ホーム WINDOWS データ復旧

WINDOWS データ復旧

how to recover deleted files from recycle bin via disk drill

簡単にごみ箱から削除されたファイルを復元する方法

0
Windowsのゴミ箱は、オペレーティングシステムの初期の頃からその一部となっています。ゴミ箱は削除されたファイルやフォルダを一時的に保持する特別なフォルダです。何百万人ものユーザーが間違って削除したファイルを迅速に復元できるようになることで、長い間役立ってきました。 しかし、必要なファイルがそこにない場合はどうすればいいでしょうか?なぜそうなるのでしょうか?この記事では、ゴミ箱にファイルが表示されない理由と、それに対してあなたができることについて説明します。 ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法 削除したファイルを探す場合、ゴミ箱が最初にチェックする場所です。これは、オペレーティングシステムが最近削除したファイルやフォルダを一時的に保管するために使用する特別なフォルダです。以下の簡単な手順に従ってください: デスクトップのアイコンをダブルクリックしてWindows 11のゴミ箱を開きます。 復元したいファイルを選択します。キーボードのCTRLボタンを押しながら個別のファイルをクリックすると、選択に追加できます。すべてのファイルを選択する場合は、CTRL + Aキーの組み合わせを押すことができます。 選択したファイルのどれかを右クリックして復元をクリックします。ファイルは元の場所に戻ります。または、選択したファイルを任意の場所にドラッグアンドドロップすることもできます。 空にしたゴミ箱からファイルを復元することは可能ですか? はい、ゴミ箱を空にした後でもファイルを復元することは可能です。その理由は次の通りです:コンピュータからファイルやフォルダを削除すると、論理的には元の場所からゴミ箱に移動されます。ゴミ箱を自動的または手動で空にすると、オペレーティングシステムによってデータへの論理リンクが削除されます。 このアクションにより、データはアプリケーションからはアクセスできなくなりますが、直ちに物理的にストレージデバイスから削除されるわけではありません。空にしたゴミ箱内のアイテムが以前占めていたスペースは、オペレーティングシステムが新しい情報を保存するために利用可能になります。オペレーティングシステムがこのスペースを使用して以前のデータを上書きするまでは、データ復旧ソフトウェアを使用してファイルを取り戻すことができます。 空にしたゴミ箱から削除したファイルを復元する方法 Windowsのゴミ箱は削除されたファイルを一時保存しておく場所として機能しており、内容を空にすることを選択するまでファイルはそこに保存されます。意図的であろうと偶然であろうと、これはファイルが完全に失われたことを意味するものではありません。データを復旧するためのいくつかの信頼できるオプションがあります。これにはWindowsネイティブツール、組み込みバックアップ、サードパーティアプリなどが含まれます。 このガイドでは、フォルダを空にした後でもゴミ箱からファイルを取り戻すための手順を段階的に提供します。 方法1: データ復旧ソフトウェアを使用してファイルを復元する データ復旧ソフトウェアは、ゴミ箱を空にして削除されたファイルを復元するための有効な選択肢です。この例では、大量のファイルを効率的にスキャンできる能力を理由にDisk Drillを使用することにしました。 Disk Drillは、文書、写真、動画、オーディオなど、さまざまなファイルタイプをサポートしています。