CHKDSK /Rまたは/Fを使用するべきか:詳細な回答

manuviraj
執筆者
承認済み
120

chkdsk /f /rCHKDSKでよく使用されるパラメーターには、/Rと/Fがあります。これらは機能と完了までの時間が異なります。では、CHKDSK /RとCHKDSK /Fのどちらを使用すべきでしょうか?選択の助けとなるように、それぞれのパラメーターについて、その動作とCHKDSKコマンドを効果的に実行する方法について説明します。

CHKDSKの/Rと/Fの違いは何ですか?

CHKDSKコマンドには、コマンドの動作とその機能を変えるために使用できる多くのパラメーターがあります。その中でも特に人気なのが/Rと/Fで、修正」と「修復」を意味しています。CHKDSKでは、修正と修復は同義ではありません。CHKDSK /FとCHKDSK /Rの主な違いは、修正できるエラータイプにあります。





パラメーター /F /R
📋 説明 ドライブのファイルシステムにエラーや破損がないか検出します。ファイルシステムとは、ドライブ上の全てのファイルとフォルダの索引です。Ask Leoブログからの表現を借りるならば、ファイルシステムを本の目次と考えてください。/Fパラメーターは、すべてのエントリが正しいこと、適切なページとチャプター(ファイルとフォルダ)に繋がっていること、そしてすべてのチャプターにエントリがあるかをチェックします。 CHKDSK /Rコマンドは/Fが行う全ての作業を行いますが、さらにディスク上の各物理セクターの健康状態もチェックします。各セクター上のデータが読めるかを判断します。もし読めない場合、損傷したセクターは「不良セクター」としてマークされ、利用可能な場合、専用のスペアセクターがこれら不良セクターの代わりとして呼び出されます。セクターが不良とマークされると、Windowsはそれを使用してデータを保存することはありません。
🕒 所要時間 ドライブの各セクターをチェックするのは骨の折れるプロセスであり、CHKDSK /R コマンドは完了するまでに数時間かかります。特にエラーを検出して修復しようとした場合にはそうです。 /F パラメーターは比較的短時間で完了します。通常、完了までにかかる時間は1時間未満ですが、ドライブとCHKDSKが出会うエラーによっては、それ以上かかる場合もあります。
❓ いつ使用するか ドライブに小さなデータの破損が見られるが、ディスクのパフォーマンスに影響がない場合、CHKDSK /Fはより速い選択肢です。 ドライブの動作がいつもより遅いことに気づいたり、データのランダムな消失や出現があったりした場合、CHKDSK /R コマンドが必要となるかもしれません。


パラメーターをどちらを選んでも、CHKDSK コマンドをそのまま実行し、急にPCをシャットダウンしないことが最善です。

CHKDSK コマンドの実行によるデータ損失を避ける方法


時には、CHKDSKコマンドを実行することでデータ損失が発生することがあります。これは通常、CHKDSKがドライブ上の不良セクターを検出し、それを修復する際に起こります。基本的に、あなたのドライブの問題を検出して修正するときにCHKDSKが発生する偶発的なダメージとしてデータ損失が起こります。

CHKDSKがドライブを修正するときにいくつかのファイルを常に削除するわけではありませんが、慎重になり過ぎることはありません。それでは、CHKDSK /R または CHKDSK /F コマンドの実行によるデータ損失を避ける方法をご紹介します。

最初にできることは、パラメーターなしでCHKDSKコマンドを実行することです。そうすることで、CHKDSKはドライブの状態のみを表示し、ドライブの修復を試みることはありません。しかし、この方法では、CHKDSKユーティリティの利点を実際に活用することはできません。なぜなら、エラーは元のままで変わらないからです。データをバックアップしてから CHKDSK /F や CHKDSK /R コマンドを実行する方がより良い選択です。しかし、すでに損傷したハードドライブからデータをコピー&ペーストするだけでは、問題を悪化させる可能性がありますし、場合によっては完全に不可能かもしれません。ドライブのディスクイメージを作成して、お好きなプログラムを使用してディスクイメージからデータを回復することをお勧めします。

