トップ16のベストUSBフラッシュドライブ修復ツール(WindowsおよびMac用)

私たちは推奨するすべてのアプリケーションをテストして、最も信頼性が高く効果的なソリューションを提供します。
manuviraj
執筆者
承認済み
123

best usb repair toolよくあるエラーメッセージや、遅いパフォーマンス、データの欠落は、論理的にダメージを受けたUSBドライブの兆候です。ドライブを修復するためには、USB修復ツールの助けが必要です。そしてはい、インターネットにはそういったツールが豊富にあります。そこで、皆さんの作業を容易にするために、使用できる最良のツール16選をまとめました。

USB修復ツールとは何か?選び方

一般的に、USBドライブは物理的損傷と論理的損傷の2種類のダメージを受けやすいです。USB修復ツールは、フラッシュドライブが論理的にダメージを受けている場合にのみ役立ちます。物理的な損傷(曲がったコネクタ、損傷したNANDフラッシュチップ、水損傷、過熱など)に対処する場合は、プロのUSB修復サービスに連絡してください。

USBドライブの一般的な論理的問題

USBドライブは多くの論理的問題に影響を受けやすいです。各々の問題で症状は異なりますが、共通するのはデータ損失とドライブへのデータ書き込みができないことです。使用するUSB修復プログラムは、直面している問題によります。

次の表をガイドとして使用してください:

問題

説明

解決策

🗂 ファイルシステムの破損 PCには検出されるものの、USBドライブにデータを読み書きすることができません。これは不適切な取り外し、突然の停電、PCクラッシュなどによることがあります。 まずデータ復旧ソフトウェアを使用し、データを回復してください。その後、CHKDSKでUSBドライブをスキャンします。
🦠 マルウェア コンピュータウイルスがUSBのファイルやファイルシステムを破損することがあります。これは一般的に、感染したコンピューターにUSBドライブを接続したときに起こります。 Windows Defenderまたはサードパーティ製のアンチウイルスプログラムを使用してPCをスキャンします。スキャン後、データ復旧ソフトウェアを使用して削除されたファイルを回収します。データ復旧後、ドライブをフォーマットし、ファイルシステムと不良セクタを修正します。
📦 RAWファイルシステム USBドライブのファイルシステムが完全に不足しているか、深刻なダメージを受けていると、Windowsディスク管理ではRAWとして表示されます。 データ復旧ソフトウェアを使用してデータを回復し、その後ドライブをフォーマットします。
💿 不良セクタ 時間が経つにつれ、USBドライブは不良セクタを発達させます。これらはストレージの中でアクセスまたは使用できない領域です。不良セクタはドライブの長期使用の一部ですが、フラッシュディスクの不適切な使用によっても発生することがあります。 データ復旧プログラムを使用してデータを回復し、その後CHKDSKを使用してドライブを修正します。CHKDSKでドライブを修正できない場合は、有料のUSB修復ツールを使用してフラッシュドライブ上の不良セクタを検出・修正してください。

USBフラッシュドライブからファイルを回復する方法

論理的損傷の大半の場合、ペンドライブに保存されたファイルにアクセスすることができません。

修復前に、最初に破損したUSBドライブから全てのデータを回復することをお勧めします。修復プロセスでファイルが削除される可能性があり、時にはドライブをフォーマットして修復するしかありません。

幸運なことに、PCにドライブが検出されていれば、そのデータの大部分、あるいは全てを回復することができるはずです。どうやって?さて、サードパーティ製のデータ復旧ソフトウェアを使用することによってです。

選ぶことができるオプションはたくさんありますが、Disk Drillを使用することをお勧めします。なぜなら、USBドライブのバックアップ(ディスクイメージ)を作成し、そのバックアップをスキャンして回復可能なデータを検出できるからです。ドライブに負荷をかけ、これ以上のデータ損失を引き起こす可能性があるため、USBドライブを直接スキャンして回復可能なデータを検出することはお勧めしません。

USBドライブのディスクイメージを作成し、それをスキャンしてデータを取り戻す方法は以下の通りです:

Disk Drillを使用してUSBドライブのディスクイメージを作成する

  1. Disk Drillをダウンロードしてインストールします。
  2. USBドライブをPCに接続します。
  3. Disk Drillを開き、「Extra Tools」の下にある「Drive Backup」オプションをクリックします。
  4. USBドライブを選択し、「Byte-to-byte Backup」ボタンをクリックします。Disk Drill内のByte-to-byte Backup画面
  5. USBドライブのディスクイメージを保存する場所を選択し、「OK」をクリックします。ディスクイメージの保存先プロンプト。
  6. Disk Drillがディスクイメージを作成します。ディスクイメージが作成されました。

