CMDを使用した破損したハードドライブの修復方法、フォーマット及びその他の方法

承認済み
244

repair corrupted hard diskハードドライブの破損はデータ損失の中で最悪のタイプの一つであり、いつでも起こり得ます。発生する可能性を最小限に抑えるためにできる対策がありますが、完全に安全であるという保証はありません。

もしハードドライブが破損してしまった場合は、迅速に行動を起こしてデータを安全に回復し、ハードドライブを作動状態に復旧させる必要があります。ハードドライブの破損をどのように修復するか以下で説明します。

ハードドライブが破損した場合に行うべきこと

ハードドライブが破損したことを発見したら、以下の二つの重要な行動を取る必要があります:

  1. 使用を停止する(できれば安全にアンプラグする)
  2. そのデータを回復する。

ドライブの使用を停止すべき理由は、データが実際に消えているわけではなく、危険な状態にあるからです。例えば、内蔵ハードドライブからデータを回復する必要がある場合には、回復を行う準備ができるまで使用を控えることで、データが上書きされ回復不可能になる可能性を減らすことができます。

破損したハードドライブからデータを取得する方法

破損したハードドライブの修復を試みる前に、まずは失うことなくデータを回収することを考えるべきです。

破損したハードドライブからデータを取得する方法は、あなたの状況に応じるでしょう。

シナリオ1: ドライブが表示され、正しいサイズを読み取っている場合

ハードドライブがディスク管理で見えており、正しいサイズを表示している限り、データを少ない問題で回復する良い可能性があります。安全に行うために、私たちはDisk Drill Data Recoveryを使用して、ライブドライブ上でのデータ回復に関わるリスクを排除するために、破損したハードドライブのディスクイメージを作成します。

  1. ダウンロードしてDisk Drillをインストールします。
  2. Drive Backupをクリックします。Drive Backup featureにアクセスする
  3. ドライブを選択し、Byte-to-byte Backupをクリックします。バイト単位のバックアップを作成する
  4. バックアップの保存先を選び、OKをクリックします。バックアップの完了
  5. Storage devicesに戻り、ディスクイメージを添付します。ディスクイメージを添付する
  6. ディスクイメージを選択し、Search for lost dataをクリックします。破損したハードドライブイメージをスキャンする
  7. スキャンが終了したら、Review found itemsをクリックします。すぐにすべてを回復したい場合は、代わりにRecover allをクリックします。Disk Drillが見つけたものを確認する
  8. 破損したディスクイメージから回復したいファイルを選択します。結果を整理して探しているものをより早く見つけるためにフィルターボタンを使用します。準備ができたら、Recoverをクリックします。Disk Drillでデータを回復する
  9. 安全な回復先を選んでNextをクリックします。Disk Drillで回復を完了する

シナリオ2: システムドライブが破損し、起動しない場合

ブートできない破損したハードドライブを修復することは可能ですが、そこからデータを回復することは少し複雑です(それでも可能ではあります)Windowsが正しく起動しない場合、これはいくつかの重要なシステムファイルが破損していることを示しています。

この場合、コンピュータからハードドライブを取り外し、動作しているコンピュータに外付けハードドライブとして接続する必要があります。接続すると、通常通り、Disk Drillを使用してリカバリを実行することができます。

シナリオ3: ドライブが物理的に破損している

物理的破損は、通常、最悪のタイプの破損とされており、物理的にダメージを受けたディスクは接続しても認識されないことがあります。そのような場合、データリカバリーサービスが最善の選択です。彼らは破損したハードドライブの回復を専門としています。データリカバリーのプロのサービスを頼ることは、データを取り戻す最良の機会を自分自身に与えることを意味します。これがデータを回復するための最良の方法ですが、同時に最も高価な方法でもあります。以下は、そのプロセスの簡単な概要です:

  1. リカバリの開始をクリックします。データリカバリーサービスでのリカバリ開始。
  2. ご希望のサービスタイプを選び、情報を入力します。サービスタイプの選択。
  3. 作業依頼を提出します。作業依頼完了。

リカバリが完了すると、データは健全なストレージデバイスに戻され、バックアップの準備が整います。

Windowsで破損したハードドライブを修復する方法

破損したハードドライブからデータが安全に回復されたら、破損したハードドライブの回復を行うことができます。破損したハードドライブを修復するためのさまざまな方法があり、特に当社の指示がある場合は非常に簡単です。

破損したハードドライブを修復する方法を以下に紹介します。

方法1: 別のケーブルやポートを試す

破損したハードドライブが発見されるのは、時として不良なケーブルやポートが原因のこともあります。これは特に外付けハードドライブが破損している場合に当てはまります。なぜなら、ケーブルは頻繁に接続、切断されるからです。もしそのダメージが不良な接続によるものなら、フォーマットせずに破損した外付けハードドライブを修復するのは迅速かつ簡単な方法です。

