簡単にごみ箱から削除されたファイルを復元する方法

執筆者
111

ディスクドリルを使ってゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

Windowsのゴミ箱は、オペレーティングシステムの初期の頃からその一部となっています。ゴミ箱は削除されたファイルやフォルダを一時的に保持する特別なフォルダです。何百万人ものユーザーが間違って削除したファイルを迅速に復元できるようになることで、長い間役立ってきました。

しかし、必要なファイルがそこにない場合はどうすればいいでしょうか?なぜそうなるのでしょうか?この記事では、ゴミ箱にファイルが表示されない理由と、それに対してあなたができることについて説明します。

ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

削除したファイルを探す場合、ゴミ箱が最初にチェックする場所です。これは、オペレーティングシステムが最近削除したファイルやフォルダを一時的に保管するために使用する特別なフォルダです。以下の簡単な手順に従ってください:

  1. デスクトップのアイコンをダブルクリックしてWindows 11のゴミ箱を開きます。
  2. 復元したいファイルを選択します。キーボードのCTRLボタンを押しながら個別のファイルをクリックすると、選択に追加できます。すべてのファイルを選択する場合は、CTRL + Aキーの組み合わせを押すことができます。
  3. 選択したファイルのどれかを右クリックして復元をクリックします。ファイルは元の場所に戻ります。または、選択したファイルを任意の場所にドラッグアンドドロップすることもできます。

空にしたゴミ箱からファイルを復元することは可能ですか?

はい、ゴミ箱を空にした後でもファイルを復元することは可能です。その理由は次の通りです:コンピュータからファイルやフォルダを削除すると、論理的には元の場所からゴミ箱に移動されます。ゴミ箱を自動的または手動で空にすると、オペレーティングシステムによってデータへの論理リンクが削除されます。

このアクションにより、データはアプリケーションからはアクセスできなくなりますが、直ちに物理的にストレージデバイスから削除されるわけではありません。空にしたゴミ箱内のアイテムが以前占めていたスペースは、オペレーティングシステムが新しい情報を保存するために利用可能になります。オペレーティングシステムがこのスペースを使用して以前のデータを上書きするまでは、データ復旧ソフトウェアを使用してファイルを取り戻すことができます。

空にしたゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

Windowsのゴミ箱は削除されたファイルを一時保存しておく場所として機能しており、内容を空にすることを選択するまでファイルはそこに保存されます。意図的であろうと偶然であろうと、これはファイルが完全に失われたことを意味するものではありません。データを復旧するためのいくつかの信頼できるオプションがあります。これにはWindowsネイティブツール、組み込みバックアップ、サードパーティアプリなどが含まれます。

このガイドでは、フォルダを空にした後でもゴミ箱からファイルを取り戻すための手順を段階的に提供します。

方法1: データ復旧ソフトウェアを使用してファイルを復元する

データ復旧ソフトウェアは、ゴミ箱を空にして削除されたファイルを復元するための有効な選択肢です。この例では、大量のファイルを効率的にスキャンできる能力を理由にDisk Drillを使用することにしました。

Disk Drillは、文書、写真、動画、オーディオなど、さまざまなファイルタイプをサポートしています。NTFS、FAT32、exFATなどの主要なファイルシステムからファイルをスキャンして復元することができます。

Disk Drillを使用すると、空にしたゴミ箱から回復できるすべてのファイルのプレビューを見ることができます。また、ファイルごとの成功した復旧の可能性も表示されます。Windows向けの無料試用版では、最大500 MBのデータを回復できます。

データをできるだけ早く回復することが推奨されていることに注意してください。なぜなら、データ回復を試みるほど、オペレーティングシステムが削除したファイルを上書きするまでの時間が短くなるからです。

空にしたゴミ箱から削除したファイルを復元するためにDisk Drillを使用する手順は以下の通りです:

  1. ダウンロードしてWindows用のDisk Drillをインストールしてください。失われたデータを保存するために、ダウンロードとインストールにはフラッシュドライブや外付けUSBドライブを使うことをお勧めします。インストール中にシステムレベルの資格情報を提供する必要があるかもしれません。インストールプロセスはポップアップウィンドウによって案内されます。disk drill setup
  2. Disk Drillを起動し、削除されたファイルが含まれていたドライブまたはごみ箱が含まれているディスク(通常はC:ドライブです)をアプリのディスクリストから選択します。Launch Disk Drill
  3. 失われたデータを探すボタンをクリックして、削除されたデータのスキャンを開始します。スキャンが進むにつれて、進行状況を示すステータスバーが表示されます。スキャンをいつでも一時停止して、スキャンが続く間にすでに見つかったファイルを表示することができます。select the drive to recover from
  4. 復元される特定のファイルを選択します。それらを画像、動画、オーディオ、ドキュメント、アーカイブフォルダーでプレビューして、回収したいファイルであることを確認できます。ツールによって見つかったすべてのファイルを回収することもできます。preview files for recovery
  5. 選択が完了したら復元ボタンをクリックして、Disk Drillが回復を実行します。回復されたデータを保存する安全な保存場所の指定を求められます。回収したいデータを保存するために、外付けディスクやUSBドライブに回復したファイルを保存してください。recover selected files

