WindowsでI/Oデバイスエラーを修正する方法

manuviraj
執筆者
承認済み
35

io device errorドライブへの読み込みや書き込み、初期化を試みたり、ブート中にも、「要求はI/Oデバイスエラーのために実行できませんでした」というメッセージが表示されることがあります。この問題は、PCがドライブの読み取りや書き込みに問題を抱えていることを示しています。では、どうすればこれを解決し、データを安全に保つことができるのでしょうか?私たちのガイドがこれらの質問に答えます。

I/Oデバイスエラーとは何か、その原因

WindowsがUSBドライブ、HDD、SSDなどのストレージドライブの読み取りに問題がある場合、通常はI/Oデバイスエラーメッセージが表示されます。これはディスクの初期化、起動、Windows 7のバックアップを作成しようとするなど、さまざまな状況で表示される可能性があります。

エラーは、フォトエディターやダウンロードマネージャーなどのサードパーティアプリを使用する際によく発生します。しかし、この場合、通常エラーメッセージにはエラーコードが伴います。例えば、「I/Oデバイスエラー1117」です。

I/Oデバイスエラーの根本原因は、通常、故障したハードウェアです。これには、損傷したコネクタポートやケーブル、損傷したストレージドライブも含まれます。

次の表は、入出力エラーにつながる一般的な理由をリストアップしています:

理由 説明
🔌 不正確に接続されたストレージドライブ Windowsは、正しく接続されていないストレージドライブを読み取ることができません。PCがドライブを検出したとしても、それを使うことはできません。この背後には様々な理由がありますが、物理的に損傷したハードドライブもその一つです。
➰ 損傷したポートまたはケーブル 接続ケーブルやポートが損傷していると、Windowsはドライブを検出しても、ドライブへの読み書きができません。これは外付けHDDのケーブルが引っ張られたり損傷しやすいため、通常発生します。
🔐 ライトプロテクトされたSDカード ライトプロテクトされたSDカードをローレベルフォーマットしようとするとき、I/Oデバイスエラーが生じることがあります。
💻 互換性がない、足りていない、または破損したドライバー ストレージドライブを接続すると、Windowsは自動的に必要なソフトウェアドライバーを探してインストールします。特殊なドライブの場合にはこれができず、手動でドライバーをダウンロードする必要があります。また、ドライバーが破損しているか互換性がない場合、Windowsはドライブと通信するのに問題を抱え、I/Oデバイスエラーが生じます。
🔨 物理的損傷 ストレージドライブが物理的に損傷している場合、Windowsはそれを読み取るのに問題を抱えます。通常の使用による摩耗、熱、水、物理的な衝撃などがドライブの物理的損傷に繋がります。物理的に損傷したディスクは使用を止め、データリカバリーの専門家の助けを借りるのが最善です。

WindowsでI/Oデバイスエラーを修正する方法

エラーの原因によって、I/O デバイスの問題を解決する方法は異なります。一般に、PC にサインインしてこれらの修復を行うことができます。しかし、コンピュータを起動できない場合は、ディスクエンクロージャを使用して内蔵ドライブを別の PC に接続するか、ライブ USB を作成してWindows に起動するのが最善です。

次に、I/Oデバイスエラーを修正するさまざまな方法を示します:

修正1: コンピュータを再起動する

単純な再起動は、最も悪名高いエラーの多くを修正することがよくあります。他の修正方法を試みる前に、PCを単に再起動してください。再起動後、ドライブにアクセスしてI/Oデバイスエラーが発生したのと同じ操作を試みてみてください。

エラーが続く場合は、以下の修正に進んでください。

修正2: ケーブルとポートを確認してください

損傷したケーブルやポートは、I/Oデバイスエラーの最も一般的な原因の一つです。幸いなことに、ケーブルは簡単に交換可能であり、異なるポートを使用してドライブをPCに接続することもできます。

ケーブルとポートが適切に動作していることを確認するために行うことができるいくつかのチェックは次のとおりです:

  1. ケーブルに損傷の兆しがないか調べてください。皮がむけたり、伸びたり、不自然に曲がった箇所があってはいけません。
  2. SATAまたはUSBケーブルを再接続し、端子にしっかりと収まっていることを確認してください。また、蓄積されたホコリやゴミを拭き取ってください。
  3. 外付けハードドライブまたはUSBを使用している場合は、PCケースのものではなく、マザーボード上のUSBポートに接続してください。
  4. また、ケーブルを切り替えて、ドライブを別の動作しているコンピューターに接続して、エラーが続くかどうか確認できます。ドライブが正常に動作すれば、元のPCのソフトウェア設定に問題がある可能性が高いです。

修正3: ドライバーを更新する

古いドライバーは、ストレージドライブとコンピューター間の接続を妨げます。ほとんどの場合、Windowsは自動的に最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。しかし、Windowsはいくつかのアップデートをスキップする場合があるので、関連するドライバーを手動でアップデートすることをお勧めします。

個々のドライバーを更新する前に、Windowsのアップデートが利用可能かどうかを確認してください。これらのアップデートには通常、ドライバーの更新も含まれており、手動でソフトウェアドライバーを更新する手間を省くことができます。Windowsのアップデートを確認するには、スタートを右クリックして、設定 > Windowsアップデートを選択してください。

ストレージドライブのドライバーを更新するには、次の手順に従ってください:

  1. Windowsキー + Rを押し、実行のテキストボックスにdevmgmt.mscと入力してエンターキーを押します。これによりデバイスマネージャーが起動します。
  2. デバイスマネージャー内でディスクドライブのメニューを展開してください。
  3. I/Oデバイスエラーが表示されているストレージデバイスを右クリックし、ドライバーの更新をクリックしてください。ドライバーの更新 デバイスマネージャー。
  4. ドライバーを自動的に検索するをクリックしてください。ドライバーを自動的に検索する。
  5. Windowsが最新のドライバーをダウンロードしてインストールします。PCを再起動してください。

修正4: ドライブ文字の変更

USBドライブや外付けHDDでI/Oデバイスエラーが発生している場合、ドライブ文字が不足しているか、衝突している可能性があります。ドライブ文字とは、Windowsエクスプローラーでディスクの隣に表示されるアルファベット(F:のように)です。ドライブ文字は、PCに接続されている各ドライブごとに固有です。

ドライブ文字を変更するか、ドライブに割り当てるには、ディスクの管理を使用する必要があります:

  1. Windows検索(Windowsキー + S)に「ディスクの管理」と入力し、検索結果からディスクのパーティションの作成と管理をクリックします。
  2. ディスクI/Oエラーのあるドライブを右クリックし、ドライブ文字とパスの変更を選択します。ドライブ文字を変更。
  3. 変更をクリックします。変更オプション。
  4. 次のドライブ文字を割り当てる:の隣にあるドロップダウンメニューを使ってドライブ文字を選択します。次にOKをクリックします。ドライブ文字の割り当て。
  5. ドライブ文字が変更されます。

修正5: CHKDSKとSFCを実行する

CHKDSKとシステムファイルチェッカー(SFC)は、Windowsのコマンドライン診断ユーティリティです。CHKDSKは、ストレージドライブ上の不良セクタを見つけて修復するとともに、他の一般的な問題も解決します。SFCはシステムファイルの整合性をチェックします。これら両方のユーティリティを実行することで、I/Oデバイスエラーを含むコンピュータの多くの問題が解決する可能性があります。

CHKDSKを最初に実行することをお勧めし、それがうまくいかない場合はSFCユーティリティを使用してください。

CHKDSKの実行方法は以下の通りです:

  1. Windows検索で「cmd」と入力します(Windowsキー + S)。右クリックしてコマンドプロンプトを選び、管理者として実行を選択します。
  2. chkdsk X: /r /xと入力し、Enterキーを押します。スキャンを行いたいディスクのドライブ文字にXを置き換えてください。CHKDSKの文法。
  3. CHKDSKのスキャンが終わるまで待ち、PCを再起動します。

I/Oドライブエラーが続く場合は、SFCを実行してください:

  1. コマンドプロンプトを管理者として実行します。
  2. このコマンドを入力し、Enterキーを押します – DISM /online /cleanup-image /restorehealth。インターネット接続がない場合はこのステップをスキップします。DISM syntax.
  3. 次に、sfc /scannowと入力し、Enterキーを押します。SFC syntax.