別のケーブルを試した後、ドライブを別のポートに接続してみてください。さらに念入りにするために、別のコンピュータでハードドライブをテストしてみることもできます。問題が続く場合は、次の解決策に進んでください。

方法2: CheckDiskを使用して修復する

CheckDiskはCMDを使用して破損したハードディスクを修復できるハードドライブ修復ツールです。ディスク構造が破損し、読み取れなくなっている場合に、CheckDiskは修復できる多くの方法の1つです。さらに、データを失うことなく破損したハードドライブを修復する優れた方法です。

次の手順に従って、CheckDiskを使用して破損したハードドライブを修復します:

  1. スタートを右クリックし、Windows PowerShell (管理者)をクリックします。Windows 11では、これはターミナル(管理者)に代わります。PowerShellを開く。
  2. chkdsk *: /rと入力します。お使いのドライブレターに*を置き換えます。Enterキーを押します。CheckDiskコマンドを実行中。

方法3: ウイルスをスキャンする

ウイルスは設計上、コンピューターに害を与えることを目的としています。ウイルスがコンピューターに感染した場合、それがさらなる損害を与える前にスキャンを実行して削除してください。そのためには、任意のアンチウイルスプログラムを使用できます。私たちはWindows 10と11に内蔵されているMicrosoft Defender Antivirusを使用します。

次の指示に従って、Windowsコンピューターでウイルスをスキャンしてください:

  1. ドライブを右クリックしてMicrosoft Defender でスキャンをクリックします。これにより、クイックスキャンが実行されます。クイックスキャンを実行している様子。
  2. さらに徹底的にスキャンする場合は、Microsoft Defender オフラインスキャンを選択し、今すぐスキャンをクリックしてください。このスキャンはコンピューターを再起動するため、作業はすべて保存しておく必要があります。オフラインウイルススキャンを実行している様子。

方法 4: SFCとDISMを実行する

もしハードドライブがコンピューター起動を妨げている場合、それはおそらくあなたのWindowsシステムファイルの一部が損害を受けたり、破損しているためです。場合によっては、中断されたインストールやアップデートによってWindowsがハードドライブを破損させることがあります。SFC(システムファイルチェッカー)とDISM(デプロイメントイメージサービシングと管理)は、Windowsのシステムファイルの整合性をチェックし、必要に応じてそれらを修復するコマンドです。

ここに各コマンドが行うことの簡単な概要を示します:

  • SFC – これはシステムファイルをスキャンし、正常に機能しているかを検証します。損害または破損が見つかった場合、動作するバージョンとの置換を試みます。
  • DISM – SFCが修正できない場合、DISMはWindows Updateから必要なファイルを引き出して、下層のWindowsシステムイメージを修復できます。Windows Updateに依存しているため、インターネット接続が必要です。

破損したシステムファイルを修復するためにSFCとDISMを実行する指示に従ってください:

  1. スタートを右クリックし、Windows PowerShell(管理者)をクリックします。PowerShellを開く。
  2. sfc /scannowと入力します。Enterを押します。ドライブがまだ破損している場合は、次のステップを試してください。SFCコマンドを実行している。
  3. dism /online /cleanup-image /restorehealthと入力します。Enterを押します。DISMコマンドを実行している。

方法 5: ドライブをフォーマットする

破損したハードドライブを回復するもっとも効果的な方法の一つは、それを新しいファイルシステムでフォーマットすることです。破損したハードドライブをフォーマットすると、実質的に現在破損しているボリュームに使用されているファイルシステムを削除し、新しいものでデータを再度保存できるようにします。

すべてのデータは削除されますが、完全なフォーマットではなくクイックフォーマットを実行する限り、後でDisk Drillを使用してデータを回復することができます。

  1. スタートを右クリックし、ディスクの管理をクリックします。ディスクの管理を開く。
  2. 破損したハードドライブのボリュームを右クリックし、フォーマットを選択します。ボリュームのフォーマット。
  3. クイックフォーマットを実行するが選択されていることを確認し、OKをクリックしてください。フォーマット確認中。
  4. OKをもう一度クリックして、アクションを確認してください。

方法 6: DiskPartを使って再設定する

フォーマットによって破損したハードドライブを修復できないほどの深刻な破損の場合は、DiskPartを使用してディスクを手動で準備できます。Disk Managementに似ていますが、コマンドラインレベルでの作業になるDiskPartでは、コンピュータのドライブを管理し、設定方法についてより多くのコントロールを提供します。