Disk Drillを使用してUSBドライブのディスクイメージをスキャンする

  1. Disk Drillを開き、「Data Recovery」の下の「Storage Devices」タブにいることを確認します。
  2. 「Attach disk image」オプションをクリックし、ペンドライブのディスクイメージを探します。ダブルクリックします。これによりDisk Drillにマウントされます。Disk Drill内のAttach disk imageオプション。
  3. フラッシュディスクのディスクイメージを選択し、「Search for lost data」をクリックします。Disk Drill内のSearch for lost dataオプション。
  4. 「Review found items」をクリックするか、回復したいファイルタイプを直接クリックします(「Pictures, Video, Audio, Documents, Archives,」および「Other」Disk Drill内のReview found items画面。
  5. チェックボックスを使用して目的のファイルを選択し、「Recover」をクリックします。現在選択しているファイルのプレビューがDisk Drillに表示されます。USBドライブに存在する全てのファイルはこの画面の「Existing」メニューにあります。削除されたファイルや復元されたセクションを表示・回復するには、「Deleted or lost」または「Reconstructed」セクションを展開してください。Disk Drill内の回復可能なファイルのリスト。
  6. 回復先を選択し、「Next」をクリックします。Disk Drill内の回復先プロンプト。
  7. Disk Drillがファイルを回復します。

最高のUSB修復ツール


私たちのリストでは、フラッシュドライブ修復ツールを3つの異なるカテゴリーに分配しました。無料の組み込みツール、有料ツール、およびUSBドライブブランド固有の修復ツールです。

WindowsとmacOSにおける無料の組み込みフラッシュドライブ修復ユーティリティ


USBドライブに軽度の論理的損傷がある場合、WindowsとMacに組み込まれたディスク修復ユーティリティがそれを修復するのに十分です。これらは、信頼性の高さと無料であること、追加のダウンロードが不要であるという追加の利点を提供します。

1. CHKDSK(Windows)


CHKDSKの構文。

CHKDSK(check disk」の略)は1980年からあるコマンドラインユーティリティです。その名前が示すように、ストレージドライブの不良セクターをチェックし、修復します。CHKDSKは、コマンドプロンプト、Windowsターミナル、Windows PowerShell、またはDOSプロンプトを使用して実行できます。

Pros

  • 無料で使用でき、さまざまなパラメーターを使用してさまざまな方法で実行できます。
  • 不良セクターや損傷したファイルシステムの検出と修正に長けています。
  • FAT32およびNTFSファイルシステムの両方に対応しています。


Cons
  • RAWのUSBドライブには機能しません。
  • 修復プロセス中にデータを削除する可能性があります。
  • GUIベースのフラッシュドライブ修復ツールほど使いやすくはありません。

2. Diskpart(Windows)


WindowsにおけるDiskpart。

DiskpartはWindowsにプリパッケージされた別のコマンドラインツールです。CHKDSKとは異なり、USBのファイルシステムを修復するわけではありません。代わりに、工場状態にUSBドライブをクリーニングしてフォーマットすることができます。Diskpartは、パーティションテーブルの変換や、パーティションの作成/変更/削除、ディスク属性の変更など、追加機能をたくさん提供します。

こちらからdiskpartを使用してUSBドライブをフォーマットする方法をご覧いただけます。

Pros

  • コンピューターのストレージドライブを管理する際に非常に高いコントロールと柔軟性を提供します。
  • コマンドラインツールであるため、Windowsが起動しない場合でも、Windows Recovery Environmentで実行することができます。


Cons
  • まずデータを削除しないとUSBドライブを修復することはできません。
  • 使い勝手が良くありません。フォーマットを行うには、多数のコマンドを連続してタイプする必要があります。

3. GUIディスクエラーチェックツール(Windows)


Windowsのエラーチェックツール。

WindowsのDisk Error Checking Toolは、事実上chkdskのGUIバージョンです。コマンドプロンプトでコマンドを入力する過程を省略できるため、chkdskよりもユーザーフレンドリーです。しかし、chkdskコマンドラインユーティリティと同じレベルの柔軟性やパラメーターを提供するわけではありません。

Pros

  • 数回クリックするだけでUSBドライブをエラーチェックできます。新しいPCユーザーでも簡単に使用できます。
  • USBドライブのファイルシステムを検出し、修復します。


