Windowsで削除されたPDFファイルを回復する方法 – ベストな方法

執筆者
承認済み
53

PDFファイルの復元方法

PDFファイル形式は、デバイス間で複雑なフォーマットを保持する能力のおかげで、重要なドキュメントを転送する事実上の標準になっています。しかし、毎日無数の個人やビジネスがこれに依存しているにもかかわらず、削除されたPDFドキュメントを回復する方法を知っている人は多くありません。

この記事の目的は、誰でも簡単にフォローできる詳細なステップバイステップの指示を提供することにより、PDFリカバリに光を当てることです。

コンピュータでPDFファイルを見つける方法

PDFファイルが完全に消えたように見えるからといって、本当に消えたとは限りません。PDFファイルを回復しようとする前に、通常はそこにはないと思われる場所でPDFファイルを探すべきです。幸いなことに、WindowsとMacの両方にはコンピュータ上のすべてのPDFファイルを見つけることができる組み込みの検索機能があります。

WindowsでPDFファイルを見つけるには:

  1. ファイル エクスプローラーを開きます。
  2. PDFファイルがあると思われるストレージデバイスを選択します。
  3. 以下の文字列を検索バーに入力して、Enterキーを押してください:
    ext:.pdf

    WindowsでPDFファイルを見つける

  4. ファイル エクスプローラーが.pdfファイル拡張子のファイルを探すのを待ちます。
  5. 結果を確認して、お探しのPDFファイルを見つけます。

MacでPDFファイルを見つけるには:

  1. Finderを起動します。
  2. Finderの検索バーに「pdf」と入力します(引用符は不要です)
  3. 種類をPDF文書に選択します。MacでPDFファイルを見つける
  4. Finderが.pdfファイル拡張子を持つファイルの検索を終えるまで待ちます。
  5. 結果を確認して、あなたのPDFファイルを探します。

WindowsとMacでPDFファイルはどこに保存されていますか?

WindowsとMacでは、PDFファイルは一般的にドキュメントフォルダに保存されます:

  • Windows: C:\Users\username\Documents
  • Mac: /DriveName/Users/username/Documents/

削除されたPDFファイルを復元する方法は?

ほとんどの場合、誤って削除されたPDFファイルを復元することは可能ですが、新しいデータによって削除されたPDFファイルが上書きされる前に、迅速に行動し復旧プロセスを開始する必要があります。削除されたPDFファイルを復旧する3つの異なる方法について、もう少し詳しく見てみましょう。

ソリューション1: PDFリカバリーツールを使用してPDFファイルを回復する

私たちが説明したいこの解決策は、ごみ箱やゴミ箱になく、永久に削除されたPDFファイルを復元するのに役立ちます。PDF復元ツールのことで、削除されたファイルを記憶装置から探し出して元の形で取り戻すことを目的としたソフトウェアアプリケーションです。

PDFの復元を驚くほど簡単かつ素晴らしい結果で行うツールの一つにDisk Drillがあり、WindowsとMacの両方で動作します。

Windows版Disk Drillを使用してPDFファイルを回復するには

  1. ダウンロードしてWindows用Disk Drillを起動してください。
  2. PDFファイルが保存されていたストレージデバイスを選択し、失われたデータを探すをクリックします。削除されたPDFファイルを探しています
  3. 左側のファイル形式フィルターを使用してスキャン結果を絞り込み、探しているPDFファイルを見つけます。
  4. 復元したいすべてのPDFファイルの横にあるチェックボックスをクリックし、下部の青い復元ボタンをクリックします。
  5. 復元フォルダを指定し、OKをクリックします。WindowsでPDFファイルを復元

MacのDisk Drillを使用してPDFファイルを回復するには

  1. ダウンロードしてMac用のDisk Drillを起動してください。
  2. ご自分のPDFファイルが削除される前に保存されていたドライブの横にある回復ボタンをクリックしてください。PDFファイルが保存されていたドライブ
  3. リカバリーフォルダ内を調べて、プレビュー機能を使いながらPDFファイルを見つけてください。
  4. 回復したいPDFファイルをそれぞれ選択し、回復ボタンをクリックしてください。
  5. Disk Drillに削除されたファイルをどこに回復するか指定し、選択をクリックしてください。Mac上で選択されたPDFファイルを回復

PDFファイル以外にも、Disk Drill は DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、TXT、XML、TEX、ODT、ODS、ODP、NUMBERS、PAGES など、すべての一般的なドキュメントファイル形式も含む、数百種類の他のファイル形式の復元が可能です。