NTFS、FAT32、exFATなどの主要なファイルシステムからファイルをスキャンして復元することができます。 Disk Drillを使用すると、空にしたゴミ箱から回復できるすべてのファイルのプレビューを見ることができます。また、ファイルごとの成功した復旧の可能性も表示されます。Windows向けの無料試用版では、最大500 MBのデータを回復できます。 データをできるだけ早く回復することが推奨されていることに注意してください。なぜなら、データ回復を試みるほど、オペレーティングシステムが削除したファイルを上書きするまでの時間が短くなるからです。 空にしたゴミ箱から削除したファイルを復元するためにDisk Drillを使用する手順は以下の通りです: ダウンロードしてWindows用のDisk Drillをインストールしてください。失われたデータを保存するために、ダウンロードとインストールにはフラッシュドライブや外付けUSBドライブを使うことをお勧めします。インストール中にシステムレベルの資格情報を提供する必要があるかもしれません。インストールプロセスはポップアップウィンドウによって案内されます。 Disk Drillを起動し、削除されたファイルが含まれていたドライブまたはごみ箱が含まれているディスク(通常はC:ドライブです)をアプリのディスクリストから選択します。 失われたデータを探すボタンをクリックして、削除されたデータのスキャンを開始します。スキャンが進むにつれて、進行状況を示すステータスバーが表示されます。スキャンをいつでも一時停止して、スキャンが続く間にすでに見つかったファイルを表示することができます。 復元される特定のファイルを選択します。それらを画像、動画、オーディオ、ドキュメント、アーカイブフォルダーでプレビューして、回収したいファイルであることを確認できます。ツールによって見つかったすべてのファイルを回収することもできます。 選択が完了したら復元ボタンをクリックして、Disk Drillが回復を実行します。回復されたデータを保存する安全な保存場所の指定を求められます。回収したいデータを保存するために、外付けディスクやUSBドライブに回復したファイルを保存してください。 方法2: 無料ユーティリティを用いたファイル復旧 Windowsは、Windowsファイル回復(WFR)ツールという専用の回復アプリを提供しており、これを使ってファイルを取り戻すことができます。この無料のコマンドラインユーティリティは、バージョン19041.0以降のWindows 10と互換性があります。 このユーティリティをデータ復旧に使用することをWindowsは推奨していますが、いくつかの制限があります。たとえば、コマンドラインインターフェイスを通じてのみ操作が可能で、認識できるシグネチャセットが限られています。しかしながら、それでも無料で使える便利なツールです。 WFRツールを使ってデータを回復するための簡単な手順を以下に示します: ダウンロードしてMicrosoft StoreからWindowsファイル回復ツールをインストールします。入手をクリックしてアプリをインストールします。 インストールが完了したら、Winキー + Xを押して表示されるリストからWindowsターミナル(管理者)を選択します。代わりに、Ctrlキー + Rを押してcmdと入力し、Ctrlキー + Shiftキー + Enterキーを押してコマンドプロンプトを管理者として起動することもできます。 ユーティリティが適切にインストールされていることを確認するために、と入力します。こうすると使用できるスイッチのリストが表示されます。 次に、ターミナルに以下のコマンドを入力します: winfr...
chkdsk /f /r