この方法はドライブ上のデータやパーティションをすべて削除します。

  1. スタートを右クリックし、Windows PowerShell (管理者)をクリックしてください。PowerShellを開く。
  2. diskpartと入力し、エンターを押してください。diskpartを実行中。
  3. list diskと入力し、エンターを押してください。破損しているディスクの番号をメモしてください。利用可能なディスクを一覧表示。
  4. select disk *と入力します。 *をあなたのディスク番号に置き換えてください。エンターを押してください。ディスクを選択中。
  5. cleanと入力し、エンターを押してください。ドライブのクリーニング。
  6. create partition primaryと入力し、エンターを押してください。プライマリパーティションを作成中。
  7. activeと入力し、エンターを押してください。パーティションをアクティブにする。
  8. select partition 1と入力し、エンターを押してください。パーティションを選択中。
  9. format fs=ntfsと入力し、エンターを押してください。パーティションのフォーマット。
  10. assignと入力し、エンターを押してください。ドライブレターを割り当てる。

ハードドライブが破損する原因は何ですか?

ハードドライブが破損することに完全に対抗できるわけではありませんが、その原因を知ることで発生する可能性を減らすことができます。以下はハードドライブの破損の一般的な原因です。








原因 説明
🪟 ブルースクリーン・オブ・デス (BSoD) 悪名高いブルースクリーン・オブ・デスは、Windowsが致命的なシステムエラーを通知する方法です。何かが間違っており、コンピュータがクラッシュしたことを示しています。
⏏ 不適切な取り外し/排出 外付けドライブを読み書き処理中に取り外すと、ファイルシステムが破損する可能性があり、データにアクセスできなくなることがあります。
🔌 突然の電源故障 即時電源故障は読み書き処理に干渉することもあります。さらに、停電に続く電力サージは、ハードドライブのコントロールボードをショートさせる可能性があります。
🚫 バッドセクタ バッドセクタは時間とともにドライブに自然発生します。しかし、バッドセクタが突然多くなると、ドライブが致命的な状態にあることを示し、オペレーティングシステムが使用しているセクターを使用不能にすることもあります。
🦠 ウイルス攻撃 ブートセクタウイルスはドライブのブートセクタにアクセスする能力があり、これはスタートアップ時に自動的に実行されます。これが感染すると、ドライブにアクセスできなくなる可能性があります。

結論


ハードドライブのコラプションは深刻な問題です。それに見舞われた場合は、すぐにドライブの使用を中止し、できるだけ早くそこからデータを復旧する必要があります。ディスクが読み取り可能で適切なサイズを表示している場合は、Disk Drillのようなデータ復旧アプリケーションを使用してデータを回復してください。ドライブが物理的に損傷している場合は、データ復旧サービスを利用してください。

データが安全になったら、ドライブの修復を安全に行うことができます。まず、ケーブルや接続ポイントに欠陥がないかチェックしてください。次に、CheckDiskでドライブを修復し、Microsoft Defender Antivirusでウイルスをクリアします。これでもだめな場合は、SFCとDISMを使用して破損したWindowsファイルを修復してください。それでも機能が回復しない場合は、新しいファイルシステムでドライブをフォーマットしてリセットしてください。

FAQ

ハードドライブが破損していると、あなたのデータにアクセスすることができません。ドライブだけが破損している場合のほとんどでは、データはまだ安全であり、データ復旧ソフトウェアを使って回復することができます。さもなければ、修復されるまでドライブは使用できない状態のままです。
はい、新しいファイルシステムでフォーマットすることによって、破損したハードドライブを修復することができます。論理的なハードドライブ破損は、多くの場合、損傷を受けたり破壊されたファイルシステムによって引き起こされます。パーティションをフォーマットすることでこれを修正することができます。
ハードドライブが破損している場合、通常Windowsはそのようなメッセージを表示します。典型的には、Windows は自動的にドライブをフォーマットして正常な状態に復元するように促します。
Windows 7の破損したディスクは、Windowsに同梱されているハードドライブ修復ツールであるCheckDiskを使用して修正できます。次の手順に従って行ってください:
  1. スタートをクリックし、PowerShell」と検索します。
  2. Windows PowerShellを右クリックし、管理者として実行をクリックします。
  3. chkdsk *: /rと入力します。 *をあなたのドライブ文字に置き換えてください。 Enterを押します。
Avatar photo
Jordan Jamieson-Maneは、ハードウェア、データ復旧、および消費者向け電子機器に関連するコンテンツをよく制作する、技術に対する情熱的な関心を持つコンテンツライターです。彼が執筆していないときは、音楽を発見し、自身のウェブサイトの改善に取り組んでいます。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。
This field is required
This field is required
We respect your privacy; your email address will not be published.

We respect your privacy; your email address will not be published.

You have entered an incorrect email address!
This field is required