フラッシュドライブから削除したファイルを復元する方法 [解決済み]

執筆者
72

フラッシュドライブから削除したファイルを復元する

USBドライブは1台のコンピューターから別のコンピューターにデータを移動する際に不可欠なデバイスです。しかし、異なる理由でデータが偶然に削除されることがあります。

幸いなことに、新しいデータによって上書きされるまで、ファイルはドライブ上に完全な状態で存在します。これはデータ喪失のあとでドライブの使用を止めれば、ファイルを復旧する良いチャンスがあることを意味しています。

フラッシュドライブから削除したファイルは復元できますか?

はい、削除したファイルは異なるデータ復旧方法を使うことによってフラッシュドライブから復元することができます。しかし、データが失われた原因が復元の成功の可能性を左右します。

誤って削除されたデータは通常最初にゴミ箱に移動します。しかし、USBペンドライブでは、手動でゴミ箱を有効にしていなければ、ファイルはすぐに完全に削除されたとタグ付けされます。

これらの完全に削除されたファイルは(ゴミ箱を空にする行為、Shift+Deleteで削除する行為などによって)まだ存在しますが、システムから隠された状態で、空きスペースとしてマークされています。

そして、デバイスを使用する時間が経過すると、これらのファイルは新規データや内部プロセスによって上書きされます。これがデータ復旧ツールを使ってできるだけ早急にデータリトリーブを行うことが重要な理由です。データ転送の中断、ファイルの破損、ファイルシステムのエラーやウイルス感染など、ソフトウェアの問題によって引き起こされる他のデータ喪失についても同様です。

しかし、物理的損傷を受けたフラッシュドライブのデータ復旧は特に困難です。この場合、データリトリーブの成功の可能性は低く、しばしばデータ復旧の専門家の助けが必要です。

Disk Drillを使ってフラッシュドライブから失われたデータを復旧してみよう

Disk Drillを使用して削除されたUSBファイルを復旧するためにはコンピュータのエキスパートである必要はありません。それは直感的かつユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、コンピュータースキルが限られているユーザーでも自分自身でファイルを復旧することができるようにプロセスを単純化しています。

USBドライブから削除されたファイルを復旧するために:

  1. ダウンロードして、あなたのコンピュータにDisk Drillをインストールします。インストール中には管理者の資格情報の提供が求められることがあり、ソフトウェアが適切に動作するためにシステム設定を変更する必要があるかもしれません。ポップアップウィンドウがインストールプロセスを案内します。Disk Drillを起動
  2. フラッシュドライブをコンピュータに接続します。オペレーティングシステムによって認識されているかを確認してください。認識されていない場合は、進む前に問題に対処する必要があります。フラッシュドライブが認識されたら、Disk Drillを起動して、利用可能なディスクのリストからそれを選択します。リストからusbドライブを選択
  3. 失われたデータの検索ボタンをクリックして削除されたデータのスキャンを開始します。Disk Drillは好ましい順序で全てのアルゴリズムを実行します。search for lost data on selected usb
  4. 復元可能なファイルをプレビューします。スキャンプロセス中に、復元されたファイルの名前はファイルタイプに基づいて適切なフォルダにリストされます。Pictures、Video、Audio、Documents、Archivesフォルダでファイルをプレビューして、復元したいアイテムであることを確認できます。復元したいファイルを選択してください。select the files for recovery
  5. 選択した後に復元ボタンをクリックします。復元したデータを保存する安全な保存場所を求められます。復元したいデータを破損したり上書きしたりする可能性があるため、影響を受けたフラッシュドライブを使用しないでください。recover selected files to another location

Disk Drillの無料体験版を利用することで、ソフトウェアのアップグレードをせずに最大500MBのデータを復元できます。無料版では、アプリケーションのデータ保護機能も使用できます。これは、フラッシュドライブから削除されたファイルを復元し、この貴重なソフトウェアツールの強力さと有用性を確認する絶好の方法です。

ソフトウェアを使わずにフラッシュドライブから削除されたファイルを復元する方法


ソフトウェアを使用せずにフラッシュドライブからファイルを成功裏に復元する可能性は、デバイスがどのように使用されているか、およびバックアップを取ったかどうかに依存します。多くのユーザーはフラッシュドライブを補助ストレージとして使用し、それをコンピュータに常時接続してはいません。これは、System Restore以前のバージョンからの復元などの内部Windowsツールでは、フラッシュドライブから削除されたデータを正常に復元する可能性が低いことを意味します。

