです。このツールは非常にユーザーフレンドリーで、すべてのデータをシームレスに回復するのに役立ちます。SDカードデータを回復するためのステップバイステップのプロセスをサポートします。

  1. Disk Drillをダウンロードして、管理者権限でインストールします。ソフトウェアをインストールしたら、トライアルバージョンを使用して500MBのデータを復元できます。disk drill install
  2. データを復元したいMicro SDカードを選択します。失われたデータを探す」をクリックして続行します。select sd card and start scan
  3. 次に、Disk Drillがファイルを探し始め、写真、ビデオ、オーディオ、ドキュメントなど、複数のカテゴリに分けて表示します。特定のファイルを回復するために検索を途中で一時停止することも、すべてを回復するために完全な検索が完了するまで待つこともできます。scanning process
  4. スキャンが完了したら、復元」をクリックして重要なファイルを選択するか、すべてを回復しようとしている場合は、すべて復元」をクリックしてください。select and recover files
  5. 復元を選択した後、データを保存する場所を選択するように求められます。ローカルディスクのどれかにデータを保存してくださいが、Micro SDカードに再度ファイルを保存するのは避けてください。データを破損させて永遠に失う可能性があります。select folder for recovered files

WindowsでMicro SDカードの書き込み保護を解除する方法

さて、ファイルの回復ができたので、Micro SDカードの書き込み保護をどのように解除するかを見ていきましょう。このセクションでは、Windowsの組み込み機能やDiskPartやレジストリエディタなどのユーティリティを使用して、これを行う方法について説明します。

方法 1: ロックスイッチを確認する

一部のSDカードメーカーは、Micro SDカードに手動の書き込み保護スイッチを設けています。PCで書き込みエラーが発生した場合に最初にするべきことは、外部/内部カードリーダーからSDカードを取り外し、ロックスイッチが有効になっていて書き込み機能が無効になっていないかを確認することです。

有効になっていない場合は、スイッチを押し下げてMicro SDカードの書き込み保護機能をオフにし、PCに接続してSDカードにファイルのコピー/移動ができるかを確認します。それでも問題が解決しない場合は、他の解決策を試してみてください。

方法 2: Diskpartプログラムを使用する

Diskpartプログラムを使用して、Micro SDカードの書き込み保護を解除する必要があります。Windows PCのコマンドプロンプトを使用してこれを行うことができます。

  1. Micro SDカードをコンピューターに接続します。
  2. のスタートボタンをクリックし、コマンドプロンプトを検索します。または、Win+Rキーを押して「cmd」と入力し、実行ボックスに入力してコマンドプロンプトを開くこともできます。完了したら、OK」をクリックしてコマンドプロンプトを開きます。Pressing win+r to bring the run dialog box to open command prompt
  3. コマンドプロンプトウィンドウでdiskpartと入力し、Enterキーを押します。Accessing diskpart in command prompt
  4. 次に、以下のコマンドを入力し、それぞれの行の後にEnterキーを押してMicro SDカードの書き込み保護を解除します。
    • list disk
    • select disk # (コマンドプロンプトに表示された書き込み保護されているSDカードの番号で、#の代わりに番号を書いてください。ほとんどの場合「disk 1」です。)
      • attributes disk clear readonly
    • 処理が完了したら、exitと入力してコマンドプロンプトを閉じます。これにより、Micro SDカードの書き込み保護が解除されるはずです。write protection removed

それでもMicro SDカードの書き込み保護が解除されない場合は、他にもいくつかの方法があり、これらを試せばMicro SDカードの書き込み保護を完全に解除できるはずです。

方法3:レジストリの編集

おっと!ちょっと待って!これは怖い作業ではありません、ステップに従えば簡単で、さらにはコンピューターに関するちょっとした魔法を披露して仲間内で自慢ができます。

先に進む前に、レジストリのバックアップを取ります。これにより、万が一間違いを犯した場合に、バックアップを使用して元の状態に戻すことができます。

  1. コンピュータにSDカードを接続します。
  2. Win+Rを押して実行ウィンドウを開き、regedit」と入力して「OK」をクリックし、レジストリエディタを開きますPressing win+r to bring the run dialog box to open registry editor
  3. 上部のバーに次の文字列をコピー&ペーストし、StorageDevicePoliciesフォルダを選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControl

    Navigating in the registry to select StorageDevicePolicies

  4. そのフォルダが見つからない場合は、コントロール」フォルダ上で右クリックし、新規作成 ➝ キーをクリックして、StorageDevicePoliciesという名前をつけます。Creating a new key in StorageDevicePolicies
  5. StorageDevicePoliciesフォルダ上で右クリックし、新規作成」 ➝ 「DWORD (32ビット)の値」を選択し、”WriteProtect“という名前をつけます。Creating a Dword [32-bit] to name is as WriteProtect
  6. WriteProtect」をダブルクリックして値を0に変更し、OK」をクリックします。Changing the WriteProtect's as 0
  7. レジストリエディタを閉じ、コンピュータを再起動して、処理を完了します。

方法 4: Diskpartを使用したSDカードのフォーマット

前の方法でMicro SDカードの書き込み保護の問題が解決しない場合は、カードのフォーマットが必要になるかもしれません。これを行う方法は多数ありますが、このチュートリアルではDiskPartの使用に焦点を当てます。以下の手順に従ってください:

