ホーム ハードドライブリカバリー

ハードドライブリカバリー

repair corrupted hard disk

CMDを使用した破損したハードドライブの修復方法、フォーマット及びその他の方法

0
ハードドライブの破損はデータ損失の中で最悪のタイプの一つであり、いつでも起こり得ます。発生する可能性を最小限に抑えるためにできる対策がありますが、完全に安全であるという保証はありません。 もしハードドライブが破損してしまった場合は、迅速に行動を起こしてデータを安全に回復し、ハードドライブを作動状態に復旧させる必要があります。ハードドライブの破損をどのように修復するか以下で説明します。 ハードドライブが破損した場合に行うべきこと ハードドライブが破損したことを発見したら、以下の二つの重要な行動を取る必要があります: 使用を停止する(できれば安全にアンプラグする) そのデータを回復する。 ドライブの使用を停止すべき理由は、データが実際に消えているわけではなく、危険な状態にあるからです。例えば、内蔵ハードドライブからデータを回復する必要がある場合には、回復を行う準備ができるまで使用を控えることで、データが上書きされ回復不可能になる可能性を減らすことができます。 破損したハードドライブからデータを取得する方法 破損したハードドライブの修復を試みる前に、まずは失うことなくデータを回収することを考えるべきです。 破損したハードドライブからデータを取得する方法は、あなたの状況に応じるでしょう。 シナリオ1: ドライブが表示され、正しいサイズを読み取っている場合 ハードドライブがディスク管理で見えており、正しいサイズを表示している限り、データを少ない問題で回復する良い可能性があります。安全に行うために、私たちはDisk Drill Data Recoveryを使用して、ライブドライブ上でのデータ回復に関わるリスクを排除するために、破損したハードドライブのディスクイメージを作成します。 ダウンロードしてDisk Drillをインストールします。 Drive Backupをクリックします。 ドライブを選択し、Byte-to-byte Backupをクリックします。 バックアップの保存先を選び、OKをクリックします。 Storage devicesに戻り、ディスクイメージを添付します。 ディスクイメージを選択し、Search for lost dataをクリックします。 スキャンが終了したら、Review found itemsをクリックします。すぐにすべてを回復したい場合は、代わりにRecover allをクリックします。 ...

Windows コンピュータで SSD が表示されない場合の対処方法

0
ソリッドステートドライブ(SSD)の台頭と従来のハードディスクドライブ(HDD)に比べたパフォーマンスの利点により、平均的な消費者がスイッチすることに懸念する理由はほとんどありません。しかし、ソリッドステートドライブにも欠点がないわけではなく、残念ながらドライブがまったく表示されなくなる問題に直面することがあります。 この問題は、新品であろうと寿命が尽きかけていようと、どのソリッドステートドライブにでも起こり得ます。幸いなことに、それを修正する方法はあります。SSDが表示されない場合に何をすべきか、読み進めてください。 Windowsで私のSSDが表示されないのはなぜですか? SSDドライブが表示されない理由は多数あり、問題の原因を特定することが解決策を見つけるのに役立ちます。ここに、SSDが表示されなくなる最も一般的な理由を挙げます。 問題 説明 💥 物理的な損傷 物理的なインシデントの後にSSDが表示されなくなった場合、物理的損傷が表示されない原因となっている可能性があります。通常、ドライブが読み取られなくなった場合、それからのリカバリーはプロのデータ復旧サービスを利用する以外に方法はありません。 🔻 初期化されていないドライブ ディスクが初期化されていない場合、WindowsはSSDを検出しないことになります。ディスクを初期化すると、パーティションテーブルが準備され、パーティションを作成して、データを保存するためのファイルシステムでフォーマットできます。 🔠 ドライブ文字がない Windowsは、接続されたすべてのストレージデバイスにドライブ文字を割り当てます。したがって、ドライブ文字が割り当てられていない場合、SSDが表示されない可能性があります。 🔧 古いまたは破損したドライバドライバは、ハードウェアとオペレーティングシステムとの通信を可能にします。SSDが表示されない場合、古くなったり破損したりして機能していない可能性のあるドライバが原因であることがあります。 🖥 BIOS設定の誤り 最近接続したドライブについて、BIOSに正しい設定がなされていないため、WindowsがPC上で新しいSSDを見つけられない場合があります。たとえば、接続しているSATAポートが有効になっていない可能性があります。 🗄 ファイルシステムの非互換性 使用するファイルシステムは重要です。SSDがWindows、macOS、Linuxのファイルシステムをサポートしている場合でも、オペレーティングシステムがそれをサポートしていないことがあります。たとえば、APFSでフォーマットされたSandisk SSD Plusは、Windowsマシンでは読み取れません。 表示されないSSDからデータを回復することは可能ですか? PCがSSDを認識しない場合でも、場合によってはデータを回復することが可能です。回復を行うためには、SSDがディスク管理に表示され、正しいサイズを示している必要があります。これらの条件を満たした場合、Disk Drill Data Recoveryのようなツールの助けを借りて、自分でSSDのデータを回復することができます。 SSDにTRIMが有効になっている場合、TRIMがデータを消去する前に迅速に行動する必要があります。 Disk Drillをダウンロードして、正常なドライブにインストールします。 SSDを選択し、失われたデータを探すをクリックします。 見つかった項目をレビューするをクリックします。または、すぐにDisk Drillが見つけたものすべてを復元するには、すべてを回復するをクリックします。 SSDから回復したいファイルにマークを付けます。結果を整理するためにフィルタオプションを使用し、プレビューパネルを使用して回復するものを確認します。ファイルを復元する準備ができたら回復をクリックします。 適切な回復場所を選択し、Disk Drillで回復を完了するために次へをクリックします。 Disk Drillはほとんどのブランドに対応しており、SanDisk、Crucial、Western Digital、およびSamsung SSD 回復などをサポートしています。これでデータが回復したので、次はSSDを修正する方法について見ていきましょう。 ファイルエクスプローラで表示されないSSDを修正する方法SSDの機能を復旧するために使用できるさまざまな方法を紹介しました。何も見逃さないように、それぞれを方法的に進めてみてください。 方法...

