ホーム フラッシュドライブリカバリー

フラッシュドライブリカバリー

USBフラッシュドライブが認識されない問題を素早く修正する方法

0
USBドライブはとても便利ですが、それでも頭痛の種になることがあります。論理損傷や破損などの問題が発生した場合、USBドライブには未割り当てのスペースがあるかのように見えることがあります。これは誤読で、データはまだ存在しているのですが、アクセスできない状態になっています。したがって、USBの内容を回復するためには迅速に行動する必要があります。 この記事では、どのコンピュータでも検出されないフラッシュドライブからデータを回復する方法と、それを修正する方法について説明します。 認識されないUSBからデータを回復する方法 たとえUSBドライブがWindowsエクスプローラに表示されなくても、コンピュータがそれを登録している可能性があります。ディスク管理で可視化され、正しいサイズが表示されていれば、認識されないフラッシュドライブからデータを回復することができます。ディスク管理に表示されない場合は、まず読み取り可能にする方法を試してください。 データ回復のため、データ回復ツールDisk Drillを使用します。これは、表示されないサムドライブを含め、ほぼあらゆるデバイスからデータを回復するよう設計されています。無料版では最大500MBのデータを回復することができます。成功するための鍵は、素早く行動し、データが回復されるまでUSBを使用しないことです。 以下の指示に従って、認識されないサムドライブからデータを回復してください。 ダウンロードしてあなたのコンピュータにDisk Drillをインストールします。開いてください。 USBを選択し、失われたデータを探すをクリックします。 スキャンが完了したら、見つかった項目を確認するをクリックします。 回復したいファイルに印を付けます。回復の可能性列では、それぞれのファイルを成功裏に回復する可能性を表示します。また、ファイルをダブルクリックすることでプレビューすることができます。準備ができたら、回復をクリックします。 出力先を選択します。データを同じUSBに回復すると、それが破損する可能性があるため、これをしないようにしてください。 完了すると、回復プロセスの詳細を記した概要画面が表示されます。その後で、回復先のフォルダに移動し、ファイルを表示できます。 トラブルシューティングを始める前に:問題を特定する トラブルシューティングを始める前に、問題の原因を特定する必要があります。問題のソースを判断することで、関連しないエリアのトラブルシューティングにかけるであろう多くの時間を節約することができます。 これを行うためには、使用しているポートが故障しているかどうかを確認するために、USBを別のポートでテストする必要があります。別のポートでも動作しない場合は、接続しているデバイスの問題ではないことを確かめるために、USBを別のデバイスに接続してみるべきです。 USBが別のUSBポートやデバイスに接続したときに正常に動作する場合、問題はUSBにはありません。USBがまだ読み取られない場合は、次のセクションに進んでください。 認識されないUSBフラッシュドライブを修正する方法 USBがディスク管理で正しいサイズで表示されない場合は、回復は不可能です。しかし、読み取り可能にするために試すことができるいくつかの解決策があります。以下の方法は、認識されないUSBフラッシュドライブを修正する方法を理解するためのお手伝いとなります。 方法1: マザーボードに直接接続するコンピュータのケースにあるUSBポートは、通常、前面または上面に位置しており、内部の配線を使ってマザーボードに接続されています。これらの配線がいつか損傷を受けた場合、コンピュータケースのUSBポートに接続されたデバイスが認識されなくなることがあります。 これを避けるために、もしUSBメモリドライブが認識されない場合は、コンピュータの背面にあるマザーボードのUSBポートに直接接続してみてください。この方法で直接接続を確保し、コンピュータケースの内部配線による問題を回避することができます。 方法2: USBの接触点を清掃する 時間が経つにつれて、ほこりや汚れなどの物質がたまることがあります。これによってUSBとUSBポートの間に物理的な障壁が生じ、接続を遮断することになります。USBとUSBポートを定期的に清掃することで、これを防ぐことができます。 ほこりを除去する場合は、エアダスターや圧縮空気の缶を使ってほこりを吹き飛ばします。よりしつこい詰まりなどの場合は、綿棒に少量のイソプロピルアルコールを含ませて優しくUSBやポートを清掃します。清掃が完了したら、使用する前に完全に乾かしてください。USB接続のデリケートさに注意し、デバイスが電源オフの状態でUSBポートを清掃してください。 方法3: ハードウェアのトラブルシューティング Windowsには、特定の問題を対象とした多くの強力なトラブルシューティングツールが備わっています。ハードウェアとデバイス」のトラブルシューティングは、USBの問題をスキャンして、認識されないUSBドライブにアクセスできるように修正します。 以下の手順で「ハードウェアとデバイス」のトラブルシューティングを起動して実行します。 スタートを右クリックして、Windows PowerShell (管理者)を選択します。UACによるプロンプトが表示された場合ははいをクリックします。  と入力してEnterキーを押します。 次へをクリックします。Windowsが見つけた問題に基づいて、画面に表示される指示に従います。 方法4: 認識されないUSBのフォーマット USBのフォーマットには、既存のファイルシステムをリフレッシュするか、新しいものを追加する処理が含まれます。このプロセスでは、USB上に存在するすべてのデータが消去されます。フォーマットは、検出されないUSBフラッシュドライブを修正する迅速で効果的な方法として常にありましたが、それは基本的に工場出荷時の設定に復元することです。 USBからファイルを安全な場所に回復した後、読み取りが正常に行われるようにするため、問題を修正するためにフォーマットすることをご希望かもしれません。以下の手順で認識されないUSBをフォーマットしてください。 スタートを右クリックして、ディスクの管理を選択します。 USBボリュームを右クリックし、フォーマットをクリックします。 クイックフォーマットを実行するオプションを確認し、必要に応じてボリュームラベル、ファイルシステム、割り当て単位のサイズを変更します。OKを押します。 操作を確認するプロンプトが表示されたら、OKをクリックします。 方法5: USBドライバーの更新または再インストール コンピュータに接続するすべてのハードウェアにはドライバが必要です。ドライバはデバイス間の通信を確立し維持し、実際にそれらを使用できるようにするものです。USBのドライバが破損しているか古い場合、USBの動作が不安定になったり、Windows 10でフラッシュドライブがまったく表示されなくなることがあります。USBフラッシュドライブが認識されない場合は、これらの簡単な手順に従ってドライバーを更新または再インストールして修正します。 スタートを右クリックし、デバイスマネージャーを選択します。 ...

このサイトはクッキーを使用しています。 このサイトを引き続き使用することにより、あなたはクッキーの使用に同意したことになります。
詳しくはこちら