修正 6: SDカードの書き込み保護を解除する

I/Oデバイスエラーは、書き込み保護されたSDカードに変更を加えようとしたときに発生することがあります。最も一般的には、SDカードをローレベルフォーマットしようとしたときに表示されます。通常、SDカードには物理的な書き込み保護スイッチがあるので、そのスイッチがOFFになっていることを確認してください。

エラーが続く場合は、Diskpartユーティリティを使ってSDカードの書き込み保護を解除してください:

  1. Windows検索に「cmd」と入力します (Windowsキー + S)。コマンドプロンプトを右クリックし管理者として実行を選択します。
  2. diskpartと入力し、Enterキーを押します。Diskpartコマンド。
  3. list diskと入力し、Enterキーを押します。これにより、PCに接続されている全ドライブが表示されます。List diskコマンド。
  4. I/Oデバイスエラーがあるドライブを選択します–select disk xと入力し、Enterキーを押します。ドライブのディスク番号にxを置き換えてください。例えば、select disk 1。Select diskコマンド。
  5. attributes disk clear readonlyと入力し、Enterキーを押します。これにより、SDカードの書き込み保護が解除されるはずです。アトリビュート。

上記の手順でSDカードの書き込み保護を無効にすることができるはずです。しかし、もし上記の方法が機能しない場合は、ステップ1から4までを実行し、ステップ5の代わりに以下の手順を行ってください:

  1. cleanと入力して、Enterキーを押します。
  2. format fs=ntfs quickと入力して、Enterキーを押します。

これによりドライブはクイックフォーマットされます。しかし、データはディスクドリルを使用して回復可能です。これは、I/Oデバイスエラーのディスクからデータを復旧するために使用するデータ復旧プログラムです。データ復旧ガイドを読むには、こちらをクリックしてください。

修正7: ドライブのS.M.A.R.T. ステータスを確認する

Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology (S.M.A.R.T.) を使用すると、多数のパラメーターにわたってドライブの健康状態を確認できます。ディスクのS.M.A.R.T. ステータスを使用することで、ドライブが故障しているか、または不良セクタが蓄積しているかを判断できます。

ドライブの詳細なS.M.A.R.T.レポートを提供してくれるサードパーティツールはたくさんあります。良い選択肢の一つはCrystaldiskinfoです。

ドライブのS.M.A.R.T. レポートでは、次のフィールドを確認してください:

  • 05: リアロケーテッドセクタカウント
  • 0A: スピンリトライカウント(USBドライブ、SSD、メモリーカードのようなフラッシュストレージデバイスには適用されません)
  • C4: リアロケーションイベントカウント
  • C5: 現在保留中のセクタカウント
  • C6: 修正不可能セクタカウント

これらのフィールドの値が3桁以上の場合、ドライブの故障を示しています。直ちにドライブの使用を中止し、プロのデータ復旧サービスに連絡すべきです。データの継続的な使用は、データの永久的な損失につながる可能性があります。

値が2桁以下の場合は、ドライブを完全にフォーマットして使用を続けることができます。しかし、データは取り返しのつかない形で失われ、ドライブの交換をおすすめします。

I/Oデバイスエラーが発生したストレージデバイスからデータを復旧する方法

ディスク上のI/Oデバイスエラーに対処するとき、あなたのデータのセキュリティが最優先されるべきです。ドライブがWindowsディスク管理に正確なストレージサイズで表示されている限り、そこからデータを回復することができます。