方法2: 無料ユーティリティを用いたファイル復旧

Windowsは、Windowsファイル回復(WFR)ツールという専用の回復アプリを提供しており、これを使ってファイルを取り戻すことができます。この無料のコマンドラインユーティリティは、バージョン19041.0以降のWindows 10と互換性があります

このユーティリティをデータ復旧に使用することをWindowsは推奨していますが、いくつかの制限があります。たとえば、コマンドラインインターフェイスを通じてのみ操作が可能で、認識できるシグネチャセットが限られています。しかしながら、それでも無料で使える便利なツールです。

WFRツールを使ってデータを回復するための簡単な手順を以下に示します:

  1. ダウンロードしてMicrosoft StoreからWindowsファイル回復ツールをインストールします。入手をクリックしてアプリをインストールします。download windows file recovery
  2. インストールが完了したら、Winキー + Xを押して表示されるリストからWindowsターミナル(管理者)を選択します。代わりに、Ctrlキー + Rを押してcmdと入力し、Ctrlキー + Shiftキー + Enterキーを押してコマンドプロンプトを管理者として起動することもできます。
  3. ユーティリティが適切にインストールされていることを確認するために、winfrと入力します。こうすると使用できるスイッチのリストが表示されます。type winfr command
  4. 次に、ターミナルに以下のコマンドを入力します:
    winfr C: D: /regular /n $Recycle.Bin%SID%

    このコマンドの役割は、ごみ箱をスキャンしてDドライブにファイルを復旧することです。スキャンするパスと回復したいドライブに基づいてコマンドを変更することができます。SIDは全ユーザーで異なります。自分のSIDが何であるか分からない場合は、次のコマンドを使用してユーザーのSIDを調べることができます。

    wmic useraccount get name,sid

    sid command

方法3: バックアップ及びリストアを使用したファイル復旧

PCにファイル履歴が有効になっている場合は、コントロールパネルのファイル履歴機能を使用して、ごみ箱から削除されたファイルを回復することができます。コントロールパネル

ファイル履歴が有効かどうかを確認するには、以下の手順に従ってください:

  1. スタートメニューからコントロールパネルにアクセスします。
  2. コントロールパネルの項目のリストからファイル履歴を選択します。
  3. ファイル履歴はバックアップの状態を表示します。ファイル履歴がオフの場合、オンにする」をクリックしてファイルのバックアップを開始します。

file history is activeファイル履歴がオンになっている場合、以下の手順に従ってファイルを復元します:

  1. ファイル履歴ウィンドウを開き、ファイル履歴を使ってファイルを復元する」をクリックします。復元できるすべてのファイルが表示されるウィンドウが現れます。
  2. ごみ箱フォルダへ移動します。
  3. 復元したいファイルを選択します。
  4. ウィンドウの下部中央にある復元ボタン(緑のボタン)をクリックし、ファイルの復元を開始します。ファイル履歴の復元

復元するフォルダの中にごみ箱が見つからない場合は、ごみ箱フォルダがファイル履歴によってバックアップされていない可能性があります。

方法 4: Windows の以前のバージョンツールでファイルを復元する

Windows の「以前のバージョン」ツールを使用してファイルを復元することもできます。このツールを使用すると、ファイルやフォルダの以前のバージョンや状態を表示して、特定のバージョンに復元できます。

ただし、この組み込みツールを使用するには、システム保護が有効になっていること、以前にファイルをバックアップしていること、またはファイル履歴機能をオンにして設定していることが必要です。

削除されたファイルの以前のバージョンを検索するには、以下の操作を実行します:

  1. チェックしたいフォルダまたはファイルを右クリックします。ファイルに以前のバージョンがある
  2. ドロップダウンメニューから「以前のバージョンを復元する」を選択します。
  3. ファイルの使用可能な以前の保存ポイントが表示されます。復元したいバージョンを選択し、復元をクリックします。以前のバージョンを復元する

削除されたファイルがごみ箱にない理由

ごみ箱は、最近削除されたファイルを復元するのに非常に役立ちます。しかし、削除されたアイテムがごみ箱に表示されないいくつかの条件があります。以下は、Windowsのごみ箱に関して考慮する必要がある要因と、削除されたファイルが見つからない理由です。