方法1:ごみ箱を確認する


外部デバイスにはデフォルトで非表示にされたごみ箱フォルダがあります。フラッシュドライブでごみ箱機能を有効にしている場合、デスクトップ上のごみ箱経由、またはUSBドライブのフォルダから直接その内容にアクセスできます。

ファイルエクスプローラー > ファイルメニュー > オプション > 表示タブ > 隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示する を有効にし、保護されたオペレーティングシステムファイルを隠す(推奨)がチェックを外していることを確認します。

その後、フラッシュドライブのごみ箱にアクセスし、ファイルシステムに応じて $RECYCLE.BIN、BIN、RECYCLER、または RECYCLED と名付けられることがあります。削除されたファイルがフォルダ内に表示されるはずです。復元したいファイルを指定した場所にコピーするか、ファイルを選択し復元を選んでください。Check Recycle Bin folder on your USB drive

他のシステムファイルを誤って削除または編集しないために、ファイルを復元した後、保護されたオペレーティングシステムファイルを隠す(推奨)を再度有効にすることを忘れないでください。

方法2:バックアップからファイルを復元する


バックアップからの復元は、ソフトウェアを使わずに復元する最善の方法です。残念ながら、多くのユーザーはポータブルストレージとしてフラッシュドライブを使用しているため、バックアップを取る時間をかけません。彼らは、より永続的なストレージにデータをダウンロードし、そのデバイスからファイルがバックアップされるかもしれません。この方法で成功する可能性を減らす別の要因は、バックアップが取れる前にファイルが削除されていた場合です。おそらく、ファイルを保存しようとして代わりに削除してしまったのかもしれません。

ファイル履歴は、ファイルをバックアップおよび復元するためのWindowsネイティブツールです。これはWindows 8以降、バックアップおよび復元機能に置き換わりました。

フラッシュドライブにファイル履歴機能を有効にしている場合、以下の手順を実行することでファイルを復元できる可能性があります:

  1. まず始めに、スタートメニューの検索機能で「Restore your Files with File History」と検索します。
  2. File Historyが開き、回復できるフォルダーがすべて表示されます。オプションからフォルダー/ファイルを選択してください。
  3. その後、ウィンドウの下部中央にある復元ボタン(緑色のボタン)をクリックして、復旧プロセスを開始します。バックアップされたファイルの回復。

方法3:CMDを使った回復

attribコマンドを使用して、失われたデータを復元することができるかもしれません。この方法を試す手順は次の通りです:

  1. WindowsキーとRキーを押してプログラムを実行します。
  2. cmdとタイプして、Enterキーを押してコマンドプロンプトを開きます。
  3. コマンドプロンプトウィンドウで、chkdsk H: /fと入力し、Enterキーを押します(HをUSBドライブのドライブ文字に置き換えてください)
  4. USBドライブでこのコマンドを使用します:ATTRIB -H -R -S /S /D “ドライブ文字”:*.*
  5. Enterキーを押します。コマンドラインを使用してソフトウェアなしでフラッシュドライブから削除されたファイルを復元する方法

成功すると、新しいフォルダーにファイルが見つかります。アプリケーションで使用できるように、ファイルの拡張子を変更する必要があるかもしれません。

方法4:データ復旧センターに依頼する

フラッシュドライブに物理的な損傷が生じた場合や、オペレーティングシステムでアクセスできない場合、データ復旧センターが失われた情報を復元できる可能性があります。これらのデータ復旧の専門家は、データを復旧するために破損したデバイスをクローンするための高度なハードウェアとソフトウェアの技術を使用します。信頼できるサービスであるCleverFiles Data Recovery Centerは、データを成功裏に回復できる場合にのみ料金を請求します。

データ復旧サービスを利用するためには、一般的に次の手順に従う必要があります。

  1. 初期相談のために復旧センターに連絡します。
  2. 無料評価のために影響を受けたデバイスをセンターに送ります。
  3. 回復の料金の確かな見積もりを取得します。
  4. 復旧作業を進めるために承認を与えてください。
  5. 復旧が完了したら、料金を精算後に新しいメディアを介してデータが返却されます。