Cons
  • コマンドラインベースの対応者と比べて機能が限定されています。
  • USBドライブがWindowsエクスプローラーに表示されない場合は使用できません。

4. First Aid(macOS)


macOSのディスクユーティリティ。

macOSのDisk Utility内のFirst Aid機能はWindowsのCHKDSKと似ています。ドライブのファイルシステムエラーを検出し修復します。コマンドを実行する必要はなく、GUIベースの機能です。実際、WindowsのGUIディスクエラーチェックツールよりも使いやすいです。USBドライブからファイルが消えたり、パフォーマンスが遅くなったり、ランダムなエラーメッセージが表示される場合には、優れた修復オプションです。

Pros

  • 非常にユーザーフレンドリーです。
  • ストレージドライブの予防保守に最適です。小さなファイルシステムの問題が生じたときに対処するために、定期的にFirst Aidを実行することをお勧めします。


Cons
  • 限られた機能性。小規模なファイルシステムエラーの修復のみに適しています。
  • macOSがUSBドライブを検出していない場合は使用できません。

5. Windows Defender (Windows)


Windows Defender scan options.

コンピュータウイルスは一般に、USBドライブの破損やその他の論理的問題の原因となります。これは通常、USBドライブを感染したコンピュータに接続した時に発生します。USB上で論理的問題や破損がマルウェアによって引き起こされていると疑われる場合は、Windows Defenderでスキャンすること(Windows Vista以降に付属)が良いでしょう。フルスキャンでPC全体をスキャンすることもお勧めします。

Pros

  • 追加コスト無しでも有能なアンチウイルスソリューション。
  • カスタムスキャンでは、マルウェアの存在を疑う特定のフォルダをスキャンすることができます。これにより時間が節約されます。


Cons
  • 接続されたときに自動的にUSBドライブをスキャンしません。
  • 定期的なスキャンは内部ストレージドライブに限られています。

有料のUSB修復ツール


もし無料のツールでUSBスティックを修復できなかった場合は、有料オプションを検討しなければなりません。有料ツールはより広範な機能性、より良い使いやすさを提供し、通常より良い結果を出します。小さなファイルシステムの破損よりも複雑な問題が発生している場合も対処できます。

6. AOMEI Partition Assistant (Windows)


Aomei Partition Assistant.

AOMEI Partition Assistantはパーティショニングとディスク管理能力において他のツールと比較しても群を抜いています。Windowsディスクの管理よりも簡単で機能的な方法で、USBドライブのフォーマット、パーティション、修復を実施できます。プレミアムバージョンのプログラムを使用して、USBドライブから失われたパーティションの回復も可能です。

Pros

  • 単一のインターフェース内でパーティションの管理と回復ができる能力。AOMEI Partition Assistantの機能は、USBドライブの修復を超えて広がっています。
  • 機能豊富な無料プラン。
  • ツールを使用してマスターブートレコード(MBR)を再構築できます。
  • Windows回復環境に統合することで、Windowsがブートできない場合でもプログラムを使用できます。


Cons
  • 無料バージョンのパーティション回復機能には制限があります。回復可能なパーティションを表示できますが、回復はできません。
  • プレミアムプランは高価です。
  • Windowsでのみ実行できます。



価格:無料のスタンダードバージョンがあり、有料プランは$39.95からスタートです。

7. ALSOFT DiskWarrior (Mac)


Alsoft DiskWarrior in macOS.

DiskWarriorは最も古いMac専用のディスク修復プログラムの1つで、USBドライブのディレクトリーやファイルシステムを再構築したい場合には優れた選択です。しかしながら、これにより使用範囲がかなり限定されます。USBドライブから削除されたファイルを回復したい場合、DiskWarriorでは対応できません。HFS+ファイルシステムでフォーマットされたディスクのみをサポートしています。

Pros

  • 直感的で使いやすいインターフェース。
  • 非常に高速な修復スピード。
  • macOSディスクユーティリティで修復できない破損したファイルやファイルシステムを修復します。
  • リカバリーモードでMacを起動している間DiskWarriorを実行するためのフラッシュドライブが付属しています。


Cons
  • 無料トライアルがありません。
  • Windowsファイルシステム(FAT32、NTFS、exFAT)や最新のmacOSファイルシステム、APFSをサポートしていません。
  • ファイルを回復しません。