要因 説明
📏 スペースの制限 新しく削除されたアイテムのためにスペースを確保するために、古いファイルが除去されます。これにより、スペース割り当てが低すぎると、予想よりも早くファイルが削除される可能性があります。同様に、ファイルがごみ箱のサイズを超える場合は、ごみ箱に送られません。これも、意図していた場所であるごみ箱にファイルがない原因になり得ます。
⌛ 時間制限 Windowsは、指定された日数後にごみ箱からアイテムを自動的に削除します。デフォルトでは、ごみ箱内のデータは30日間保持されます。この日数は自由に変更することができ、ファイルがごみ箱から自動的に削除されないように設定することもできます。この場合、定期的にごみ箱を手動で空にするか、新たに削除されたアイテムのためのスペースがなくなるリスクを冒す必要があります。
✂ 完全なファイル削除 Shift-Deleteのキー組み合わせを使用すると、ごみ箱を経由せずにアイテムが事実上完全に削除されます。この方法で削除されたファイルやフォルダーを、データ復旧ソフトウェアが復元できる可能性があります。
🚯 ごみ箱無効 ごみ箱は、ごみ箱のプロパティで設定にアクセスすることで無効にすることができます。ごみ箱が何らかの理由でオフになっている場合、システムから削除されたファイルはそのフォルダーには保存されず、ただちに完全に削除されます。

一般的なごみ箱の問題


ごみ箱の異なる問題がデータ損失や、デバイスの全体的な使用感に影響を与える可能性のあるエラーを引き起こすことがあります。これらの問題の解決により、削除されたファイルを再び効果的に保存できるようになります。

こちらは一般的なごみ箱の問題と、それらを自分で修正するために使用できる簡単な解決策です:

ごみ箱アイコンが見つからない



解決策: 以下の手順でデスクトップにごみ箱アイコンを表示させることができます。

1. デスクトップで右クリックして個人設定を選択します。

2. テーマタブに切り替えます。

3. デスクトップアイコン設定リンクをクリックします。

4. ごみ箱アイコンのボックスをチェックします。

5. OKをクリックします。ゴミ箱アイコンが見つからない時の修正方法

ゴミ箱が破損していますエラー

解決方法: ゴミ箱が破損しているメッセージが表示されたら、この手順を実行します。

1. 管理者としてコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

2. 次のコマンドを貼り付けてエンターを押します。
rd /s /q C:$Recycle.bin

3. コマンドプロンプトウィンドウを閉じて、パソコンを再起動します。

ゴミ箱がCドライブ以外にある場合は、コマンドを適切なドライブ文字に変更してください。

ゴミ箱が破損しているエラーの修正方法

ゴミ箱のファイル関連付けエラー

解決方法: このエラーを処理する最良の方法は、手動でゴミ箱内のすべてのアイテムを削除することです。ゴミ箱を開いて、その中のファイルを本当に永久に削除してもよいか確認してから、操作を実行します。

FAQ:

ソフトウェアを使わずにゴミ箱から削除されたファイルを復元するには、ファイル履歴を使用します。 以下の手順で行います:
  1. ファイル履歴ウィンドウを開きます。
  2. 「ファイル履歴でファイルを復元する」をクリックします。
  3. ごみ箱フォルダーに移動します。
  4. 回復したいファイルを選択します。
  5. 復元ボタンをクリックします。
この方法は、ファイルが削除される前にファイル履歴が設定されていた場合にのみ機能することに注意してください。
Windows 10のごみ箱から削除されたファイルを無料で復元するには、Windowsファイル回復やファイル履歴などの組み込みツールを使うか、信頼性のある無料データスキャンおよび回復オプションを提供するデータ回復アプリを使用することができます。
データはディスクに残りますが、オペレーティングシステムからは見えなくなります。そのデータがあった物理的なスペースは利用可能とマークされ、いずれかの時点で新しいデータによって上書きされます。この時点で、削除されたファイルはバックアップから、またはデータ回復ソフトウェアを使用してのみ復元できます。
Windows 7のデスクトップからごみ箱が消えた場合は、以下の指示に従って復元できます:
  1. デスクトップ画面を右クリックし、個人設定をクリックします。
  2. デスクトップアイコンの変更を選択します。
  3. ごみ箱のチェックボックスをオンにします。 OK をクリックします。
ウィンドウが閉じると、ごみ箱のアイコンがデスクトップ画面に表示されます。
いいえ。ごみ箱を空にすると、削除されたファイルが新しいファイルによって永久に上書きされる準備が整ったという信号になりますが、速やかに対応し、データを上書きする可能性のあること(新しいファイルのダウンロード、他のプログラムの実行など)を避ける限りは、データを回復することができます。ただし、このプロセスは簡単とは限らず、保証もありません。
残念ながら、AndroidにはWindowsのようなごみ箱がなく、削除されたファイルが一時的に格納される機能はありません。しかし、状況に応じて、Androidで削除されたファイルを復元する他の方法があります。Googleドライブ内のファイルのコピーを確認するか、データ回復ソフトウェアを使用して復元を試みることができます。
エマ・コリンズはテクノロジーに広く関心を持つコンテンツライターであり、テクノロジー関連のチュートリアルやハウツー記事を執筆しています。彼女は、Windows、Android、iOS、ソーシャルメディア、ゲームなどについて、テックライターとして5年以上記事を書いてきました。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、ハードウェア修理の経験12年。