CHKDSK /Rまたは/Fを使用するべきか:詳細な回答

0
CHKDSKでよく使用されるパラメーターには、/Rと/Fがあります。これらは機能と完了までの時間が異なります。では、CHKDSK /RとCHKDSK /Fのどちらを使用すべきでしょうか?選択の助けとなるように、それぞれのパラメーターについて、その動作とCHKDSKコマンドを効果的に実行する方法について説明します。 CHKDSKの/Rと/Fの違いは何ですか? CHKDSKコマンドには、コマンドの動作とその機能を変えるために使用できる多くのパラメーターがあります。その中でも特に人気なのが/Rと/Fで、修正」と「修復」を意味しています。CHKDSKでは、修正と修復は同義ではありません。CHKDSK /FとCHKDSK /Rの主な違いは、修正できるエラータイプにあります。 パラメーター /F /R 📋 説明 ドライブのファイルシステムにエラーや破損がないか検出します。ファイルシステムとは、ドライブ上の全てのファイルとフォルダの索引です。Ask Leoブログからの表現を借りるならば、ファイルシステムを本の目次と考えてください。/Fパラメーターは、すべてのエントリが正しいこと、適切なページとチャプター(ファイルとフォルダ)に繋がっていること、そしてすべてのチャプターにエントリがあるかをチェックします。 CHKDSK /Rコマンドは/Fが行う全ての作業を行いますが、さらにディスク上の各物理セクターの健康状態もチェックします。各セクター上のデータが読めるかを判断します。もし読めない場合、損傷したセクターは「不良セクター」としてマークされ、利用可能な場合、専用のスペアセクターがこれら不良セクターの代わりとして呼び出されます。セクターが不良とマークされると、Windowsはそれを使用してデータを保存することはありません。 🕒 所要時間ドライブの各セクターをチェックするのは骨の折れるプロセスであり、CHKDSK /R コマンドは完了するまでに数時間かかります。特にエラーを検出して修復しようとした場合にはそうです。 /F パラメーターは比較的短時間で完了します。通常、完了までにかかる時間は1時間未満ですが、ドライブとCHKDSKが出会うエラーによっては、それ以上かかる場合もあります。 ❓ いつ使用するか ドライブに小さなデータの破損が見られるが、ディスクのパフォーマンスに影響がない場合、CHKDSK /Fはより速い選択肢です。 ドライブの動作がいつもより遅いことに気づいたり、データのランダムな消失や出現があったりした場合、CHKDSK /R コマンドが必要となるかもしれません。 パラメーターをどちらを選んでも、CHKDSK コマンドをそのまま実行し、急にPCをシャットダウンしないことが最善です。 CHKDSK コマンドの実行によるデータ損失を避ける方法 時には、CHKDSKコマンドを実行することでデータ損失が発生することがあります。これは通常、CHKDSKがドライブ上の不良セクターを検出し、それを修復する際に起こります。基本的に、あなたのドライブの問題を検出して修正するときにCHKDSKが発生する偶発的なダメージとしてデータ損失が起こります。 CHKDSKがドライブを修正するときにいくつかのファイルを常に削除するわけではありませんが、慎重になり過ぎることはありません。それでは、CHKDSK /R または CHKDSK /F コマンドの実行によるデータ損失を避ける方法をご紹介します。 最初にできることは、パラメーターなしでCHKDSKコマンドを実行することです。そうすることで、CHKDSKはドライブの状態のみを表示し、ドライブの修復を試みることはありません。しかし、この方法では、CHKDSKユーティリティの利点を実際に活用することはできません。なぜなら、エラーは元のままで変わらないからです。データをバックアップしてから CHKDSK...