外付けハードディスクが検出されない場合のデータ復旧方法

0
外付けハードドライブがコンピューターに認識されないときは、まるでデータ全てが手の届く範囲でロックされたかのように感じます。一般的なコンピューターの再起動を行っても、外付けハードドライブの内容にアクセスする明確な方法はまだ見えてきません。 この問題は様々な理由で発生する可能性があります。外付けハードドライブに繰り返しアクセスしようと疲れ果てる前に、検出されないときの外付けハードディスクデータの復旧方法について読み進んでください。 外付けハードドライブが検出されない理由 外付けハードドライブの問題は多くの形で現れます。コンピューターによって突然読み取り不可能になった外付けハードドライブには、以下のような一般的な問題が原因で起こるかもしれません: 問題 説明 ❌ 不適切なデバイスの取り外し 外付けハードドライブを安全に取り外さないと、ファイルの重要な書き込みプロセスが中断され、ファイルが破損するか、最悪の場合はファイルシステムが破損する可能性があります。 💾 外付けハードドライブの破損 外付けハードドライブのファイルシステムが破損すると、Windowsコンピューターによる読み取りに失敗するかもしれません。 🔧 ドライバーの古いまたは破損 ドライバーはハードドライブとコンピューター間の通信を担います。ドライバーが古い、または破損していると、この通信が解決されるまで断絶する可能性があります。 💥 ハードウェアの不具合 外付けハードドライブの物理的な損傷は非常に深刻であり、損傷の程度によっては、ドライブが恒久的に読み取れなくなることがあります。 外付けハードドライブのトラブルシューティングは、原因が分かっていれば比較的簡単です。とはいえ、次のセクションでは、ディスク管理で見えるが検出されていないハードドライブを修復する方法、および検出されないハードディスクからデータを復旧する方法について説明します。 ディスク管理に表示されている外付けハードドライブを修復する方法 外付けハードドライブがディスク管理に表示され、正しいサイズが反映されている場合、修復する良いチャンスがあります。以下の解決策は、外付けハードドライブへのアクセスを復旧するために有効であり、中にはフォーマットせずに外付けハードドライブを復旧する方法も含まれています。恒久的なデータ喪失のリスクを増やさないよう、これらの解決策を試みてください。 方法 1: データ復旧ソフトウェアでデータを復旧 ハードドライブが検出不可能な際、最初に試すべきはデータ復旧ソフトウェアです。原因が分からない状態で、あなたが行うアクションはデータに悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、最初のステップは外付けハードドライブのコピーを作成し、取り出せるデータを復旧することです。そのために、Disk Drillを使用します。 認識されない外付けハードドライブからデータをバックアップして復旧する手順は以下の通りです: Disk Drillをダウンロードして開きます。 ドライブバックアップをクリックします。 外付けハードドライブを選択し、バイト単位のバックアップをクリックします。 バックアップを保存する場所を選び、OKをクリックします。 完了したら、データ復旧タブをクリックし、ディスクイメージの添付をクリックします。作成したディスクイメージを選び、失われたデータの探索をクリックします。 スキャンが完了したら、見つかった項目の確認をクリックします。 バイト単位のコピーから復旧したいファイルを選び、復旧の見込みの列で各ファイルの復旧可能性を確認します。準備ができたら、回復をクリックします。 外付けハードドライブ以外の出力場所を指定し、次へをクリックします。 デモンストレーションの通り、Disk Drillでは、ハードディスクがディスクの管理で読み取り可能かつ正確であれば、認識されない外付けハードディスクデータの復元が簡単に行えます。 方法2: CheckDiskを使った修復 CheckDiskは、Windowsに含まれる修復ユーティリティで、さまざまなハードドライブ関連の問題を修正することに特化しています。非常にカスタマイズ性が高く、実現したいことに基づいてパラメーターを追加したり減らしたりすることができます。 CheckDiskを使用して外付けハードドライブを修復するには、以下の指示に従ってください: スタートを右クリックし、Windows PowerShell (管理者)をクリックします。 chkdsk D:...

このサイトはクッキーを使用しています。 このサイトを引き続き使用することにより、あなたはクッキーの使用に同意したことになります。
詳しくはこちら