ソリューション 2: バックアップと一時ファイルを確認する

定期的にファイルをバックアップしている場合、運が良ければ、バックアップからすべての失われたPDFファイルを簡単に復元できます。残念ながら、ほとんどのユーザーは定期的にデータをバックアップしないため、この簡単な解決策は彼らには機能しないでしょう。

しかし、私たちの2番目の解決策を試す前に、一時ファイルの中にあなたのPDFファイルがないか探してみてください:

  • Windows: C:\Users\%UserName%\AppData\Roaming\Adobe\Acrobat\1X.0\AutoSave\
  • Mac:ターミナルアプリケーションを開いて、次のように入力します: echo $TMPDIR

一時ファイルは非常に奇妙な名前を持っており、さらに奇妙なファイル拡張子を持っていることがあるので、それに惑わされないようにして、お気に入りのPDFリーダーで一時ファイルを開こうとしないでください。

ソリューション 3: ゴミ箱からPDFファイルを復元する

WindowsとMacには、それぞれRecycle Bin(ごみ箱)とTrash(ゴミ箱)と呼ばれる削除されたファイルのための特別なフォルダがあります。Recycle BinとTrashからPDFファイルを復元することは簡単ですが、USBフラッシュドライブやその他の外部ストレージデバイスに保存されていたPDFファイルをこの方法で取り戻すことは難しいでしょう。

Windowsのごみ箱からPDFファイルを復元するには:

  1. デスクトップアイコンをクリックしてごみ箱にアクセスします。または、実行ダイアログボックス(Win + R)でshell:RecycleBinFolderと入力してごみ箱にアクセスすることもできます。
  2. 復元したいPDFファイルをハイライトします。
  3. ハイライトされたPDFファイルのどれかを右クリックし、復元」オプションを選択します。Windowsのごみ箱からPDFファイルを復元する

Macのゴミ箱からPDFファイルを復元するには:

  1. ゴミ箱のアイコンをクリックしてゴミ箱を開きます。アイコンがドックの右側または下部にあります。アイコンが見つからない場合は、ターミナルウィンドウで次のコマンドを入力してゴミ箱を開くこともできます:
    open .trash
  2. ゴミ箱を通してPDFファイルを探し、取り消しをしたいファイルを探します。見つかったら、commandキーを押しながらファイルをクリックするか、左マウスクリックを押しながらカーソルをファイルの周りにドラッグしてファイルを選択します。
  3. 選択したPDFファイルのどれかを右クリックし、元に戻す」オプションを選択します。Restore PDF files from Trash on Mac

ヒント:WindowsではCTRL + Z、MacではCommand + Zを使って、PDFの削除を元に戻すことが時々可能です。これら2つのコマンドは前の操作を元に戻しますので、以前に削除されたPDFファイルの復元には役立ちません。

PDFを以前のバージョンに復元する方法は?

PDF復旧ツール、例えばDisk Drillは、永久的に削除されたPDFファイルを復元することができますが、上書きされたPDFファイルを取り戻すことはできません。上書きされたPDFファイルを以前のバージョンに復元するには、Windowsの「ファイル履歴」またはMacの「タイムマシン」を使用して古いスナップショットを回復する必要があります。

Windowsのファイル履歴を使用してPDFを以前のバージョンに復元する方法

  1. Windowsエクスプローラーを開き、削除されたPDFファイルがあったフォルダを右クリックします。
  2. 以前のバージョンを復元を選択します。Select Restore previous versions
  3. 関連するファイル履歴のバックアップを選択し、開くの隣にある小さい矢印をクリックします。ファイル履歴で開くを選びます。File History backup
  4. 復元したいPDFファイルを選択し、プレビューウィンドウの下部にある緑の復元ボタンをクリックして復元します。Recover PDF File from File History

MacのTime MachineでPDFを以前のバージョンに復元するには

  1. 削除されたPDFファイルが含まれていたフォルダを開きます。
  2. メニューバーにあるTime Machineアイコンをクリックして、Time Machineを開く」を選択します。Time Machine アイコン
  3. 画面の右端にあるタイムラインを使用して、回復したいPDFファイルを探します。
  4. 回復したいPDFファイルを選択し、復元」をクリックして、選択したPDFファイルを復元します。Time Machineを使用してPDFを復元

注意:PDFファイルを失う前にファイル履歴またはタイムマシンを有効にしていなかった場合、この方法は機能しません。

破損したPDFファイルを修復する方法

PDFファイルは、突然の電源喪失、ハードウェアの故障、またはマルウェアの攻撃後に損傷する可能性があります。損傷したPDFファイルは、Adobe ReaderのようなPDFビューアを使っても読めないことがあり、このようなエラーメッセージが表示されることがあります:

「Adobe Acrobat Readerは「[filename].pdf」を開くことができませんでした。これはファイル形式がサポートされていないか、ファイルが損傷しているためです(例えば、電子メールの添付ファイルとして送信されたが、正しくデコードされなかった場合など)

破損したPDFファイルを修復するには、基本的に次の2つのオプションがあります:

  • オンラインPDF修復ツール: iLovePDFPDF2Go のようなオンラインツールは、破損したPDFファイルを素早く簡単に修復することができますが、PDFドキュメントをオンラインでアップロードする必要があるため、ある程度のプライバシーのリスクがあります。
  • デスクトップPDF修復ツール: もしPDFファイルをオンラインでアップロードする準備ができていない場合は、Sejda PDF DesktopPDF Repair Toolbox のようなデスクトップPDF修復ツールを使用して、コンピュータ上で直接破損したPDFファイルを修正することができます。

結論

世界がPDFファイルに依存していると言っても過言ではありません。それらがなければ、企業や組織は重要な文書を共有することが困難になり、個々のユーザーは終わりのない互換性やフォーマットの問題に直面するでしょう。しかし、PDFファイルも他のファイルと同様に、誤って削除される可能性があるため、それらを回復する方法を知ることが非常に重要です。

よくある質問

はい、壊れたPDFは復元が可能です。どんなファイルでも破損することがあります。そして、それがいつ起こるかは予測できません。幸いなことに、PDFファイルを修復するために使用できるさまざまな回復ツールがあります。iLovePDFのようなオンラインツールでは、修復するためにファイルをアップロードできます。そのウェブサイトはバックグラウンドでPDFファイルを修正し、ダウンロードのために修復されたPDFを提供します。
  1. PDFファイルを選択 をクリックして、破損したPDFファイルを選択します。あるいは、直接ページにドラッグアンドドロップしてください
  2. PDF修復 をクリック
  3. 完了したら、ファイルをダウンロード をクリック
オンラインツールであるiLovePDFのようなサービスはファイルをアップロードする必要があり、インターネットに情報をアップロードすることに関連するプライバシーリスクが心配かもしれません。その場合、Recovery Toolbox for PDFを代わりに使用できます。
  1. Recovery Toolbox for PDFをダウンロード、インストールし、開く
  2. 修復/回復したいPDFファイルを選択する
  3. 回復されたファイルの保存先を指定する
  4. PDFファイルのバージョンを選択する
  5. ファイルを保存をクリックする
Macをお使いの場合、Disk Drillを使用して、直接お使いの電話からPDFファイルを復元することができます。Disk Drillは削除後もファイルを復元できるデータ復旧ソリューションです。
  1. Disk Drillをダウンロードしてインストールし、開きます。AndroidデバイスがUSB経由でコンピュータに接続されていることを確認してください
  2. Disk Drillで、デバイスをクリックし、失われたデータの検索をクリックします
  3. Disk Drillのスキャンが完了したら、検出されたデータのレビューをクリックします
  4. チェックボックスをオンにして復元したいPDFファイルを選択し、復元をクリックします
  5. 復元されるファイルの保存先を指定し、OKを押します
間違ってPDFファイルを上書き保存してしまった場合、Windowsの「ファイル履歴」機能を使用して前のバージョンに復元することができます。
  1. PDFファイルを右クリックし、以前のバージョンを復元をクリックします
  2. ファイルの別のバージョン(最後に保存した日付より前の日付のもの)を選択します
  3. 復元をクリックします
お使いのマシンでファイル履歴が有効になっていなかった場合、利用可能なバックアップから復元する必要があります。
削除されたPDFがゴミ箱から復元できない場合は、データ復旧ソフトウェアを使用してファイルを回復する必要があります。ファイルが表示されていなくても、ドライブの一部に物理的に残っている可能性があります。Disk Drillを使ってこれを説明しましょう:
  1. Disk Drillをダウンロード、インストールして開く
  2. ファイルがあったドライブを選択し、失われたデータを検索をクリック
  3. スキャンが完了したら、見つかった項目を確認をクリックし、リストからPDFを探す
  4. 回復するPDFにチェックをつけ、回復をクリック
  5. 回復の場所を選択し、OKをクリック
PDFはPortable Document Formatの略で、Photoshopなどのプロフェッショナルなソフトウェアアプリケーションを手掛けるAdobeによって開発されたドキュメントファイルフォーマットです。PDFファイル形式で保存されたドキュメントには.pdfの拡張子が付けられ、テキストの書式や画像をデバイス間で保持する能力を持っています。これは、PDFで作成された契約書がデスクトップコンピュータでも小さなモバイルデバイスでもまったく同じように見えることを意味しています。