コンピューターにブートできない場合は、このガイドを使用してライブUSBドライブを作成し、Windows GUIにブートできるようにしてください。

このチュートリアルでは、Disk Drillを使用してデータ復旧を行います。使いやすさと高度なデータ復旧アルゴリズムのおかげで、簡単な選択でした。あらゆる種類のストレージドライブおよび一般的なファイルシステム(まったくファイルシステムのないRAWドライブを含む)に対応しています。

データ復旧プロセスは2つの部分で構成されています:

パート1:ドライブのディスクイメージを作成する

推奨される方法は、物理ドライブを直接スキャンするのではなく、ドライブのディスクイメージを作成してデータをスキャンすることです。ディスクイメージは基本的にはドライブのソフトコピーなので、被害を受けたドライブのサイズと同等またはそれ以上の空き容量を持つ別のストレージドライブが必要になります。

Disk Drillを使用してディスクイメージを作成する方法は次のとおりです:

  1. Disk Drillをダウンロードしてインストールします。
  2. Disk Drillを開き、追加ツールのドライブバックアップをクリックします。
  3. ドライブを選択し、バイト単位のバックアップをクリックします。バイト単位のバックアップボタン。
  4. 保存先を選択し、OKをクリックします。バックアップパラメーター。
  5. Disk Drillがディスクイメージを作成します。

パート2:ディスクからデータを回復する

  1. Disk Drillを開き、ディスクイメージの添付をクリックし、以前に作成したディスクイメージをダブルクリックします。ディスクイメージがドライブとして追加されます。ディスクイメージの添付。
  2. ディスクイメージを選択し、失われたデータの検索をクリックします。失われたデータの検索。
  3. 検出された項目のレビューをクリックします。関連するファイルタイプ(画像、ビデオ、オーディオ、ドキュメント、アーカイブ、その他)をクリックして、結果を直接フィルタリングすることもできます。検出された項目のレビュー。
  4. 既存セクションを展開して、ドライブに現在保存されているファイルを表示します。削除された、または失われたおよび再構築されたセクションには、以前に削除されたファイルがリストされています。データ復旧セクション。
  5. チェックボックスを使用してファイルを選択します。Disk Drillは現在選択されたファイルのプレビューを表示します。ファイルのプレビューを手動で行うには、ファイル名の隣にある目のアイコンをクリックします。選択を確認した後、復旧をクリックします。復旧可能なファイルのリスト。
  6. 復旧先を選択し、次へをクリックします。復旧先の指示。
  7. Disk Drillがファイルの復旧を行います。

結論

I/Oデバイスエラーは通常無害であり、上記の方法を使用して修正できます。しかし、あらゆる理由によるデータ損失から完全に保護する唯一の方法は、重要なデータの定期的なバックアップを作成することです。バックアップをローカルドライブとクラウドストレージの両方に保存することをお勧めします。

よくある質問

ファイルのコピー中にI/Oデバイスエラーが発生するということは、コンピュータがドライブの読み書きに問題を抱えている可能性があることを示しています。別のPCにドライブを接続して動作するかどうか試してみることをお勧めします。それでもダメな場合は、CHKDSKコマンドを実行して問題が解決するかどうか試してください。
ディスクの初期化中にI/Oエラーが発生する場合、通常はハードドライブに問題があることを示しています。専門家に連絡するか、メーカーの診断ユーティリティを使用してドライブを修正することをお勧めします。
WD外付けハードドライブのI/Oデバイスエラーを解決するためにこれらの対処法を試してください:
  1. PCを再起動します。
  2. ケーブルとポートに損傷がないか確認して、ドライブを再接続してください。
  3. PCをクリーンブートして、エラーが続くかどうかを確認してください。
  4. IDEチャンネルのプロパティの転送モードが正しいことを確認してください。
manuviraj
Manuviraj Godaraは、4年以上の経験を持つプロのコンテンツライターです。彼の技術に対する絶えず増大する魅力と経験が、データリカバリや消費者技術に関連するコンテンツを作成する原動力となっています。彼の作品はMakeUseOf.comHandyRecovery.でも見ることができます。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。