フラッシュドライブからの偶発的なデータロスを防ぐ方法


ファイルやフォルダをうっかり削除してしまうことは、多くのコンピュータユーザーにとってよくあることです。失われたデータを回復しようとユーザーが必死になることで、不必要なストレスが引き起こされます。大切な写真やオーディオファイルの唯一のコピーを保持する可能性のあるフラッシュドライブにおいては、データの損失は甚大なものとなりえます。

フラッシュドライブのデータ損失のリスクを最小限に抑えるためにはいくつか予防策があります。

 



予防策 説明
💾 データのバックアップを取る これは、すべてのストレージデバイスで行うべき習慣です。大切なものの電子コピーを1つだけ持つのはトラブルを招く原因です。データを守りたいのであれば、バックアップを取ることが大切です!
より便利で自動化されたバックアッププロセスを望むならば、無料のバックアップソフトウェアの使用をおすすめします。
🛡 デバイスのケアを行う フラッシュドライブは破損したり物理的に損傷する可能性があり、データの回復が不可能になることがあります。データの取り扱いには、デバイスの世話も必要です。
☣ マルウェアを避ける マルウェアは説明のつかないファイルの損失を引き起こす可能性があります。システムをアンチウイルスツールで保護することで、悪質なプログラムの影響を受ける可能性を最小限に抑えます。
✋ USBデバイスのデフラグをしない USBデバイスのデフラグは何の得にもなりません—ドライブのパフォーマンスを向上させたりストレージを最適化したりしません。さらに、中断されたときにデータ破損を引き起こし、それによってデータ損失が起きることがあります。

結論

データの損失は決して心地の良い経験ではありません。適切な手順を取ることで、データ損失のリスクを最小限に抑えることができますが、貴重なファイルの安全を完全に保証する方法はありません。制御不能の事情により、フラッシュドライブからデータを復旧する必要に迫られるかもしれません。Windows用のデータ復旧ソフトウェアであるDisk Drillは、成功した復旧を行う最善のチャンスを提供します。データが失われたと気付いたらすぐにフラッシュドライブの使用を停止することで、情報が上書きされるのを防ぎ、Disk Drillにファイルの復旧を任せましょう。

FAQ

削除されたファイルが占めていたスペースは、オペレーティングシステムによって使用可能とマークされます。そのスペースが上書きされるまではデータはまだそこに残っています。
フォーマット済みUSBドライブから削除されたファイルを復旧するには、Disk Drillのような信頼性の高いデータ復旧ソフトウェアを使用できます。ここにやり方があります:
  1. Disk Drillをダウンロードしてインストールします。
  2. フォーマットしたUSBドライブをコンピューターに接続します。
  3. Disk Drillを開き、デバイスをスキャンします。
  4. スキャンが終わるのを待ちます。結果からファイルを選択して、復元をクリックします。
  5. ファイルの保存先を選択し、処理が完了するのを待ちます。
この記事の以前の部分で議論されたattribコマンドを使用できます。
WindowsのUSBごみ箱にアクセスするには、エクスプローラーに行き、ファイルメニュー > オプション > 表示タブ > 隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示するを有効にし、保護されているオペレーティングシステムファイルを隠す (推奨)がチェックされていないことを確認します。それから、$RECYCLE.BIN、BIN、RECYCLER、またはRECYCLEDフォルダを見つけます。
はい。データ復旧ソフトウェアがインストールされている任意のコンピューターを使用して、フラッシュドライブからデータを復旧することができます。
はい。ただし、USBドライブから永久に削除されたファイルは、通常、Windowsの組み込み回復方法では回復できません。無料のデータ復旧ソフトウェアを使用してデータ復旧を試みたり、ファイルがバックアップされているかどうかを確認することができます。
RecuvaやPhotoRecなどのデータ復旧ソフトウェアを使用してUSBデータを無料で回復することができます。ただし、これらのアプリには回復可能なファイルタイプやプレビュー機能が限られているという制限があります。代替として、Windows用Disk Drillの無料トライアルを試すことができます。これは、幅広いファイルフォーマットに対応しており、スキャンしたファイルをプレビューでき、バックアップ機能があり、無料で最大500MBのデータ復旧制限を提供しています。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。