このチュートリアルでは、ディスクイメージの作成とそこからのデータ回復を、シングルインターフェース内で行うことができるDisk Drill を使用することにしました。それはすべてのストレージデバイスタイプに対応し、すべての主要なファイルシステムと400種類以上のファイルフォーマットを認識します。Disk Drill を使用すると、ドライブがファイルシステムを持たない、つまり RAW の場合(CHKDSK は RAW ドライブでは機能しません)であってもデータを回復することができます。

ディスクイメージを作成し、そこからデータを回復する過程は非常に簡単です:

ステップ 1: Disk Drill のバイト単位のバックアップ機能を使用する

  1. Disk Drill をダウンロードしてインストールします。
  2. Disk Drill を開いて、追加ツールの下にあるドライブバックアップをクリックします。
  3. ディスクイメージを作成したいドライブを選択して、バイト単位のバックアップをクリックします。Disk Drill でのドライブバックアップ画面。
  4. ディスクイメージを保存する場所を選びます。ディスクイメージは本質的にドライブ全体のコピーなので、保存先には十分な空き容量があることを確認してください。OK をクリックします。Disk Drill のディスクイメージパラメータウィンドウ。
  5. Disk Drill がディスクイメージを作成します。プロセスにはドライブのサイズに応じて時間がかかる場合があります。

ステップ 2: ディスクイメージからデータを回復する

  1. Disk Drill を開いて、データ回復のもとにあるストレージデバイスタブに移動します。
  2. ディスクイメージの添付をクリックし、前のセクションで作成したディスクイメージを探してダブルクリックします。それが「マウント済みイメージ」というラベルのドライブとしてDisk Drillインターフェースに追加されます。Disk Drillでのディスクイメージのオプションを添付する。
  3. ドライブのディスクイメージを選択し、失われたデータの探索をクリックします。Disk Drillの失われたデータの探索オプション。
  4. 検出アイテムの確認をクリックしてドライブのファイルを表示します。ファイルをフィルタリングする場合、関連するファイルタイプ(画像、ビデオ、オーディオ、ドキュメント、アーカイブ、その他)をクリックします。Disk Drillでの検出アイテム確認画面。
  5. 存在するセクションを拡大して、現在ドライブ上にあるファイルを表示します。削除されたファイルを表示するには、削除されたか失われた再構築されたセクションを拡大します。Disk Drillのデータ復旧セクション。
  6. 復旧したいファイルを選択します。Disk Drillは現在選択されたファイルのプレビューを表示しますが、ファイル名の隣にある目のアイコンをクリックすることで手動でファイルをプレビューすることもできます。復旧をクリックしてファイルの選択を完了します。
  7. Disk Drillでの回復可能なファイルリスト。ファイルの回復先を選択し、次へをクリックします。Disk Drillでの回復先プロンプト。
  8. Disk Drillは選択されたファイルを復旧します。Windowsで無料で最大500MBのデータを回復できます。さらなる回復にはライセンスが必要です。

CHKDSKコマンドの正しい実行方法

CHKDSKコマンドを実行する際、適切なパラメータを選択し、正しい構文を使用することが重要です。

CHKDSKコマンドを正しく実行する方法は以下の通りです:

  1. Windowsの検索で「cmd」と入力します(Windows + Sコマンドプロンプト>管理者として実行を右クリックします。
  2. コンソールにchkdsk /fまたはchkdsk /rを入力し、Enterを押します。特定のパーティションをスキャンする場合は、chkdsk X: /fの構文を使用します(Xはパーティションの文字、例えばC:D:などに置き換えます)
  3. CHKDSKプロセスが完了するまで待ちます。CHKDSKの完了にかかる時間は、使用したパラメータとディスク上でユーティリティが遭遇するエラーによって異なります。

NTFSファイルシステム(Windowsのデフォルトファイルシステム)でフォーマットされたドライブでは、/iパラメーターを使用して、インデックスエントリのそれほど厳密でないチェックを実行できます。これにより、CHKDSKがスキャンを完了するまでの時間を短縮できます。/cパラメーターも、詳細でないスキャンと引き換えに、時間を節約することができます。