価格設定:シングルコピーで$119.5。DiskWarriorフラッシュドライブを含む。

8. DiskGenius (Windows)

DiskGeniusホーム画面。

USBドライブの破損の原因がバッドセクタである場合、DiskGeniusはそれらのバッドセクタを確認して修復するための良い選択肢として提供されます。検証プロセスはリードオンリーなので、データ損失を心配する必要はありません。しかし、修復プロセスではファイルが削除される可能性があるため、DiskGeniusを使用する前にUSBドライブのディスクイメージを作成することをお勧めします。

Pros

  • データ復旧ソフトウェアとディスク修復ソフトウェアが一つのパッケージに。
  • USBドライブのバッドセクタを検証して修復できる機能満載の無料バージョン。
  • RAWのUSBドライブに対応。
  • パーティションテーブルのバックアップと復元が使用できる。
Cons
  • 複雑なUI。
  • ライブチャットと電話サポートがなく、サポートが劣る。
  • Mac固有のファイルフォーマットに対応していない。

9. Outbyte Driver Updater (Windows)

Outbyte Driver Updaterホーム画面。

古いドライバはUSBドライブが機能不全に陥る一般的な理由の一つです。そして、Windowsは新しい更新が出るとすぐに必要なドライバを更新することに頼ることができません。Outbyte Driver Updaterは、PCをスキャンして破損または古いドライバを検出することでこれを解決します。Outbyte Driver UpdaterのUI内から直接、ドライバをダウンロードしてインストールすることができます。

Pros

  • 破損または古いドライバを手動で発見する手間をなくす。
  • 古いドライバのバックアップを取ることで簡単にロールバックが可能。
  • PCオプティマイザが含まれている。
Cons
  • USBのファイルシステムを修復したり、壊れたパーティションを復元することはできない。
  • ワンタイム購入オプションがない。

価格設定:7日間の無料トライアル。3ヶ月サブスクリプションで$29.95。

10. Nortonアンチウイルスソフトウェア (WindowsおよびmacOS)

Norton Antivirusホーム画面。

PCやMacに組み込まれているウイルス対策ソリューションは十分に能力があるものですが、それでもNortonのアンチウイルススイートよりは良くありません。Nortonを使用すると、USBドライブをPCに接続するたびに自動的にスキャンし、マルウェアを検出するように設定することができます。さらに、Norton Antivirusのウイルス定義は定期的に更新され、コンピュータの組み込まれたアンチウイルスが検出できない最新の脅威を検出して削除することができます。

Pros

  • macOSとWindowsに内蔵されたセキュリティプログラムよりも優れたウイルス検出と削除。
  • 定期的なPCスキャンを設定して脅威を検出されるとすぐに削除する。
  • 高いカスタマイズ性。
Cons
  • 無料版がなく、限定された7日間の無料トライアルのみ。
  • PCが頻繁に脅威にさらされる場合のみ意味があります。そうでなければ、組み込まれたプログラムで十分です。

価格設定:7日間の無料トライアル。プランは年間$59.99から始まります。大幅な割引が利用可能です。

メーカー固有のUSB修復ツール

有名なUSBブランドには、それらのブランドが製造したペンドライブを修復したい場合に使用できる、通常は無料のUSB修復ツールがあります。これらのツールは信頼性が高く、CHKDSKやDisk Utilityよりも多機能なものが欲しいけれども、万能なサードパーティ製USB修復プログラムに高額を払いたくない場合に良い選択肢です。

11. Transcend JetFlash Online Recovery

Transcend JetFlash USB復旧ソフトウェア。Transcend JetFlash USBドライブを所有していて、正しく機能していない場合、TranscendのJetFlash Online Recoveryツールを使ってUSBドライブをデフォルト設定に復元することができます。このプロセスはドライブ上のすべての既存ファイルを消去するため、ツールを使用する前にまずTranscend USBドライブからデータを回復してください。

Pros

  • Transcend JetFlash USBドライブ用に承認されたリセットツール。
  • 無料で使用可能。
  • シンプルで使いやすいUI。
Cons
  • USBドライブ上のすべての既存データを消去します。
  • JetFlash 780ドライブの16 GB以下のみ対応。

12. Kingston Format Utility

Kingston Format Utility.