  1. Windowsキーを押して「スタート」メニューで「コマンドプロンプト」を検索し、「管理者として実行」オプションをクリックして、コマンドプロンプトを管理者として実行します。launch command prompt
  2. コマンドプロンプトのウィンドウでdiskpartと入力し、Enterキーを押してDiskPartユーティリティを開きます。start diskpart
  3. list diskと入力してEnterキーを押し、コンピューター上で利用可能なすべてのストレージデバイスを表示します。ディスク番号をメモしてください。list disks in diskpart
  4. select disk nと入力し、nをMicro SDカードのディスク番号に置き換えてから、Enterキーを押します。select your SD card in diskpart
  5. cleanと入力し、Enterキーを押して、カード上のすべてのパーティションを削除します。clean your SD card
  6. create partition primaryと入力してEnterキーを押し、新しいプライマリパーティションを作成します。create new partition on your SD card
  7. format fs=xと入力し、xを好みのファイルシステム(例:format fs=fat32)に置き換えてから、Enterキーを押します。format your SD card
  8. assign letter=Nと入力し、Nを好みのドライブ文字に置き換えた後、Enterキーを押します。assign letter to formatted SD card
  9. これでMicro SDカードの書き込み保護は解除されるはずです。exitと入力し、Enterキーを押してDiskPartを終了します。

MacでMicro SDカードの書き込み保護を解除する方法

Appleユーザーですか?心配はいりません!Macのシステム設定と組み込みツール内ですべて、Micro SDカードの書き込み保護を解除する方法もあります。このセクションでそれぞれを探っていきましょう。

方法 1: 権限を変更する

Windowsと同じく、Macも権限を変更することでMicro SDカードの書き込み保護を解除できる可能性があります。次の簡単な手順に従って行ってください:

  1. カードリーダースロットまたは外部カードリーダーを使用して、Micro SDカードをMacに接続します。
  2. Finderを開き、Micro SDカードを探します。find SD card in finder
  3. Finderの左ペインで、カードを右クリックし、「情報を見る」を選択します。または、Command + I を押すと同じ作業を行えます。sd card info
  4. 「共有と権限」セクションに進んで、鍵のアイコンをクリックしてください。設定のロックを解除するために、プロンプトが表示されたらMacの管理者の資格情報を入力してください。
  5. 権限列で、ユーザーeveryoneに対するオプションを「読み取りと書き込み」に変更してください。edit sd card permissions

方法2: ファーストエイドの実行

MacOSには、Windowsにおけるディスク管理に似た組み込みユーティリティ、ディスクユーティリティがあります。ディスクユーティリティ内には、ファーストエイド」という機能があり、Micro SDカードの書き込み保護を解除するディスクエラーを修復します。では、このユーティリティを実行する方法について詳しく見ていきましょう:

  1. アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティに進んでディスクユーティリティを開きます。
  2. 左側のパネルで外部デバイスの中からMicro SDカードを選択します。次に、上部のオプションの中から「ファーストエイド」機能を探します。select first aid
  3. 指示に従ってファーストエイドを実行します。preform first aid

これによりディスクユーティリティはディスクエラーを見つけて修正できるようになり、書き込み保護の問題も含まれます。処理が完了したら、カードがアクセス可能になったかどうかを確認できます。

方法3: カードのフォーマット

Micro SDカードをフォーマットすると、特にカードがMacでサポートされていないフォーマット(たとえば、NTFSフォーマット)になっており、読み取り専用になっている場合、書き込み保護の問題が効果的に解決されます。以下の指示に従ってMicro SDカードをフォーマットしてください:

  1. アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティに進んでディスクユーティリティを開きます。
  2. 左側のパネルで利用可能な外部デバイスの中からカードを選択します。次に「消去」を選択します。select erase SD card
  3. 好みのSDカード名とMicro SDカードに適したファイルシステムを入力します。今、「消去」ボタンをクリックして確認します。perforn SD card format

カードをフォーマットすると、ドライブ内のすべての情報やデータが削除されます、書き込み保護の属性も含まれます。

結論

WindowsまたはMacを使用している場合でも、この包括的なガイドには、Micro SDカードの書き込み保護を自分で簡単に解除するために必要な応急処置の方法が含まれています。システム設定を変更したり、デバイスをフォーマットする前には、ファイルが失われる可能性を防ぐために、ファイルのバックアップを取ることを忘れないでください。必要に応じて、Micro SDカードから重要なファイルを復旧するために、Disk Drillのようなデータ復旧ツールを頼りにすることができます。

当社の簡単な指示に従えば、あなたはすぐにMicro SDカードに再びデータを書き込むことができるはずです。

FAQ:

まず、SanDisk SDカードの書き込み保護ロックスイッチがオフになっているかを確認してください。ロックスイッチがオフにも関わらずSDカードが書き込めない場合は、Diskpartユーティリティを使って書き込み保護を無効にしてみてください。Diskpartで書き込み保護を無効にすることが失敗した場合、レジストリを変更することで、最終的にSanDisk Micro SDカードの書き込み保護を解除することができます。
書き込み保護スイッチをオンにしたこと、ウイルスの攻撃、あなたのPCに生じたSDカードを読むことを失敗するエラー、もしくはあなたのカードが故障しつつあることなどが原因かもしれません。または、ファイルが失われるのを防ぐために自動的に書き込み保護機能を活性化する何かかもしれません。
最後の手段として、SDカードをフォーマットすることです。これによりすべてのデータが削除され、SDカードは工場状態にリセットされます。だからこそ、SDカードのデータをデータ復旧ソフトウェアを使ってバックアップコピーを作成することをお勧めします。
書き込み保護ロックスイッチがないSDカードの書き込み保護を解除するには、WindowsでDiskPartやレジストリエディタを使用できます。Mac OSでは、SDカードのシステム権限を読み取り&書き込みに変更するか、Disk Utilityを使用することもできます。 これらの方法がどれも効果がない場合は、ドライブをフォーマットして、すべてのデータとともにカードの書き込み保護属性を消去することも試みることができます。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。