ボーナス:CHKDSKに使用可能なさまざまなパラメーターやユーティリティの正しい構文フォーマットについて知るには、CMDでCHKDSK /? コマンドを実行してください。

CHKDSKコマンド実行時の一般的な問題点

多くのユーザーが、CHKDSKコマンドを実行する際に特定の問題に直面していると報告しています。

以下に、そのような問題の一例とそれに対処する方法をまとめました:

  • 直接アクセスのためにボリュームを開くことができません:CHKDSKを実行する際にこのメッセージが表示された場合、誤ったドライブ文字を入力したことを示しています。また、構文が正しかったがNTFSドライブ内の特定のフォルダでCHKDSKを実行しようとした場合にも、このメッセージが表示されることがあります。こちらでは、NTFSドライブ内の特定のフォルダではなく、ドライブ全体またはパーティションでCHKDSKを実行してください。Windowsエクスプローラーを使用してスキャンを行いたいパーティションのドライブ文字をダブルチェックし、正しいドライブ文字でCHKDSKコマンドを再度実行してください。
  • CHKDSKは実行できません、ボリュームが他のプロセスによって使用中です:PCの内部HDD(OSが含まれている)でCHKDSKを実行しようとすると、このメッセージが表示されます。Windowsは次回システムが再起動するときにスキャンを実行するかどうか尋ねます。この画面でYを押し、PCを再起動してCHKDSKを実行してください。または、Windowsリカバリ環境(WinRE)からCHKDSKを実行することもできます。
  • CHKDSKが停止しました:CHKDSKは数時間、時には非常に大きなドライブであれば1日以上かかることもあります。したがって、CHKDSKが停止しているわけではなく、単に作業を行っている可能性が高いです。しかし、ハードドライブLEDがまったく点滅していないことに気づいた場合、CHKDSKが本当に停止している可能性があります。この場合は、ESCキーを押してプロセスを停止し、CHKDSKを再実行してください。問題が繰り返される場合は、sfc /scannowコマンドを実行し、その後でCHKDSKコマンドを実行してください。

結論

CHKDSKの適切なパラメーターを選択することは重要であり、多くの時間を節約することができます。また、最初から必要ではなかった詳細なスキャンによるドライブのストレスを避けるのにも役立ちます。使用するパラメーターに関係なく、CHKDSKユーティリティを実行する前に重要なデータをバックアップすることをお勧めします。

FAQ

両方のパラメーターはドライブのエラーをスキャンして修正しますが、/R パラメーターはより徹底的なスキャンを行い、/F スキャンよりも時間がかかります。まずはCHKDSK /F スキャンを実行してドライブの問題が修正されるかどうかを確かめることをおすすめします。それで修正されなければ、CHKDSK /R スキャンを実行してみてください。
/R や /F のようなパラメーターをつけてCHKDSKコマンドを実行すると、ドライブのエラーが修正されます。しかし、パラメーターをつけずにコマンドを実行した場合は、ディスクの状態のみが表示され、エラーは検出されますが修正はされません。
ドライブで直面している問題の種類によりますが、CHKDSKの最適なオプションは異なります。軽度のデータ破損があり、定期的なディスクチェックを実行したい場合は、CHKDSK /F スキャンが良いでしょう。より詳細なスキャンを実行する場合は、CHKDSK /R コマンドを使用しますが、完了するまで時間がかかることに備えてください。
CHKDSKは、Windowsが認識するファイルシステムを持っている限り(RAWドライブでは機能しません)内蔵および外付けドライブをスキャンできます。このユーティリティ自体は非常に能力があり、出会うファイルシステムのエラーやバッドセクターを修正するはずです。
manuviraj
Manuviraj Godaraは、4年以上の経験を持つプロのコンテンツライターです。彼の技術に対する絶えず増大する魅力と経験が、データリカバリや消費者技術に関連するコンテンツを作成する原動力となっています。彼の作品はMakeUseOf.comHandyRecovery.でも見ることができます。
承認済み
ソフトウェア開発、データベース管理、およびハードウェア修理に12年の経験。