Kingston USBドライブを所有していれば、メーカー自身のフォーマットユーティリティを使ってドライブを工場出荷時の設定に戻すことができます。これにより、すべてのウイルス、ファイルシステムの問題、ファイル自体を取り除くことができます。

Pros

  • 使い方が簡単。ドライブを選択し、フォーマットしたいファイルシステムを指定し、OKをクリック。
  • ダウンロードサイズが小さい。
  • 無料で使用可能。
Cons
  • Windowsの組み込みフォーマットツールと比べて機能に顕著な違いはありません。
  • 長い間更新されていません。

13. Apacer USB Repair Tool

Apacer USB Repair.

Apacer USB修復ツールはApacer製のUSBドライブだけでなく他社製のドライブにも使えます。このツールを使用して、USBドライブをフォーマットするか、リストア」して工場出荷時の設定に戻すことができます。どちらのオプションもすべてのデータを削除します。このツールはプロセス中に遭遇するすべての論理的な問題を解決します。

Pros

  • フォーマットとリストアの2つのオプションでシンプルなUI。
  • 他社製のUSBドライブにも使用可能。
  • 無料で使用可能。
Cons
  • プログラムの効果的な使用方法に関する公式文書がありません。
  • プログラムが専門的に見えず、あまり信頼を与えません。

価格:無料。

14. Seagate SeaTools

Seagate SeaTools dashboard.

SeagateのSeaToolsユーティリティはPCのハードドライブをチェックし修復するために通常インストールされているプログラムです。しかし、USBドライブとの互換性もあり、ドライブの健康状態をチェックし、遭遇する問題を解決するために使用することができます。SeaToolsはUSBドライブのバッドブロックを診断し修復することができます。

Pros

  • 信頼できるブランドによって開発されたので安心。
  • ハードドライブの管理と修復にも使用できます。
  • 修復ツールに加えてフォーマットユーティリティとしても利用可能。
  • Seagate製以外のドライブにも対応。
Cons
  • 複雑なユーザーインターフェース。
  • 修理プロセスに時間がかかる。



価格: 無料。

15. Silicon Power USBフラッシュドライブリカバリーソフトウェア


Silicon Power USB Repair software.

USBが書き込み保護されている場合、フォーマットできない場合、またはPCに認識されない場合、Silicon Power USBフラッシュドライブリカバリーソフトウェアがUSBドライブの修理を支援します。すべてのペンドライブをサポートしますが、Silicon Power USBドライブ専用に設計されています。

Pros

  • 使いやすい。
  • ダウンロードパッケージが218 KBと小さい。
  • すべてのUSBドライブで機能する。


Cons
  • 2016年以降更新されていない。
  • データを削除せずにドライブを修理することはできない。



価格: 無料。

16. PNY UFIX III


PNY UFIX III window.

PNYまたはHPのUSBドライブをお持ちの場合、PNY UFIX では、書き込み保護されたりWindowsでアクセスできない場合でもUSBドライブのフォーマットと修理が可能です。インターフェースは古めで、プログラムを復元する終了するかを選べます。ツールを使用する前に、すべてのデータを必ずバックアップする必要があります。

Pros

  • 書き込み保護されているドライブでもフォーマットと修理ができる。
  • オプションで戸惑うことがないインターフェース。
  • 無料でダウンロードして使用できる。
  • インストール不要。


Cons
  • PNY UFIXは定期的に更新されない。最後の更新は2017年。
  • HPとPNYのUSBドライブにのみ互換性がある。



価格: 無料。

FAQ


WindowsとmacOSにはCHKDSKやディスクユーティリティといった内蔵ディスク検査ツールがあります。これらを使用してUSBドライブを修理できます。それらが機能しない場合は、ブランド特定の修理ユーティリティをダウンロードしてペンドライブを修理してください。


論理的に損傷したUSBドライブはフラッシュドライブ修理ソフトウェアを使用して修理できます。物理的に損傷したドライブは地域の専門のデータ復旧サービスに依頼して修理することができます。


USBフラッシュドライブを修理するには、内蔵ディスク検査ツールを使用するか、サードパーティ製のフラッシュドライブ修理ユーティリティをダウンロードする必要があります。物理的な損傷がある場合は、インターネット上で専門のデータ復旧サービスに連絡できます。


USBドライブの不良セクターをクリアするには、WindowsのCHKDSKまたはmacOSのディスクユーティリティを使用してください。また、ドライブを完全にフォーマットすることもできます。



manuviraj
Manuviraj Godaraは、4年以上の経験を持つプロのコンテンツライターです。彼の技術に対する絶えず増大する魅力と経験が、データリカバリや消費者技術に関連するコンテンツを作成する原動力となっています。彼の作品はMakeUseOf.comHandyRecovery.でも見ることができます。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。