Windows 10で完全に削除したファイルを復元する方法

0
重要なデータの損失は、あなたを感情の渦に巻き込むことに十分です。たった数秒で、何年にもわたる作業の集大成が失われる可能性があります。このような状況で、あなたは何をすべきでしょうか? 実は、思っているよりも多くの選択肢があります。しかし、時間が非常に重要です。十分に速く行動しなければ、あなたのデータは恒久的に回復不能になるかもしれません。データを安全かつ効率的に取り戻すために使える複数の方法について解説します。 データ損失が発覚したときの最初の行動は、影響を受けたストレージデバイスの使用をできるだけ早く停止することです。これにより、Windowsが回復を実行する前にファイルを上書きする可能性を最小限に抑えることができます。 完全に削除されたファイルを回復することは可能ですか はい、ファイルが完全に削除されていたとしても、回復のチャンスはありますが、いくつかの要因に依存します。 論理的に削除されたファイルは、長期間にわたってそのハードドライブ上に残ることがあり、これはコンピュータの使用状況に基づきます。Windowsはファイルを論理的に削除し、それらの以前のストレージスペースを再利用可能とマークします。Windowsエクスプローラを介してはもはやアクセスできなくても、Windowsが新しいデータで実際に上書きするまで物理的には利用可能です。これにより、Windows 10コンピュータで完全に削除されたファイルを回復することが可能になります。 回復可能性については、データがどのように失われたかを理解することが重要です。例えば、クイックフォーマットによって失われたデータは回復可能ですが、ディスクをゼロ埋めする完全フォーマットの後ではデータは回復できません。 ファイルが永久に削除されたかどうかを確認する 回復方法に飛び込む前に、ファイルが本当に永久に削除されたかどうか、まず徹底的な検索を行うことが良い習慣です。以下の方法の一つを使用して検索します: 方法 1:ごみ箱をチェックする この方法は、Windows 10のコンピュータで削除されたファイルを回復する必要があるときに、最初に試すべきものです。問題のファイルが最近削除された場合、ごみ箱にあるかもしれません。ここから簡単に取り出すことができます。 削除されたファイルを復元するには、次の手順に従います: ごみ箱をダブルクリックして開きます。 回復するファイルを見つけて確認します。CtrlキーとShiftキーを使用して、複数のアイテムを一度に選択することができます。 選択したアイテムを右クリックし、復元を選びます。これにより、ファイルは元の場所に復元されます。または、ごみ箱からファイルをドラッグして新しい場所にドロップし、そこに保存することもできます。 ファイルが実際に元の場所または新しい場所に復元されたことを確認します。 ごみ箱の容量を超えるファイルは、保管される代わりに永久に削除されます。これらのファイルはごみ箱にはありません。ごみ箱のサイズを調整し、ファイルを保持する期間を設定を変更することで調整できます。失われたファイルがごみ箱にない場合、回復するための別の方法を使用する必要があります。失われた、または削除されたファイルを回復するために他にどのようなオプションがあるかを読み進めてください。 方法 2: 組み込みの検索機能を使用する もちろん、Windowsには信頼できる検索機能も備わっています。これを使用してドライブ全体を検索し、名前(またはファイル名を覚えていない場合はファイル拡張子)でファイルを見つけることができます。以下は、ファイルエクスプローラーの検索機能を使用して紛失したファイルを見つける方法です。 ファイルエクスプローラーを開きます。 C:ドライブ(またはファイルが保存されていたドライブ)の最上位レベルに移動します。これにより、Windowsはパーティションまたはドライブのすべてのサブフォルダを検索します。 検索ボックスにファイル名を入力します。ファイル名が分からない場合は、ファイルの拡張子を代わりに入力します。例えば、*.jpgはすべてのJPGファイルを引き出します。 ファイルを新しい場所にコピーします。 完全に削除されたファイルを回復する7つの方法 ファイルが本当に消えてしまった場合、復元することが次のステップです。ここでは、ファイルが永遠に失われる前に回復するために使用できる実証済みの方法をいくつか紹介します。 方法 1:データ復旧ソフトウェアを使用する データロスイベントの影響を元に戻すために、ファイル復旧ソフトウェアを使用することが必要になる場合があります。私たちは、データ復旧ツールとしてCleverFilesのDisk Drill for Windowsを推奨します。これは、削除されたファイルをスキャンして回復可能なものを見つけるために高度なアルゴリズムを使用する包括的なデータ復旧アプリケーションです。そのディープスキャンモードは、ストレージデバイスから削除された後も長くファイルの断片を見つけ出し、再構築するためにディスクをかき集めます。Disk Drillは無料でダウンロードでき、500MBのデータを回復したり、どのファイルが回復可能であるかを経済的な投資なしで確認できます。大規模な復元を行うには、ツールのProバージョンの購入が必要です。 Disk Drillを使った失われたデータの回復手順は以下の通りです。 ダウンロードしてDisk Drillをインストールします。回復に使用されるディスクにインストールしないことを強く推奨します。そのディスクにインストールすると、回復の機会を得る前にファイルが破損したり上書きされたりする可能性があります。 アプリケーションを起動します。アプリケーションのウィンドウに表示されているリストから、ファイルがあったディスクまたはパーティションを選択します。 Search...

このサイトはクッキーを使用しています。 このサイトを引き続き使用することにより、あなたはクッキーの使用に同意したことになります。
詳しくはこちら